タグ:英語 ( 175 ) タグの人気記事

今年の目標

今週から各クラスのレッスンが始まっています。
来週からスタートするクラスもあります。

さて、毎年のように教室の目標を考えておりますが、
今年の目標は・・・

『発音』『イントネーション』『流暢さ』『単語力』
です! 何だかたくさんですが…

幸運なことに、私は7年半もCaliforniaで生活しましたので、
まぁそこそこ英語力はあります。
発音に関しては、結構厳しく考えております。
アメリカ人のホストファミリーの家に2年もいて
徹底的に発音を直され、英語力を身につけたので。
そこで、当教室では『脱・カタカナ英語』を徹底していきます!

最近、あるアメリカ人によるwebinar(ネットでのセミナ)を
受講することが多々あります。
カリフォルニアに住むアメリカ人によるwebinar。
便利な世の中で、on timeで世界中の人が彼のwebinarを受講できる時代。
彼は、「日本人の英語力の低さは発音に問題がある」と言います。
アメリカ人が使わない英語を一生懸命学んでいる日本だからね、
受験のため、試験のためだけに。
彼曰く、「机上での英語学習が問題だ」と。
確かに、カタカナ英語&カタカナ発音は通じません。
これは確かなこと。
発音が下手な先生に教えられたら、自然と下手になるのは無理もない。
(no offense = 悪気はありません)
音楽のように、もっとちゃんと聴いて真似して、
正確なアメリカ英語の発音を身につけている人に指導してもらったら、
絶対に上手に発音できるようになるはずです。
しかも、自分の発音に自信を持てたら、もっとアウトプットの力も
自然と身に付いてくるはずです。

日本の英語教育はどうしても『読む』『書く』の方に
重点が置かれてきたので、
『聴く』『話す』が追い付いて行かない状況。ましてや発音は疎か。
それを大きく問題視し、2020年の大学入試からは大きく変わることに
なってはいますが… 果たして追い付いて行けるのか。

まぁ、私も通ってくださっていない人まで助けてあげる義理が無いので
(once again, no offense)
当教室の生徒たちには徹底的にアウトプットの力を伝授していこうと
思っております★

頑張れ、みんな~ 頑張っていきましょう。
私も頑張ります~★




by ecc_nagai | 2019-01-10 18:23 | Lessons

Xmasですが

Xmasですが、英語について。

先日、生徒たちから質問が。
「英語を聞いて、ネイティブが話す英語か日本人が話す英語か、わかりますか?」

Of course! でしょ~? I can totally tell! わかるわよ。
帰国子女のような訛りの無い人もいますが、
日本で勉強して、まぁまぁそこそこ話せる人の英語は
すぐにわかります★ すぐにね。
帰国子女か、インターかも結構わかるよね。
日本人が話す英語は日本語訛り、
中国人が話す英語は中国語訛り、
韓国人が話す英語も韓国語訛り。
英語にも訛りがあるけど、
アメリカ人でもWest Coast, East Coast, Mid-West, South...
大抵は訛りでわかるよね~
イギリス人の英語もオーストラリア人の英語も
訛りがあるよ★
7年以上もアメリカに住んで、大学を卒業すると、
まぁ、それなりに英語力はついて当然なのでございます。
日本に帰国して10数年ですが、英語力は衰えず、です。

結局… 日本は学校英語がああだから、仕方が無いかな。
日本の英語は受験英語、話すことを目的としない教育だったからね。
話せない人が大勢いて仕方が無い。
そういうものだから。

でも、時代が変わっているわけよ。
アメリカ人のような英語を話したいなら、
アメリカ人のaccents真似しないとね。
よ~く耳を澄まして聞いて真似るだけよ。

If you wanna speak English like an American,
all you gotta do is mimicking American accents!

それだけなのにね~ 私でも出来たら誰にでも出来るのよ。

さて、今週の中高校生クラスでは、受験英語を一瞬忘れて
アメリカ英語を練習しよう!です。
たまには席を立って、人を気にせず殻を破るのも大切。
フレーズを何度も何度も練習して、
舌を慣らしていかないと、絶対無理だよ。

日本人の大抵が英語の発音が下手なのは、
真似しないからよ!!! ということで、
生徒たちをアメリカ英語にどっぷり浸からせちゃおう!
と、思っております★

Have a great Christmas♪



by ecc_nagai | 2018-12-25 13:48 | つぶやき

Adjectives & Adverbs

昨日、中2生たちのレッスンをしてふと思い出したこと。
ちょうど比較級と最上級を教えているところですが、
日本語にはないこの形容詞と副詞の格変化に
戸惑う生徒は毎年少なくありません。

そう、英語で何が難しいって、
be動詞や一般動詞が主語によって変化したり、
形容詞や副詞(全部ではないけど)が
比較級・最上級で格変化したり、
しかも不規則に変化するものもあったり、と
日本語にはない文法に慣れること、でしょうか。
でも、これは慣れてしまえば当たり前のように
頭で考えもせずにポンポン出てくるものなんですが、
そこに至るまでには時間をかけて練習するのみだと思います。

さてさて話はずれましたが、
日本語でも形容詞と副詞を正確に理解していない日本人が多いようですが、
英語を母語として話すアメリカ人たちも間違うようで…
何度も言うようですが、
昨日のレッスンをしながら思い出しました。

例えば、アメリカで生活していた時によく聞いたフレーズが2つ。
アメリカ人が使っていた表現なので、
え? これって間違いじゃないの?
といつも違和感を感じた表現。

1つ目が、「よく眠る」を言いたい時の "sleep good"。
これは正確には"sleep well"です。
goodは形容詞なので、単独に用いるか
名詞を修飾する時に使うので、
sleepという動詞の後ろにつくことはありません。
例えば、I slept well last night.
「昨日はよく眠れたわ」みたいな感じならOK。
もしどうしてもgoodを使いたいなら、
I had a good night sleep last night. です。

2つ目が、「安全運転をする」を言いたい時の "drive safe"。
これも正確には"drive safely"です。
safeは形容詞なので、動詞にはつけません。
ちなみに、日本でよく耳にする
"safety drive"「安全運転」と言いたいのか、
この表現も大きな間違いです。
「安全運転」を正確に言うなら、
"safe driving"ですよ~ 恐るべし和製英語!
「安全」と「運転」を両方名詞で直訳してしまったのか何なのか。
文法的には絶対にありえません。

アメリカ人の若い子たちが友人と別れる際に
"Drive safe!" というのをよく耳にしました。
それを聞くたびに、"What an idiot." 「アホ」と
口の悪い中年のチェロ弾きの友人がよく言ってました。
"Drive safely"と、"-ly"を強く言ったりしてね。

そんなもんです。日本人も日本語の文法を間違えるように
アメリカ人も英語文法を間違えます。
昨夜、ふと思い出しました。

Have a nice Tuesday ~ ★



by ecc_nagai | 2018-10-23 08:44 | English:英語

Great News!

お盆も過ぎ、昨日から本格的に2学期が始まった学校も多いようです。
関東以南は今月いっぱいお休み、でしょうか。
台風の影響でか、気温のup/downが激しく、
体調を崩す子供も多い時期です。気を付けたいですね。

さて、先日19日の日曜日、市内のイベント会場にて
中学生英語暗誦大会の県大会が実施されました。
今年は中学1年生クラスから3名がエントリーし、
夏休み中も一生懸命練習したことだと思います。
私はというと、あまり私の指導を強く出さず、
それぞれの個性を生かそうと思い、
絶対指摘されるであろうLとR、
イントネーションなどのみを指導させてもらいました。
あとは、中学生ですからね、本人たちの個性を尊重しようと思い、
あまり付きっきりで多くのことを言わないようにしました。

発音とイントネーションをちょこちょことチェックし、
「いいんじゃない、あとは楽しんで~」という感じです。

そしたら、あらま~!
結果発表を聞いてびっくり!!
椅子から転げ落ちそうになりました。

今年は学年ごとの順位ではなく、1~3年生まで全体で
1,2,3位が発表されましたが、
当教室の2人が3位と2位をとりました!!
OMG!!!!!

「中1だから、経験だと思って楽しんでくれれば」と思っていたのに。
本人たちも凄く緊張はしていたものの、
60人以上の中から選ばれることなんて考えもしていなかったので
物凄く驚きました。嬉しい驚き★

写真は許可を得て載せております↓

a0136626_08453335.jpg

3位のKoyukiちゃん。とにかくいつも一生懸命です。
ご家族もとても熱心で、深い絆で強く結ばれています!
4歳から通っているので、8年間彼女の成長を見てきました。
名前を呼ばれたときはウルっと涙が…
幼稚園児だった頃のことなど、昨日のように思い出されます。

a0136626_08462012.jpg

2位のSeiraちゃん。
昨年ECCのプログラムでオーストラリアへホームステイをしたりと、
とにかく英語が大好きな少女です。
本番では一番緊張して、一番ミスを後悔しておりましたが、
何のその。2位をとってしまいました! Wow!! でかした!

a0136626_08481400.jpg

壇上での2人。まぁ~ 皆さんが見ているのにピース(笑)
「楽しんでね」といった通り、楽しんでくれています。

a0136626_08490369.jpg

最後はJustinと一緒に写真。その前のchit-chatting.
I thought it was kinda cute!
トロフィーと賞状をもらってうれしそう。
Justinは良いですね。コメントも的確でわかりやすい。
今後も彼にはたくさんお世話になるでしょう。
当教室の生徒たちのLとR、イントネーションの滑らかさを
とても褒めておりました。Yayyyy★

Girls, you made my Sunday afternoon very exciting and touching!
お陰で楽しい日曜日の午後でした★


by ecc_nagai | 2018-08-21 09:04 | Events:イベント

楽しそうです!

当教室の高一生のEちゃんが、無事Vancouverに到着しました!
今回もECCの海外プログラムへの参加です。
ここ数年、毎年参加者がいます。嬉しいですね。
一度海外に行くと、考え方が変わると思います。
まぁ、Eちゃんの場合は初めての海外ではありませんが…
本人の許可が下りたら、写真をアップしたいと思います。



by ecc_nagai | 2018-08-01 23:27 | つぶやき

Congrats!

当教室のMちゃんが、この度英検準1級に見事に合格!
一発合格は本当に素晴らしい★
講師としてとても誇らしく思います。
幼児コースから継続して学習して、
15年間当教室の生徒です。
こんなに優秀な生徒はいません。
全生徒平等に大切な生徒ですが、
必ず秀でて才能を発揮する生徒がいます。
どこの教室にも講師には絶対に忘れることのできない、
優秀な生徒が一人はいるはず。
私にとって、彼女はそんな一人です。

本当に誇らしく思います。
おめでとう!



by ecc_nagai | 2018-07-13 12:55 | English:英語

British English

既に終わってしまったドラマにハマっています。

NHKの夜遅くに放送されたとき、
興味はあったものの、なぜかいつもその放送時間を忘れてしまい、
結局わけがわからないまま諦めてしまったドラマ。
Amazon Primeのお陰で、DVDを借りることなく
いつでも好きな時に何度でも見れるのがありがたい。

Downton Abbey (ダウントン・アビー)

a0136626_11485082.jpg

2010年から2015年まで放送されたイギリスのドラマです。
アメリカでは、PBSで放送されたようです。やっぱりね。
こういうドラマは、PBSよね。
日本でもNHKだし。
アメリカでも大ヒットした、とか。

さて、舞台の始まりは1912年のイギリス。
タイタニック号が沈没した事故から始まります。
とは言え、もちろんそれが焦点ではありませんが。
貴族一家と住み込みで働く使用人たちのドラマです。
場所もロンドンではなくて北東部のヨークシャー。
とは言っても、イギリスの地理に詳しくないので
感覚的にロンドンからどれほど離れているのかは分かりません。

使用人ってこんな感じなのか…とか、
伯爵と伯爵夫人、その令嬢たちへの呼びかけ方など、
なるほど~!と学びながら見ております。
貴族とは言っても、階級も様々なようで、
公爵→侯爵→伯爵→子爵→男爵。
英語だと、
Duke & Duchess
Marquis & Marchioness
Cout & Countess (Earl?)
Viscount & Viscountess
Baron & Baroness とか。
しかも、それぞれのタイトルだけではなくて
呼び方も決められているとか。
結構複雑で、私には到底理解できませんが、
面白い文化だと思います。

何より、アメリカ英語にはない表現が満載で、
それはそれは面白い。
例えば、たまに
『ブライミ―』(聞いたままカタカナ)という表現が出てきて、
何とな~くスペルを予想して調べたら、ドンピシャで
Bly me! でした。
これもイギリスでしか使われない表現だそうで、
アメリカでいう Wow! みたいな感じ?
その他、Bloody hell! とかもあったり。
アメリカ英語も良いけど、
イギリス英語も良いわね~と改めて思うばかり。
実際に現存する貴族の館やマナーハウスが収録に使われていたり、
美しいイングリッシュガーデンが見れたり…
食事の際のマナーであったり、食器であったり、
まぁ、それはそれは素晴らしいドラマです。

ざーっと夜な夜な見続けて、今はシーズン5。
シーズン6で終わったので、
この後、何を楽しみにしようか…悩むところです。
Amazon Prime会員でFire Stickを持っていれば
いつでも全シーズン見ることが出来ますよ★




by ecc_nagai | 2018-06-29 11:49 | English:英語

はぁ?

ゴールデンウィーク前半、研修で那須高原に先入りしていた母を迎えに
グレちゃんを連れて車で高速をヒューっと飛ばして行ってきましたが…

途中のサービスエリアで困惑すること数回。
嫌われ覚悟で書きますが、
おトイレの英語表記が間違いだらけ。
その他に中国語、韓国語、フランス語での表記も多く見かけましたが、
果たしてそれらも正確なのだろうか?と
不思議になりました。
誰だ、これ書いた人。それとも、google翻訳か…
いい加減、これほど外国人がいるんだから、
そのネイティヴに聞くなりなんなりして
正しい表記にしてほしい。

変な英語、間違いだらけの英語、
まぁ面白いことにあちこちにあります(爆笑)



by ecc_nagai | 2018-05-04 09:36 | English:英語

2018年度スタート!

本日より当教室の2018年度レッスンが始まりました!
今年も多くの新入生を迎えることができ、
とても楽しみにしております★

新4・5・6年生に関しては、カリキュラムがガラッと変わりました。
他のクラスも順次変更していく予定です。
小学校、中学校、高校へと進学した多くの生徒たちも進級し、
それぞれの進路に向けての準備を着々とし始めております。
高校クラスを卒業した生徒たちも皆、大学へ進学しました!
中学校クラスを卒業した生徒たちも、
元々私立…という方々は別ですが、
公立高校を受験した生徒たちも、皆志望校に合格し、
今週から新しい環境で勉学に励んでいることでしょう。

進級した生徒たち、新規に入学した生徒たち、
しっかりと学習のサポートをしていきたいと思います!

頑張りましょう!!!



by ecc_nagai | 2018-04-09 16:24 | Lessons

According to ...

生徒たちに自分の意見を英語で表現させると、
"According to"という表現をよく耳にします。
まぁ、長文読解でよく目にするので仕方がないけど。
これを "According to me," と間違った使い方をする人もいました。

自分の個人的見解を述べる際、
According to meとは言いません。
一般的には、"In my opinion,"です。
ただし、自分が知っている、または読んだ記事からの情報をもとに
自分の意見を言うのであれば、
According to the article I read the other day,
とかは言います。
また、他人の意見について、
According to her / him, はよく言います。

文法的に間違いではなくても、
ネイティブが絶対に使わない表現は、当たり前のようにあります。
だからこそ、日本語を英語に直訳すると変、というか何というか。
逆に、英語を日本語に直訳すると、
普段会話では使わない表現になるのと同じことです。



by ecc_nagai | 2018-03-20 09:11 | English:英語