<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

British English

既に終わってしまったドラマにハマっています。

NHKの夜遅くに放送されたとき、
興味はあったものの、なぜかいつもその放送時間を忘れてしまい、
結局わけがわからないまま諦めてしまったドラマ。
Amazon Primeのお陰で、DVDを借りることなく
いつでも好きな時に何度でも見れるのがありがたい。

Downton Abbey (ダウントン・アビー)

a0136626_11485082.jpg

2010年から2015年まで放送されたイギリスのドラマです。
アメリカでは、PBSで放送されたようです。やっぱりね。
こういうドラマは、PBSよね。
日本でもNHKだし。
アメリカでも大ヒットした、とか。

さて、舞台の始まりは1912年のイギリス。
タイタニック号が沈没した事故から始まります。
とは言え、もちろんそれが焦点ではありませんが。
貴族一家と住み込みで働く使用人たちのドラマです。
場所もロンドンではなくて北東部のヨークシャー。
とは言っても、イギリスの地理に詳しくないので
感覚的にロンドンからどれほど離れているのかは分かりません。

使用人ってこんな感じなのか…とか、
伯爵と伯爵夫人、その令嬢たちへの呼びかけ方など、
なるほど~!と学びながら見ております。
貴族とは言っても、階級も様々なようで、
公爵→侯爵→伯爵→子爵→男爵。
英語だと、
Duke & Duchess
Marquis & Marchioness
Cout & Countess (Earl?)
Viscount & Viscountess
Baron & Baroness とか。
しかも、それぞれのタイトルだけではなくて
呼び方も決められているとか。
結構複雑で、私には到底理解できませんが、
面白い文化だと思います。

何より、アメリカ英語にはない表現が満載で、
それはそれは面白い。
例えば、たまに
『ブライミ―』(聞いたままカタカナ)という表現が出てきて、
何とな~くスペルを予想して調べたら、ドンピシャで
Bly me! でした。
これもイギリスでしか使われない表現だそうで、
アメリカでいう Wow! みたいな感じ?
その他、Bloody hell! とかもあったり。
アメリカ英語も良いけど、
イギリス英語も良いわね~と改めて思うばかり。
実際に現存する貴族の館やマナーハウスが収録に使われていたり、
美しいイングリッシュガーデンが見れたり…
食事の際のマナーであったり、食器であったり、
まぁ、それはそれは素晴らしいドラマです。

ざーっと夜な夜な見続けて、今はシーズン5。
シーズン6で終わったので、
この後、何を楽しみにしようか…悩むところです。
Amazon Prime会員でFire Stickを持っていれば
いつでも全シーズン見ることが出来ますよ★




by ecc_nagai | 2018-06-29 11:49 | English:英語

またまた色々

ワールドカップが始まってからというもの、
テレビではサッカー一色な感じです。
当初は色々言われていた日本チームも
頑張っておりますね。

生徒たちも頑張っております。
先週から始まった期末試験期間。
初めての定期試験に臨んだ中1生たちですが、
どうだったでしょうか。

高校1年生も今月は初めて高校での試験を体験し、
中学校との違いをどう感じたでしょうか。

今日は朝から大雨ですね。
気分がなかなか晴れません。
気持ちを入れ替えて、なんとか頑張りたいと思います。



by ecc_nagai | 2018-06-27 08:17 | つぶやき

色々

今月に入ってあっという間に残り10日ほどとなってしまいました。
6月は花盛りで、とにかく庭の植物の世話に時間が掛かりますが、
好きでやっていると苦痛ではありません。
それにしても今日は暑いくらいですが、つい2,3日前までの
あの冷涼な、というか、寒い日々は何だったのか…
この気温の変化に体調がおかしいです。

さて、6月も色々あります。
世界的に大きなことやイベントがあったり、
日本ではまた大きな地震に見舞われたり。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。
自然災害はある日突然起こるので、
再度、どのように対処するのかを考える時期だと
前向きに捉えるしかないです。

その前の新幹線の事件も唖然としました。
いつまたこのような無差別的事件が起こってもおかしくはない。
それでも、利便性を優先し、
利用者の安全性は二の次の日本。
私は仕事上それほど頻繁に新幹線を利用しないので
言えることかもしれないけど、
もう少し安全性を考えてほしいと思います。
隣にどんな輩が座るだろうか、と
恐怖心を覚えながら新幹線や飛行機に乗るのは嫌だなぁ。

さて、明日もまた気温が下がるようです。
体調管理には十分に気を付けましょう★




by ecc_nagai | 2018-06-19 15:37 | つぶやき

Bullies...

意地悪な人間、陰湿な人間というのは
どこにでもいます。
いじめは学校でのみ起こることではありません。
地域社会でも起こる現象です。

いじめ行為をする人間の心理とは、どのようなものだろうか。

意地悪な人間って、どこか満たされない何かがあるのでしょう。
自分の不甲斐なさを、他人を悲しませることで満足するだけのsadistでしょうか。

相性の合わない人間と上手くやっていこうと頑張る必要はない。
喧嘩をしてしまう子供たちに、
「仲良くしなきゃダメでしょ」という大人。
そうかな… 本当に仲良くしないとダメなのか。
いや、私はむしろ敢えて距離を置いて
関わらないようにしたい。仲良くする必要はない。
例え、それが地域住民のような
簡単に変えられない環境にある人たちであっても。

陰湿ないじめ行為をする人間の心は狭い。
実は心が病んでいるのではなかろうか…
人の悪い噂を聞かされて、最初のうちは
「え?あの人ってそんな人だったの?」と思っても、
客観的に物事を捉えられる人は、全てを鵜呑みにしないはず。
大人のいじめもそうですが、大抵の場合は『やっかみ』か、
物事が上手く行かないことへの腹癒せ。
そんな人が私の周りにもわんさかいます。

ママ友いじめで苦しんだ友人。
話を聞くと、まぁそれは陰湿で。
子どもが絡んでくると、厄介ですね…
私はそのような経験をする事は無いでしょうが、
別の意味での陰湿な嫌がらせはあります。

心が荒んでいるのよね。
哀れな人たち…と思えるようになると、
気が楽になります。

陰湿ないじめに遭っている人、
気落ちしないでほしいです。
『業の法則』じゃないけど、
意地悪な人間はいつかどこかで
痛い目に遭いますから。


Have a nice weekend★



by ecc_nagai | 2018-06-09 13:55 | つぶやき

ぽつぽつと

a0136626_08593858.png

ぽつぽつと咲く姿が可愛い。
どっさり咲き出すより、ぽつぽつ感が好きです。

a0136626_08582860.png

このペチュニアはゴージャスだけど、色が良い。
ニュアンスカラーは量が多くてもうるさくならない。


a0136626_08591116.png


clematisは本当に多種多様。
先日は東和の及川フラグリーンに行ってきましたが、
本当に素晴らしい場所です。
毎日営業しているわけではないので、
開店日をホームページからチェックしてから
行った方が良いですよ。
clematis好きにはたまらない場所です。
我が家の庭に合うのは、こういった色かな・・・
及川フラグリーンオリジナルの『晴山』(はるやま)や
『流星』が特に気に入っております。

最近は、ローメンテナンスな庭が目標。
一時期大好きだったバラも、年数が経つと弱って息絶え…
我が家の日照条件の悪い場所に合うものだけが
生き残って咲いてくれます。
それらを大切にしていこうか…と。
病害虫のつきにくい宿根草、
日陰でも楚々と咲いている花など。
最近は随分と癒しの空間になっております。




by ecc_nagai | 2018-06-01 09:08 | My Garden:庭