<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Last Day of 2012

今日で2012年も終わり。
皆さまは暮れの大掃除やら大晦日の買い物やら、お忙しくお過ごしとのことと思います。
私は午前中に掃除を終わらせ、今はひたすら勉強。
何故か、最近は今まで興味の無かった漢字や歴史に興味が・・・
自分の中で、そろそろ人生折り返し地点に来ていると思い込んでいて、
知らない漢字や歴史、伝統や文化があるのは惜しいと思うようになりました。
不思議・・・
音楽に関しては常にそう。
せっかく大学で専攻したのに、知識が中途半端なのは悔しい。
ということで、grad school (日本でいう大学院レベル)で学んでいる音楽史を再度勉強し直したり、その音楽を聴き直したり。
仕事をしていない時、Dinaにばかり気をとられていて自分の時間など全く無かったここ数か月間。
土曜日、今年最後の検診を受けてきました。
抗がん剤が効いているのか、サプリや先生のお灸などが効いているのかわかりませんが、ここ数日間は調子が良さそうです。一時期ご飯を食べなくなったので、グッと痩せてしまいました。これでは栄養不足になって免疫も低下してしまう!!! ということで、シリンダーで無理やり流動食を食べさせたら、食欲が戻ってきたようです。ここ数日間はドライフードをガツガツ食べていて、嬉しい驚きです★
でも、無理をさせないように、こたつの中でWolfyとStanzieと一緒に伸びています037.gif
今回はお正月を一緒に迎えられないのでは・・・と思っていただけに良かったです。
皆さまにもご心配をお掛けしております・・・
病気が病気だけに、いつかは尽き果ててしまうであろうと覚悟はしていますが、それでも出来る限りの事をして後悔の無いように世話をしています。

さて、毎年大晦日には恒例のように聴いている音楽を聴きながら、また勉強に励みたいと思います★

それでは、皆さまも良いお年を・・・お迎えください001.gif

by ecc_nagai | 2012-12-31 13:10 | つぶやき

ひとまず・・・

あっという間にChristmasも過ぎ去り、本日で高校生のクラスのレッスンも終わりました。
やはり、今年の冬はダメです。
普段なら早く準備して26日には撤去していたクリスマス飾り。
今年は10日に準備し、いまだに部屋にはツリーが飾ったまま。
あんなに大好きなChristmasが好きになれませんでした。

Phew...

何だか、混乱する日々です。
理解出来ること、出来ないこと、何をどうしたらよいのか途方に暮れる日々。
今日は、余計にひどかった。
前向きに考えようとしても、後ろ向きになってしまう。
次から次へと問題が降り注いでくる感じで、気の休まる事はありません。

今日は、大好きな勘三郎さんの本葬の中継をじっくり見ました。
涙が止まらず、その度にティッシュを使うので、目の周りはヒリヒリ痛い・・・
こんなに悲しいとは。
もう、あんな楽しい歌舞伎が見れないとは・・・
でも、あんなに多くの方々に愛されて惜しまれる人っているでしょうか・・・
やっぱりすごい人だったんだなぁと、少しでも同じ時間を共にした人たちが羨ましくさえ思います。

今夜はひたすら祈りたいと思います。
お亡くなりになった日からずーっと心に穴が開いてしまったかのような悲しみがありましたが、ひたすら祈って祈って、あんな感動を与えてくださった踊りと演技を思い出しながら過ごしたいと思います。

by ecc_nagai | 2012-12-27 22:46 | つぶやき

2学期も終盤です

今学期のレッスンも来週で終わりとなります★
そして、本日より保護者面談が始まりました。
楽しいお話は尽きることなく、予定時間を大幅に過ぎてしまったり・・・
でも、本日は皆さまからポジティブな意見を頂き、本当に嬉しかったです。

さて、来週で2学期が最後ということは、2012年のレッスンも終わり・・・
一年は早かったです。あっという間でした。
以前にも書きましたが、今年は『忍耐』の一年でした。
個人的な事ですが、私の一年はDinaの治療に始まりDinaの治療に終わりそうです。でも、Dinaとの限られた時間を大切に、仕事も疎かにすることの無いよう気をつけながら頑張りたいと思います。
まぁ、昨年の大手術でもうダメかと思ったのに、一年もちましたからね・・・
ある意味、奇跡のねこだと勝手に思っています。
だからこそ、簡単に諦められないし出来る限りの事をして上げたいと思います。

今年のクリスマスはDinaとWolfyとStanzieと、静かに過ごしたいと思います。
今年が最後のクリスマスかもしれないと思うと悲しくて辛いですが、だからこそ大切に過ごしたいです。

さて、レッスン自体は22日で終わり、3学期は1月5日より始まります。
でも、その間も保護者会などが続きます。
皆さまにはご足労お掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします040.gif

by ecc_nagai | 2012-12-12 20:13 | つぶやき

いよいよなのか・・・

いよいよ辛い時が近づいてたような気がします。
Dinaの呼吸が荒くなり、辛そうです・・・
2日前、全身で暴れて薬を飲むのを抵抗したDina。
その時以来、胸が苦しそうで舌を出してぜーぜー言っていました。
パニック状態の私は『たんぽぽ』の先生に電話。
色々指示して頂き、それでも先生も予約でいっぱいだったので処置してもらえず・・・
仕方がないので、呼吸を落ち着かせるレメディーをもらいに行ってきました。
1時間おきにレメディーを飲ませ、それでもご飯をしっかり食べたDina。
昨日はひとまず様子を見て、今日先生に処置して頂きました。
やはり、病気の進行は思っていたより早いです。
今日は240㏄もの水を肺から抜き取りました。
腹水も溜まってきているようです。
こちらはまだ抜き取る処置を必要とする段階ではありませんが、
酷くなると苦しくなるので抜き取る処置をするそうです。
つい2か月に手術をした腸の腫瘍も大きくなっているそうです。
頭の中では理解していたことだけど、もの凄くショックです。
それでも、Dinaは自分の状態を理解しているのかいないのか、水が抜けたので気分が良さそうです。
効き目があるかどうかわからない抗がん剤治療もこのまま続けるべきなのか・・・
真剣に悩みました。
家族とも相談しましたが、やはりやめて癌の進行が早まってしまうなら、
少しでも家族の傍にいてほしいと思い、一応抗がん剤は飲み続けることにしました。

何でも良いと思えば、色々なサプリを飲ませたり、お灸治療をしたり・・・

こんなに手をかけてあげたので、本当にお別れの時は悔いは残らないかもしれない。
でも、もの凄くさびしいです。

私のアメリカ生活の半分以上はDinaと一緒でした。
家を開けっ放しにして放っとらかし状態の時もあった。

もっと大切に、可愛がってあげるべきだった・・・

何よりも、これしかないです。
今はこれ以上ない愛情と執念でDinaの治療に専念していますが
ふと、心が折れそうな時が多々あります。

それでも、今日はクリスマスの飾り付けをしました。
その時だけ、ふと全ての事を忘れてクリスマスの飾り付けに没頭しました。
Xmas magicでしょうかね・・・

by ecc_nagai | 2012-12-11 16:40 | つぶやき

涙が止まらない

9時に放送された勘三郎さんの追悼番組。
これだけは見逃せなくて、ブルーレイで予約録画はばっちり。
仕事が終わってばたばたしていたので、結局見ることが出来たのは10時過ぎ。

ただただ、涙が止まらない。こんなに悲しい事ってない。
ただのファンでしかないけれど、小さい頃に見て感動した勘三郎さん(当時は勘九郎さん)の舞台が頭を過る。幼いながらに鳥肌が立つ思いで見入ったのがきっかけで、大ファンになってしまった勘三郎さん。
この人だけは絶対にこんなに早くにお亡くなりになるなんて思いもしなかったから、ショックが大きすぎる。

泣きすぎて、目が真っ赤。鼻血まで出てくるしまい。しかも止まらない。
隣ですすり泣く母すら驚くほど、私は嗚咽をこらえるのが辛いくらい、泣いてしまいました。

面識もないのにこんなに辛い悲しみを感じるとは・・・・・・・・・・・・・・・

一番いなくなってはいけない人がこの世からいなくなってしまったような気がします。
こんな真の芸能人はこの先出てくるのでしょうか。
勿体ない。日本は、本当に惜しい才能を失ってしまいましたね。
ご家族はどんな思いでいらっしゃるのでしょうか・・・
こんな偉大な親を早くに亡くした、若い六代目勘九郎さんと二代目七之助さんは、こんなに辛い状況なのにご立派に襲名披露の舞台をやってのけられている。
お二人の口上は、涙なくして見てはいられませんでした。
何度見ても涙が出ます。親を亡くした日に大勢の人の前で舞台に立つなんて・・・
私だったら出来ない。普通なら寝込んでしまっても仕方の無い状況ではないでしょうか。


『型破りは型があるから破れる・・・』

基本がしっかり出来ているからこその自由な表現。
音楽や絵画芸術においても同じです。
一見理解しがたい現代音楽だって現代美術だって、基本がしっかりしているからこそぶれない。
逆に言うと、基本が無いのに背伸びをしたって誰にも認められないってことでしょう。

まだ見ることは出来ないけど・・・もう少し時間が経ったら、生前の勘三郎さんの舞台のDVDをもう一度じっくり見ようと思います。

でも、今は無理です。

by ecc_nagai | 2012-12-07 23:52 | つぶやき

保護者面談

続々と保護者面談のご案内の返信が届いております。
今夜から日曜日にかけて調整をし、遅くても月曜日までには皆さまにご連絡いたします。

今日もとても忙しかった。ついでに体調もあまりよくありません。
全国的にノロウィルスやインフルエンザ、風邪が流行っています。
私も気をつけないとっ!!!

本日でほとんどのクラスの一次試験も終わります。
これが終わると、データ入力・・・
そして成績表書き&年賀状書き。
二次試験に向けての準備を始めたり、
ピアノ検定の審査の為、課題曲の下調べをしなくてはいけない。

師走は本当に忙しい。

『猫の手も借りたい』とよく言いますが、到底我が家の3匹のねこちゃん達が手をかしてくれるわけもなく・・・当たり前ですが。
ただそばにいて、ニャーニャーご飯の催促をするだけ。
それでも、私にはこの3匹が今の癒しです。

皆さまもお体にはお気を付けください★

by ecc_nagai | 2012-12-07 15:35 | つぶやき

レッスン参観

ほとんどの保護者の皆様がレッスン参観をして頂き、心からお礼申し上げます。
今週は全クラス検定一次試験が実施されているということもあり、その準備&復習レッスンがほとんどで、普段のレッスンをご覧頂けなかったのは残念です・・・
と言うか、ならばもっと早くに実施すべきだったのでは???
本当、その通りでございます。
今年は、何かと腰が重い。
動き出すのに相当な時間が掛かってしまいます。
ダメですねぇ…
もっとやらなければならない仕事があるのですが、それすらも手につかない日々を送っております。
まぁ、私も人間ですから。
80人を超える生徒一人一人の状況を把握し、保護者の皆様と十分なコミュニケーションをとりながら満足いただけるレッスンをし、それなりの成績を残させる為に努力をしているつもりです。
でも、事務的な仕事や突発的に頼まれる仕事、個人的な問題や家族の問題・・・
精神と身体のバランスが崩れそうになることもあります。
人間ですから・・・
でも、そうは言っても頑張って学習したいという意欲を見せてくれる生徒が1人でもいる限り、努力は惜しまず頑張ろうと思います。
英語は芸事とは違います。
でも、どんなに天才的に理解の早い生徒でも、努力をしなければ身につかない。浅い知識で終わってしまうのが英語の怖さ。大人になってから「もう少し英語を頑張っておけば良かった」と宣伝されている『楽に習得できる英語学習』に走ってしまって、結局失敗してしまうという方が結構います。
だったら、せめて子供にはそういう思いをさせたくない・・・と皆さま一様に言いますが・・・
今回レッスン参観をして、保護者の皆様は色々な事をお感じになられたようです。
中学生クラスは、そのスピードの速さに驚かれる保護者の皆様が多数。
「私たちの中学時代の英語学習とは大違い」と仰られます。
当たり前ですよ・・・英語も生き物。時代の変化と共に教授法も変われば、英語・英会話自体も日々変化しているのです。でも、残念ながら、それを直に経験した英語指導者が少ない。
海外に旅行ですら行ったことがない、行ったとしても数十年前・・・と言う英語指導者がとても多い日本。私なら、そんな人に『知識』だけの英語なんて教わりたくない。
文化だってそう。
英語を母国語として話す人々・・・一般的に考えたらアメリカ&カナダ(北米)とオーストラリア&ニュージーランド(オセアニア)、そしてもちろんイギリスとアイルランド。南アフリカの人たちも英語を話します。
そんな国々の伝統文化や歴史に触れると、自然と言語にも興味を持つのは当たり前のような気がします。実を持って文化を体験したからこそ伝えられる事があります。私は7年半の間San Diegoのみでしか生活はしませんでしたので、全アメリカの文化を知っているわけではありませんが、その間感じたり学んだアメリカ文化や他の国々からの留学生たちと交流して知った異文化を、出来るだけ生徒たちに伝えていきたいと思います。
他国の文化を知る事で、自国の文化の素晴らしさを感じる事が多々ありますからね・・・

教室が狭いので・・・随分迷いに迷って決めた保護者参観。でも、多くの保護者の皆様に感心して頂き、ますます英語・英会話にご興味を持って頂き、そして何よりも子供たちが安心して楽しく身になるレッスンをしていることを感じて頂いただけでも、実施した甲斐があったと思います。
本来なら、いつでもご覧頂けるべきですね。いつ保護者の皆様がレッスン参観をご希望しても対応出来るよう努力していきたいと思います★

by ecc_nagai | 2012-12-07 11:56 | つぶやき

Libera me...

    

Libera me, Domine, de morte aeterna.

私を解き放ってください、主よ、永遠の死から。

In die illa tremenda;

あの途方もない日に;

Quando coeli movendi sunt et terra.

そのとき、天が動く、そして地も。

Dum veneris judicare saeculum per ignem.

ずっと、あなたが来て裁くその間、世を火によって。

Tremens factus sum ego et timeo,

震えさせられています、私は、そして恐れています、

dum discussio venerit atque ventura ira.

ずっと、揺り判けが来て、さらに怒りが続く、その間。

Dies illa, Dies irae,

あの日、怒りの日、

calamitatis et miseriae,

禍の、そして不幸の、

dies illa, dies magna et amara valde.

あの日、長い日、そして苦い日、とてつもなく。

Requiem aeternam dona eis, Domine,

永遠の安息を、与えてください、彼らに、主よ、

et lux perpetua luceat eis.

そして絶えることのない光が、輝きますように、彼らに。

Libera me, Domine, de morte aeterna.

私を解き放ってください、主よ、永遠の死から。

In die illa tremenda;

あの途方もない日に;

Quando coeli movendi sunt et terra.

そのとき、天が動く、そして地も。

Dum veneris judicare saeculum per ignem.

ずっと、あなたが来て裁くその間、世を火によって。

Libera me, Domine, de morte aeterna.

私を解き放ってください、主よ、永遠の死から。

Libera me, Domine.

私を解き放ってください、主よ。



美しいメロディー、美しいハーモニー、伝統的な美しいラテン語の歌詞。
この曲は、私が最期の時に聴きたい曲の1つです。

10年以上も前・・・San Diegoに住んでいた時、オケのメンバーでマスターコラールの伴奏の仕事をしていた時・・・ この曲のバリトンソロの年配の黒人歌手に恋をしたのを覚えています。
本当に素敵な人で、本当に素晴らしい歌声の人でした。
背も高く、おしゃれで私の名前を気に入ってくれた方。
もちろん、単なる淡い恋心。憧れと言う感じ。でも、本当に素敵だったなぁ・・・
Such a gentleman... 何度かリハーサルで伴奏をしましたが、人間的にも素敵でウィットに富んでいて、ただの若造の私の意見を尊重してくださった方。もう、名前さえ覚えていないけど、懐かしい思い出。
伴奏をしながら、うっとりとじっくりとこんな声を持った方を羨ましく思いながらリハーサルをしていた頃。
この曲を聴くたびに、あの素晴らしい歌声を思い出します。

by ecc_nagai | 2012-12-06 23:37 | つぶやき

朝から・・・

今朝は、起きてテレビを見て言葉を失い・・・ショックでいまだ呆然としていて、すごく不思議な感覚です。
歌舞伎は小さい頃から好きで、でもわざわざ上京して舞台なんてなかなか見る機会がないので、テレビで歌舞伎の特集があるたびに釘づけになるほど好きだった。
勘三郎さんは、ちょっと一見敷居の高そうな歌舞伎の世界を広く親しみ深いものにしてくれた方です。現代のメディアを使って大幅にファンを増やしてくださった方。
もちろん、歌舞伎界の全ての俳優が好きなわけではないけれど、私は中村屋の俳優たちとその周りを囲む人材の幅広さにいつも鳥肌が立つ思いで舞台を見させてもらっていました。
母にも大好きな歌舞伎俳優がいますが、私も同様で、その方々の特集やら舞台がテレビで放送されるたびにじっくり見入る方です。
もの凄い寂しさを感じる今日です。
早すぎ・・・ とても多くの人々に感動を与えてくれた方がお亡くなりになるということが、これほど悲しくて腹の底にどっしりと思い物が落とされたかのような感じになるとは。
今まで、クラシック音楽界での訃報にショックを受けたり、親戚知人の訃報に悲しむことはもちろんありましたが、ただのファンである私でもこんなにショックを受けていること自体に、驚きの感覚さえ覚えます。


これからどんどん勘三郎さんの特別番組が放送されるんだろうなぁ・・・
今日は一日悲しい日になりそうです。
ひたすらモーツァルトとフォーレのレクイエムを聴きながら、生前の素晴らしい舞台での活躍ぶりを思い出したいと思います。

by ecc_nagai | 2012-12-05 10:59 | つぶやき

12月ですね

12月ですね・・・早いもので、2012年も残りわずかとなりました。
今年も駆け足で過ぎ去ったような気がします。私にとって2012年は辛く悲しい、『耐え』の年。
毎週、治る見込みの無いDinaの通院で、私の精神はかなり参っています。
でも、頑張ってご飯を食べて甘えてくるDinaに苦しい思いをさせないように私も頑張っています。

さて、今週は小学生クラスで児英検の一次試験が始まります。
幼児コースでの一次試験は終わりました。
みんな、緊張の面持ちで頑張っておりましたよ★
今年は、泣き出す生徒がいなかったのでほっと一安心。
中学生1年生クラスは両クラスとも来週に持ち越しです・・・これは残念ですが、やはり復習が足りていない。こんな状態での試験はちょっと厳しいと判断し、来週に延期いたしました。ご迷惑お掛けいたしますが宜しくお願いいたします。

by ecc_nagai | 2012-12-03 14:26 | つぶやき