<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Happy Bach!

本日3月21日はJohann Sebastian Bach (ヨハン・セバスチャン・バッハ)の誕生日です。

a0136626_20193339.jpg


1685年ドイツの中心部のアイゼナッハに生まれ、1750年にドイツで亡くなったBach。ということは、327回目の誕生日です・・・

音楽家にとって、最も重要な作曲家の一人です。Bachは『音楽の父』と呼ばれていて、実はBach Familyは遺伝子学的にも重要な家系です。約200年間にBach Familyが輩出した音楽家は約60人。

J.S.Bachの音楽は何物にも代えられない、地球の財産・・・と誰かが言っていました。
それほど、偉大な作曲家で後世の多くの作曲家たちにも影響を与えてきました。

いいですよ、Bachは・・・

全曲好きです・・・でも、特に思い入れの深い曲はこの"Keyboard Concerto in F minor"から"Largo"です・・・もちろん、演奏はGouldですが。



と、もう1曲どうしても外せないのが、G線上のアリア・・・



Bachの全てが好きです。弾き辛い曲も、ちょっとイラッと来る複雑さも、全て。

by ecc_nagai | 2012-03-21 23:17 | Music:音楽

新教材について

先週から新年度教材の配布が始まっております。
来年一年間使用する教材ですので、CDやDVD等はお気をつけてご使用ください。
また、PB及びPFのピクチャーカードは全てに名前をご記入ください。以前まではシールでもOKということにしておりましたが、シールはやはり剥がれることがあり・・・ 水性マーカーだと字が薄くなって見えなくなったり・・・ 結局教室にはいつも名無しの可哀想なカードが保管されては返され、保管されては返され・・・の繰り返しです。また、スーパーラーニングの30冊のリーダーズにも全てご記名お願いいたします★

それにしても、新教材を見た生徒たちの目は、いつもキラキラ072.gif
「うわー!!!」と、悲鳴のような喜びの雄叫びが聞こえてきます037.gif 私も嬉しく思います。

24年度もスーパー並行の生徒がほとんど。『読み書きプラス』ですので、PAではレギュラーでは学べない文法項目を取り入れます。その内容は、まさに中学校レベル。中学生に新PA教材を見せると、皆一様に驚きを隠せない様子。「小学校で、こんなことまでするの・・・?」と、中学生なりに『負けてはいられない』気持ちになるのだとか・・・ 

兄弟入学されている方々は、教材の譲渡が一部可能となっております。その方々はバラで教材を配布しておりますので、足りないものがありましたらすぐにご連絡ください。
既に、私は火曜日クラスでミスをしてしまいました・・・ 大変失礼いたしました040.gif
20日が祝日でお休みとなりますので、ご兄弟にお渡しいたします。ご了承ください。

4月からのレッスン日及び時間帯については、現在調整中です。今週中には確定する予定です。早急にご連絡いたしますので、宜しくお願いいたします★


a0136626_11312666.jpg

by ecc_nagai | 2012-03-15 11:28 | お知らせ

前向きに

復興2年目の幕開け・・・ですね。

傷ついた心が簡単に癒えることはないと思います。ましてや、被災地の方々やご家族&知人・友人を亡くした方々にとって、簡単に心に区切りなんてつかないと思います。

それでも、この雪も止み、少しずつ暖かくなり、当たり前ですがまた春はやってきます。

あまりにも大きすぎた震災。でも、この経験から学ぶことも大きかったのは確かです。
現地に行って、何かすることは私には出来ません。正常な精神を保てるとは思いません。
なので、遠くからではありますが、何か自分に出来ることを見つけて少しでもお手伝いをさせていただこうと思います。
一時の感情に流されてのボランティアは、逆に相手を傷つけることになる・・・と誰かが言っていました。
この震災に立ち向かうには、長期に渡るサポートが必要・・・だと。

また今日から気持ち新たに、前向きに過ごして行こうと思います★

a0136626_15465641.jpg

by ecc_nagai | 2012-03-12 15:47 | つぶやき

Prayer

何とも言葉がありません。テレビを見ながら、また言葉を失いました。

とってつけたような言葉で書く事すら失礼にあたるような気がしてなりません。

今日は、誰もが複雑な思いで一日を過ごすのだと思います。

神も仏もいないのか・・・そう思った1年でした。

何の因果でこんなひどい目に遭うのか・・・ 答えの無い問いに苦しめられました。

傷ついた心は簡単には癒えませんね。今日も、小雪がちらついて、あの日の恐怖と寒さが脳裏によぎります。

今はただただ、犠牲になった方々のご冥福をお祈りするのみです。

     

by ecc_nagai | 2012-03-11 13:24 | つぶやき

Saturday Morning

土曜日の朝は忙しい。昨日は色々考えることがありすぎて、結局3時過ぎまで眠れなかった・・・
でも、土曜日は午前中からレッスンがありますからね、早起きです。

さて、気分転換に好きな曲を聴いて過ごしております。皆さまにもおすそ分け・・・

        

気が滅入った時は、Mozartがいいです。この曲を聴くと、とても気分が良い。
嬰ヘ短調なので、暗い感じもしますが、その中に希望が見えてくるような曲。
絶望的・・・ではないです。

by ecc_nagai | 2012-03-10 09:39 | Music:音楽

考えること・・・

つい最近、スマホに替えました。携帯に疎い私には一大事。
フル活用出来なさそうな、勿体ない気さえします。
唯一の救いは、高校生の生徒が同じ機種を持っているということ。
悪いわね、色々きくわよ。うるさがらずに教えてね★

More

by ecc_nagai | 2012-03-10 01:19 | つぶやき

新教材

本日、24年度の新教材が届きました。

大きな段ボール箱で8個・・・ 教材は重いので、玄関から中に移動させるのが大変でした。
腰が痛い・・・ な~んて、でも大丈夫です。昨年ぎっくり腰をしてから、重い物を持つときは気を付けています。腰を痛めないちゃんとした方法があるんですね。

本日より配布が始まっております。スーパー並行の生徒はダブルで教材がありますので、重いですよ・・・
素手で運ぶのは無理です。CDやDVDがあるので尚更危ない。

CDやDVDはご家庭で使う教材です。傷や破損が無いか、ご確認ください。
稀に、ケースが割れていたりCDやDVD自体に傷が付いていたりすることもあって、その際は新品と交換できます。
しかし、ある程度時間が経ってご自分の不注意で破損された場合は、新品と交換は出来ません。当たり前ですが・・・
いずれにせよ、破損や紛失された場合は再度購入になってしまいますので、お気を付けください。

by ecc_nagai | 2012-03-09 18:59 | お知らせ

Ravel...

Maurice Ravel...フランスを代表する作曲家の一人です。

a0136626_11293393.jpg


昨日、3月7日はRavelの誕生日。1875年、スペインに近い西フランスのバスク地方に生まれ、1937年にパリで死去。Debussyと比較される(当人たちにとってはいい迷惑?)印象派の作曲家です。
Debussyが"harmony" 和声・調和を大切にしていた(厳密には和音の進行と各声部の配置や進行の組み合わせを重要視していたと言うべき)のに対し、Ravelは"melody" 旋律重視の作曲家と言われています。
西洋音楽において、"melody" (旋律)、"harmony" (和声)、"rhythm" (律動)は『音楽の三要素』です。

Ravelの代表作と言えば、まず一般的に知られているのが"Bolero" 『ボレロ』。同一のリズムが保持されるなかで2種類のメロディーが繰り返されるという特徴的な構成のバレエ音楽。誰もが耳にしたことのある曲です。

Ravel自身が素晴らしいピアニストだったことは有名で、また"orchestration" (オーケストレーション:オーケストラに限らずさまざまな楽器編成のアンサンブルの楽譜を書くこと)に非常に長けていた人。

ピアノ曲でも多くの素晴らしい曲を書いた人です。
060.gif"Sonatine" 『ソナチネ』

          

3楽章構成のSonatineですが、第1楽章のみ。演奏は今は亡きフランスの偉大なピアニスト、Cortot(コルトー)。素晴らしいの一言。

060.gif"Miroirs" 組曲『鏡』

          

00:00. 1. Noctuelles 『蛾』
04:46. 2. Oiseaux tristes 『悲しげな鳥たち』
08:21. 3. Une barque sur l'océan 『海原の小舟』
14:00. 4. Alborada del gracioso 『道化師の朝の歌』
20:28. 5. La Vallée des cloches 『鐘の谷』

演奏はRichterです。素晴らしすぎます。

060.gif"Gaspard de la Nuit" 『夜のガスパール』から"Ondine" 『オンディーヌ』

          

演奏はMichelangeli。これも素晴らしすぎる。

060.gif"Le Tombeau de Couperin" 『クープランの墓』から"Forlane"

          

演奏はRubinstein。意見を書くまででもない。素晴らしいの一言。

もう、Ravelの作品はどれも素敵です。もっともっと素晴らしく素敵な曲がたくさんあります。短時間では語りつくせないほどです。

by ecc_nagai | 2012-03-08 15:53 | Music:音楽

Happy March!

ここ数週間ほど、色々ありすぎて更新を忘れていたっ!!!

2月下旬から3月初旬、素敵な芸術家たちが誕生日を迎えておりました。

2月29日はG.Rossini(ロッシーニ)の誕生日。1792年イタリア生まれ1868年イタリア没。美食家としても知られるRossini。『セビリアの理髪師』や『ウィリアム・テル』などのオペラで有名な作曲家。特に思い入れはありませんが・・・

      

最初はチェロの旋律ですが、徐々に聞いたことのあるトランペットの音が・・・ エキサイティングな曲です。閏年生まれなんですね・・・

3月1日はF.Chopin(ショパン)の誕生日。1810年ポーランドのジェラゾヴァ・ヴォラ生まれ1849年パリ没。Chopinね・・・ピアノを学ぶ人にとっては最重要作曲家です。
『ピアノのための曲を書いた人』ですからね・・・『ピアノの詩人』ですもの。
Chopinの曲はどれもpoeticでromanticです。どれも素晴らしく、弾いていて気分が高揚する作曲家。これほど弾いていて酔いしれる作曲家はいませんが、だからこそ難しい。酔いすぎると『安っぽい』と言われ、無表情だと『つまらない』と批判される。実はバランスの難しい作曲家だと思います。

      

ChopinのNocturneはどれも甲乙つけがたい、美しい作品ばかり・・・全部で21曲あります。その中でも、私はこのOp. 9 no. 3のホ長調が好きです。何とも切ない、穏やかで美しい曲。中間の激しさはChopinの曲想では珍しくない。演奏はもちろん、Arthur Rubinstein(ルービンシュタイン)です。私も彼のNocturne全曲とMazurkas全曲のCDを持っておりますが、本当に素晴らしい、飽きの来ない演奏。

3月2日はB.Smetana(スメタナ)の誕生日。1824年チェコ生まれ1884年チェコ没。チェコを代表する作曲家。Smetanaと言えば、『モルダウ』でしょう・・・

      

3月4日はA.Vivaldi(ヴィヴァルディ)の誕生日でした。1678年生ヴェネツィアまれ1740年ウィーン没。Vivaldiと言えば、『四季』ですが、『グロリア』もいいですねぇ・・・ バロック音楽好きな私にはたまらなく大好きな作曲家です。

      

Vivaldiの全てが好きです。ヴァイオリンが弾けたらなぁ・・・歌えたらなぁと思わせられた作曲家です。

明日は、と言うか既に今日ですが、3月6日はMichelangelo(ミケランジェロ)の誕生日、7日はM.Ravel(ラヴェル)の誕生日、8日はJ.S.Bachの息子であるC.P.E.Bachの誕生日、9日はS.Barber(バーバー)の誕生日・・・ その都度、彼らのことを思いながら過ごしたいと思います。

by ecc_nagai | 2012-03-06 00:25 | Music:音楽