<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

歌舞伎

金曜の夜は必ずと言っていいほど、NHKの芸術劇場をみます。
洋楽のみならず邦楽も大好きで、特に歌舞伎の長唄が大好きな私。
意外・・・ってよく言われますが、なぜか鳥肌が立つほど好きな長唄です。

さて、今日は中村富十郎さんが弁慶に扮した「勧進帳」。中村吉右衛門さんが冨樫で、富十郎さんの息子が義経でした。

「勧進帳」と言えば市川団十郎と海老蔵親子がパリのオペラ座で公演したことから、とても有名になった演目ですが、本当に素晴らしい演目。この時、この親子は交互に弁慶を演じていました。海老蔵が襲名する前の新之助の時は、やはり父親の団十郎が弁慶で、新之助(海老蔵)は冨樫でしたが、そこは世代交代も考えてのことなのでしょうか・・・。
a0136626_8414157.jpg

この演目の見どころは、やはり最後の飛び六法でしょ。団十郎&海老蔵親子の飛び六法はとても豪快で派手で、とても見ていて楽しいですが、
今日は今年84歳になる人間国宝の富十郎さん。やはり飛び六法ではとんでいませんでしたが、とても奥の深さを感じさせる涙ものの飛び六法で、とても感激しました☆

でも、宙づりなどのド派手なスーパー歌舞伎はとても苦手・・・ファンの方々には申し訳ないのですが、
やはり、古典的・伝統的な歌舞伎が好きです。
十八番の「勧進帳」やおもしろおかしい勘三郎の「法界坊」、世襲親子ならではの「連獅子」なんかも大好きですよ。
ちなみに私の母は片岡仁左衛門の大ファン。結構ミーハーですね037.gif

私はみんなそれぞれに強烈な個性を放っているので大好きですが、やはり正統派の団十郎親子や中村吉右衛門、勘三郎親子や玉三郎が好きですね~☆

by ecc_nagai | 2010-01-30 00:43 | Art:芸術

Robert and Clara

今年はR.Schumann(ロベルト・シューマン)の生誕200年の記念の年でもあります。
a0136626_1217951.jpg
1810年ってすごい年ですね・・・Chopinはポーランドのジェラゾヴァ・ヴォラという小さな村に生まれ、Schumannはドイツ、ザクセン王国のツヴィッカウに生まれました。
この二人、とても親交が深く、お互いに曲を捧げています。
例えば、Chopinからはバラード2番。通称「バラ2」と呼ばれる、とても複雑なハーモニーの曲で、この曲をSchumannに捧げています。
Schumannからは何曲かあると言われているのですが、最も有名なのは"Carnaval" (謝肉祭)という組曲の中の一曲。その名も"Chopin"。そのまんまのタイトルで、Chopinのノクターンを思わせる優雅で落ち着いた一曲です。

さて、Schumannも大好きな作曲家ですが、非常に困難な曲ばかり。ロマン派を代表する作曲家としてChopinLisztMendelssohnBrahmsなどと活躍した作曲家です。
同年生まれということで、よくChopinと比べられるのですが、作風は全く異なりとても個性的で暗譜しにくい。また、ピアノの為の曲のみを作ったChopinとは対照的に、オーケストラや室内楽にも積極的な作曲家でした。私はソロ曲よりも室内楽(ピアノ三重奏と四重奏)や歌曲の伴奏などを多く学んだので、それほどソロ曲のレパートリーはありませんが・・・
Schumannのピアノ曲は数曲がまとまってプログラムされたCharacter Piecesと呼ばれ、個性的なタイトルが付けられていますよ。
例えば、有名な曲集は
"Papillons"(蝶々 Op.2)
"Carnaval" (謝肉祭 Op.9)
"Fantasiestücke" (幻想小曲集 Op.12)
"Kinderszenen" (子供の情景 Op.15)
"Kreisleriana" (クライスレリアーナ Op.16)、
"Waldszenen" (森の情景 Op.82)
などなど、とても個性溢れる曲集ばかり。

a0136626_12272111.jpgこのSchumannの奥さんがClara Wieck Schumannで、Brahmsとの熱愛も噂された、当時としては最も有名な女流ピアニストです。
彼女は演奏会で初めて暗譜をして演奏したピアニストでもあり、この人のせいで(?)現代も「演奏会では暗譜」という暗黙の了解が常識。
もちろん、暗譜をして演奏しなければならないという規則がないので、欧米では譜面を置いて演奏をするプロの演奏家が多数いますが・・・
日本はなぜか頭の堅い音楽家や教育者ばかりで、「暗譜をしなければダメ」みたいなルールが常識。でも、練習を重ねると暗譜は自然に出来てしまうものです。暗譜できないのは練習不足・・・かな?

さてさて、このRobert SchumannClara Wieck SchumannJohannes Brahms(三角関係とでも言いましょうか・・・)にまつわる映画が出ています061.gif

原題 "Geliebte Clara"

邦題「クララ・シューマン 愛の協奏曲」って、あまり素敵な題名ではありませんが・・・

a0136626_13313987.jpg


a0136626_13334887.jpg


a0136626_133495.jpg


とても切ない映画で・・・
Schumannについてご興味のある方は、是非ご覧ください060.gif

by ecc_nagai | 2010-01-29 13:41 | Music:音楽

ねこ

a0136626_8254343.jpg

ねこは癒やし…そうかもしれません。
Stanzieはいつも私を追いかけてばかり。ちょっと姿が見えなくなると鳴いているとか…
今朝もめざましテレビで放送していましたが、ペットとしての猫や犬には癒し効果があるそうで、血圧を低下させてくれるとか・・・
特に、猫に触れると血圧は一定し、徐々に低下していくらしいです。
我が家のねこたちはみんなSan Diegoから連れて来たねこたち。とても大切な存在です。
ペットショップではいつも人が群がって売り物の犬や猫を見つめています。ある意味、異様な光景。
可愛い動物を見ると、自然に笑みがこぼれて心が癒やされてきますが、ただ可愛いだけでは飼うことが許されるべきではない。
ペットは人形じゃない・・・生き物なので、その短い命の最期まで責任を持ってみてあげることが大切。
特に猫・・・どんなに高価な血統付きでも、ワクチンをせず避妊・去勢をしないで放し飼いにしたら、可哀想な野良猫がどんどん増えるだけ。
近所にも猫を放し飼いにしている方が多くいますが、「なんで?」って思う。しかも去勢も避妊もしていないからあちこちで子猫を見かける。その猫の子供かどうかはわかりませんが、あり得ない。飼う資格無し・・・ その上、ご近所のお庭に猫がいたずらや糞尿をして被害届けが出だすほど。
そんな状態で飼っておいて、「お宅でもねこを飼っているらしいけど、もっと飼わない? とてもかわいい子猫を見つけたので、飼い主を探しているんだけど。」 ですって。
はぁ? "What the **** are you talkin' about?" って感じ。
無責任にもほどがある。すごーく不愉快な思いをしたのを覚えています。
「うちは一切ねこは外に出しませんし、これ以上は飼いません! そんなに可哀想と思うなら、去勢してください022.gif」と、ぴしゃり。ご近所の方なので、ジョーク交えに言ったのですが、きつーい一言を浴びせてやりました。本当に、無責任な飼い主が多すぎる! 

私が住んでいたSan Diegoのみならず、アメリカでもペットを飼うことの意識が見直されていて、ある獣医は無償で猫の避妊・去勢手術を行っています。これ以上可哀想な野良猫を増やさないために・・・ 賛否両論あるのですが、こういう獣医が日本にもいないのかしら?って思います。

a0136626_904553.jpg

怒りの後は、またねこを見て癒されましょう・・・

by ecc_nagai | 2010-01-28 08:25 | My Cats:ねこたち

★Anthurium

やっとで咲いたAnthurium☆ アンスリウムは人気の観葉植物です。

a0136626_13314969.jpg


昨年、母から誕生日にもらったものなので、とても大切にしているのですが・・・
もっと薄い、桜貝のようなピンク色だったのに、ちょっと赤い002.gif

少し花が咲きだす時期ですが、その分花粉症持ちにとっては辛い季節の始まりですね。
もうすでに、私の鼻のまわりはかゆい・・・

ところで、先日ホームセンターに行った時、グリーンのコーナーに怪しげな花が・・・
その名も「プリムラ・オブコニカ」(Purimura Obconica)
ぱっと見、とてもかわいらしいお花ですよ。

a0136626_13403495.jpg


「綺麗な花には毒がある~♪」 

葉と茎には「プミリン」という毒性成分が含まれていて、しかも、ものすごーく花粉を飛ばす、鬼のような花です。
アレルギー体質の方がこの葉や茎に触れると確実にかぶれます。
しかも、これは一年草で冬に流通される室内用の花ですので、よく日当たりの良い窓辺なんかに置かれるのですが・・・すると、くしゃみやかゆみが始まって、地獄のような日々を過ごすことになりますよ・・・

私も重度の花粉症・・・花好きなのに、皮肉です。スギ花粉に始まり、さくら、うめ、もも、リンゴの花が咲きだすと、むせるように咳が止まらなくなります。園芸草ではこのプリムラ・オブコニカから始まりPeony(西洋芍薬)、Lily(ユリ)と、嫌な花粉症に悩まされそうです007.gif

by ecc_nagai | 2010-01-27 13:56 | Gardening:ガーデニング

test

a0136626_89446.jpg

携帯からのテスト投稿です☆ やっとで画像の投稿方法がわかったので・・・
画像はEnglish Rose(イングリッシュローズ)のEvelyn(エヴリン)です。昨年バラ園で撮った写真。
どうかな・・・うまく写っているでしょうか?

by ecc_nagai | 2010-01-27 08:09 | Roses:バラ

つるし雛

先日、ふと用事を思い出して、伯母の家に行った時・・・

やっていましたよ、つるし雛作り。
 
a0136626_13443339.jpg


盛岡市鉈屋町の町屋手芸サロン「ぴっぴ」で講師をしている伯母。
今年ももちろん、つるし雛の展示会があるそうです。

このつるし雛って伊豆稲取地区で今日まで伝承された地域限定の伝統工芸だそうで、今では全国に広まった芸術ですね。
私はこのつるし雛の存在をあまり知らなかったのですが、調べてみるととても奥深いです。
日本の伝統文化は何でも奥深いと思うのですが・・・

さて、この稲取地区のお話によると、江戸時代においては雛飾りを購入できるような裕福な家庭はまれで、せめて雛飾りの代わりに、愛する子供や孫の為に手作りの雛飾りで初節句を祝おうという、切ない親心から生まれたのが稲取の雛のつるし飾りまつりの発祥の由来と伝えられています。
つるし飾りは、子供が成長し7歳→成人→嫁入りといった節目を迎えると、新年のどんど焼きに焚きあげてしまうため、古いものはあまり残っていないそうです。平成に入って稲取の婦人会の手芸講座にてツルシ製作を通じて見直され、「雛のつるし飾り」の名称をつけられたとか。でも、つるしの漢字表記「吊るし」は、縁起物には不適当なため推奨されないそうです。

なるほどね・・・やはり奥が深い。
ちなみに、九州の福岡では「さげもん」、山形の酒田市では「傘福」という名称で、この3つが日本三大手芸とされているそうです。

つるされる飾りにはそれぞれに意味があって、
a0136626_141550100.jpg「もも」は邪気をはらい、延命長寿の意味が。実が多く多産の象徴も。



a0136626_14183330.jpg「這い子人形」はハイハイの多い子は丈夫に育つので健やかな成長を願う母心を意味する。

                            

 とか、

a0136626_14194684.jpg 赤い目の「うさぎ」は呪力があり、病気を治すと信じられていました。神様のお使いとも。



などなど、100個以上の飾りがあって、それぞれにいわれがある・・・願う事柄をお飾りの形に託して飾る・・・ 母の、子の幸せと健康を願う想いはとても深いですね。
今よりもちろん科学や医学の発達のない時代だからこそ生まれた文化なんでしょう。
お金さえあれば何でも手に入るこの時代に、このような伝統工芸が生まれて来るなんて事、あるのかしら…?
ちょっと考えさせられました。

by ecc_nagai | 2010-01-26 14:35 | Art:芸術

暖かいのでしょうか・・・

今日は幾分お日様があたって暖かいのでしょうか?
寝ている時は、本当におとなしくて仲の良い2匹。でも、目が覚めると喧嘩が始まりますよ!!!
a0136626_15153715.jpg

変なにゃんこ達です037.gif

by ecc_nagai | 2010-01-21 15:16 | My Cats:ねこたち

La Primavera

a0136626_14374467.jpg

ギリシャ神話の神々が登場する芸術・・・とても深ーい意味合いがありますよ☆
私は右から3番目の女神Flora(フローラ)が好き。
英語のFlowerと同じ、花を意味する名前ですよ。
a0136626_17472.jpg


誰かに似てる・・・こういう顔の女性、日本にもいませんか・・・? 誰だろう・・・今、ふと考えてしまいました。

by ecc_nagai | 2010-01-21 14:42 | Art:芸術

Uffizi Museum

Uffizi Museum (ウフィッツィ美術館)in Florence (Firenze)
a0136626_23145854.jpg I soooo want to be there someday...next to Louvre in Paris and Metropolitan in New York. Those 3 are always the top 3 museums!

金銭的余裕があったら、飽きるほどこの3つの美術館で時間を過ごしたい・・・
春を待つ間、私の現実逃避を助けてくれるアート・・・大学院のコースで、音楽と美術の関連性を歴史的・文学的背景から学んだことがありますが、本当に飽きず、没頭してしまったことを思い出します。母校SDSUの巨大な図書館の暗ーい地下の美術コーナーで6時間以上も(閉館時間まで)過ごした時は、さすがにcrazyだって言われましたが・・・
ウフィッツィ美術館はイタリアのフィレンツェにありますよ いいですね~ 行きたい!!! 実は、当教室に通ってくださってる小学5年生のお母様がこのフィレンツェに1年住んでいたことがありますよ。うらやましい~045.gif 
何でも、この美術館は1591年より部分的に公開されていて、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つ☆ またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大です005.gif 
1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されました。
ちなみに、Uffiziは英単語officeの語源でもありますよ。
メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵していて、ルネサンス絵画の宝庫。展示物は2,500点もあって、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、Botticelli、Da Vinci、Michelangelo、RaffaelloらItalian Renaissanceの巨匠の絵画を中心に、それ以前のGothic時代、以後のBaroque、Rococoなどの絵画が系統的に展示されています。Italian Renaissanceの大好きな私にとっては天国のような場所・・・絶対に一度は行きたい美術館です☆

さて、収蔵品の中で今私が最も観たいもの・・・Da Vinciの「受胎告知」、Botticelliの「ヴィーナスの誕生」と「春」、そしてVecellioの「ウルビーノのヴィーナス」。この「ウルビーノ・・・」は一昨年、上野の美術館に来ていましたが、「ヴェルサイユ展」で胸が一杯になり、素通りしてしまいました・・・今はとても後悔しております。

Botticelli(ボッティチェリ作) "La Primavera" 「春」
a0136626_23484241.jpg

Botticelli(ボッティチェリ作) "La Nascita di Venere" 「ヴィーナスの誕生」a0136626_23514194.jpg

今はこの2作に夢中です060.gif

by ecc_nagai | 2010-01-20 23:55 | Art:芸術

Beatrix

さて、この方はどなたかと言うと・・・
a0136626_22153564.jpg

1866年・サウスケンジントン、陶芸家で法廷弁護士(実際は法廷弁護士の仕事はほとんどしていない)の父、ルパート・ウィリアム・ポター(1832年-1914年)と、紡績商の両親を持つ母、ヘレン・ポター(1839年-1932年)の間に生まれる。両親ともにそれぞれの両親(つまりビアトリクスの両祖父母)の遺産により生活を送っていた。
イギリス帝国のヴィクトリア朝時代の裕福な子供たちがそうであったように、幼少時代はナース(ベビーシッターとメイド参照)とガヴァネス(家庭教師)によって育てられる。 また、他の子供たちとあまり関わることなく、イモリ・蛙・蝙蝠・ウサギなどを飼い始め、小動物や植物に興味を抱くようになる。何時間も飽くことなく観察し、外出や遠出の際にペットもよく一緒に連れて行っていた。ピーターラビットのモデルになったウサギも、この頃飼っていたという。いつも飼っているペットの小動物をスケッチしていたという。 夏は、パースシア地方・スコットランド・湖水地方などの貸し別荘にて過ごしていた。
a0136626_2234283.gif

1882年に牧師のキヤノン・ハードウィックにより、湖水地区の環境汚染について説明を受け、以後環境保護運動に関心を持つようになる。
成人に達した頃、両親は彼女に家(家督)を継ぐように言い、家政(ハウスキーパーの仕事)を彼女に命じ、彼女から一切の勉強や研究を剥奪する。 彼女の叔父は、ビアトリクスをキューガーデン(国立の植物園)へ研究員として推薦するが、女性だったため採用されることはなかった。

そうですね、ピーター・ラビットをこの世に生んだ、Beatrix Potter (ビアトリクス・ポター)です。

彼女を題材とした映画、061.gif"Miss Potter"はご覧になりましたか?
a0136626_2373115.jpg
 

私はあまりキャラクター物を集めたりすることはありませんが、幼少期に「ピーター・ラビット」の絵本をよく読んだものです。多少成長すると、もっとシニカルな「不思議の国のアリス」が好きになっていきましたが・・・
私の定期購読している園芸雑誌"BISES"(ビズ)の早春号はこのBeatrix Potter & Peter Rabbitの特集でした。おもしろい事に、このBeatrix Potterの時代の野菜を植えるにはどうすればよいか? とか、ピーターが食べていた野菜とは何か? とか、ナメクジ退治にはパブのビール! とか、おもしろい特集でした。イギリスの自然に対する文化は豊かですね・・・でも、日本の伝統文化も負けてはいませんよ060.gif

by ecc_nagai | 2010-01-17 22:53 | Art:芸術