カテゴリ:Lessons( 25 )

2nd Week...

1学期の第2週目。ちらほらと課題の状況が気になり出す頃です。
つい1か月前まで幼児だった生徒たちは小学生。
今まで以上に読み書きの課題があり、てこずります。
低学年が中学年に、中学年が高学年クラスに進級する時も、
そのギャップにてこずります。慣れるのに時間を要します。
なんで出来ないのだろうか…と悩むこともあるはずですが、
そこは焦らず、でも『学習』を意識しながら取り組んでほしいと思います。

近頃、英語教育全般に対して、有識者たちの批判的意見が目につきます。
小学校3年生から学校で英語を導入することに対する疑問。
幼児からお教室などで英語英会話を習わせることに対する疑問。
東大出身の有名塾講師やジャーナリストなんかが、
英語より国語教育を! と声を高々に言っています。

確かに、その理由もわからなくもない。
当教室の小学生クラスを見ていると、
問題文を読まない、読んでも理解できない、漢字が読めない、
漢字が書けない生徒は確かにいます。中学生に関して言えば、
名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞、助動詞など、
英語の品詞についての知識が薄過ぎる。
国語の文法学習にも通じるところがあると思うけど…

「え?国語の時間に学習しなかったの?」と首を傾げることばかりです。

国語力の低下を英語のせいにされたんじゃ、たまったもんじゃないわね。
英語を学ばせるから国語力が低下する、っておかしな論理です。
幼少期から英語を学んだから読解力が下がる?どういうことかしら。
もとから読解力のある生徒は、英語力もあります。
英語力がある生徒は読解力も身に付いています。
国語科の指導にだって、問題があるのでは?
ただ、英語学習も中途半端で終わってしまう生徒たちの9割は、
もともと学習習慣が身に付いておらず、
幼少期に読み聞かせをちゃんとやったのだろうか?
予習復習の学習習慣を身につけさせたのだろうか?
と、思ってしまう生徒たちばかりです。
中学卒業と同時に教室を卒業した生徒たちの中には、
幼児期や小学校1年生の時から学んできたはずだったのに、
中学校に進学して教科として英語に向き合った時、
成績が伸びずに『英語嫌い』になっていた生徒もいました。
でも、本当に学習習慣が身に付いていたのかな?
ちゃんと『学習』に向き合っていたら、
英語嫌いになっていただろうか?と思います。

人間は、何でも都合よく他人のせいにしがち。
英語が出来ないのは幼少期に学んだ英語教育が悪い、とか、
日本語だってちゃんとしていないのに英語を学んだからだ、とか、
学校の英語の先生の発音が悪い、とか、
何でもかんでも先生や講師のせいにするのが一番簡単だからね。
でも、私から言わせてもらえば、
英語と同時にちゃんと本の読み聞かせをし、
新聞や本を読んで漢字に触れる生活をすれば良いはずだし、
学校の先生の発音が下手だと思うなら、
教科書専用のCDを購入してそれをお手本に練習すれば良いだけだし、
やり方は色々あるのに、目先にある欠点だけを見つけてしまう。

英語を幼少期に学ばせる理由は、
英語の音声に慣れさせて、舌が柔軟なうちに良い発音方法を自然に身につけ、
後々必要となる教科としての英語に対する耐性を備えさせ、
大学進学後や社会に出てから『興味があれば』国際的な分野や、
英語を必要とする仕事に就いて社会に貢献できる人材になれば良い、
ってことじゃなかろうか?
『幼少期から英語ぺらぺら~』にさせたくて学ばせている人なんて、
この時代に本当にいるのかな? いたら、かなりの無知。
大体にして、親が満足に英語を話せもしないのに
4・5・6歳児が英語を難なく話せるようになるなんて
ほぼあり得ないことです。

よく「先生のお母さんも英語ペラペラですか?」ときかれますが、
全然。全く話せませんよ。話せないけど、外国の文化が好き。
特にヨーロッパやアメリカの文化が好きな人です。
自分に強い憧れがあったから、子どもには話せるようになってほしい、
と思ったみたいだし、加えて私も英語は好きだったし。
色々なことが上手く作用して、私は英語が全く出来ない親元を離れて
アメリカで学ぶ決心をして単身留学した、というわけです。
みんながみんな、私のような道を辿るはずが無いし、
英語とは関係のない分野に興味を持って当然のこと。
でも、やらなきゃいけないことは、必要最低限ちゃんとやりましょうよ、
ってことを言いたい。人のせいにする前にね。

今年度はまだ始まったばかり。焦る気持ちもわかるし、
環境の変化に戸惑うことも理解できます。
でも、考え過ぎずに慣れてよ!って言いたい。
いざとなったら自分で乗り越える力を持とうよ、とね。
当教室の一部の生徒や親御さんを見ても
「まずは学校生活に慣れるまで…」と不安げ。
親が不安だと子どもに移るんじゃないの?
何とかなる、やることやって努力をし続ければ大丈夫、って
なんで大きな目で見れないのかなぁ… と、思ってしまいます。

さて、第2週目~3週目にはどんなドラマがあるだろうか。
楽しみながら頑張りたいと思います★



by ecc_nagai | 2018-04-18 10:00 | Lessons

2018年度スタート!

本日より当教室の2018年度レッスンが始まりました!
今年も多くの新入生を迎えることができ、
とても楽しみにしております★

新4・5・6年生に関しては、カリキュラムがガラッと変わりました。
他のクラスも順次変更していく予定です。
小学校、中学校、高校へと進学した多くの生徒たちも進級し、
それぞれの進路に向けての準備を着々とし始めております。
高校クラスを卒業した生徒たちも皆、大学へ進学しました!
中学校クラスを卒業した生徒たちも、
元々私立…という方々は別ですが、
公立高校を受験した生徒たちも、皆志望校に合格し、
今週から新しい環境で勉学に励んでいることでしょう。

進級した生徒たち、新規に入学した生徒たち、
しっかりと学習のサポートをしていきたいと思います!

頑張りましょう!!!



by ecc_nagai | 2018-04-09 16:24 | Lessons

★★Superstar★★

岩手県出身のSuperstar! 大谷翔平★
Anaheimに行くのね。
Viva, West Coast173.png
well... ううむ。決まり文句。

San Diegoの私が住んでいた家から2時間弱で行けます。
何度行っただろうか…
Orange CountyはLAに行く手前で、
Dysneyland Resortがありますからね。
私も留学中、何度か楽しませて頂きました。
Southern California(南カリフォルニア)を選んだのは素晴らしい!
是非、彼が頑張る姿を見に行きたいものです★





by ecc_nagai | 2017-12-11 22:59 | Lessons

New!

2018年度新カリキュラム! 新小学4・5・6年生、新規入学者対象です★
継続生に関しての変更は来年度はありませんが、
近い将来、教材改定があります。

a0136626_15285046.jpeg

教室内にポスターを貼っています♪
タブレットを使った新学習法。
2020年度の大きな改革に対応するためのプログラムです。

『英語で深く思考できる力』を育てるのが目的です。

今は4技能ではなくて、5技能ですよ。

知っていましたか?
「話す」に変化があるんです。

時代の移り変わりですね~★





by ecc_nagai | 2017-11-15 15:30 | Lessons

押し付けがましいかもしれませんが

レッスンで使用する文房具の種類、ノートの書き方や課題のやり方など、
細かく指導させて頂いております。
面倒に感じる点もあるかもしれませんが、
10年以上この仕事をして辿り着いた結果です。
プリントの管理の仕方も指導させて頂いております。
本当に細かくてすみません…
英語英会話とは言え、課題無くして上達は無理です‼︎
と、思っています。
今の学校での英語学習の仕方が100%変わり、
高校&大学受験の際の試験制度が文法重視から離れてくれたら
英語英会話の指導方法も大きく変わると思います。
結局、どんなにスピーキングとリスニングばかりやっていても
学校での成績が伸びないと講師など指導者のせいですからね。
dilemmaとの戦いなわけです。
でも、高校生クラスでは、よりスピーキング力Upに向けての
指導をしていますよ‼︎
最初からできる人はいないので、予めトピックは伝えていますけど…
将来、英語が話せなくても日本では十分問題無く生きていけます。
でも、話せたら…
今はスマホやタブレット端末でも優れた翻訳機能があるらしいけど、
話せる我らから言わせて貰えば、
格好悪い…
会話は生身の人間同士でできるもの。
相手がどんなリアクションをして、どう話を切り替えて、
どう話を膨らませてくれるかなんて、読み取れない。
話すスピードや癖なんかも個々で違ってくるからこそ、
面白いんだけどなぁ。
生徒たちには、いつか物怖じせずに外国人と英語で、face-to-faceで
会話して欲しいなぁ。
資格を取ることも素晴らしい目標だとは思うけど、
単純に会話を楽しんでみたい、違う文化や考え方触れてみたい、
って思うことも素敵なことだけどなぁ。
そう思う日々です。




by ecc_nagai | 2017-04-19 13:10 | Lessons

先日の高校生クラスで

先日の高校生クラスでは、『英語をいかに流暢に読むか&話すか』
のコツについて、特別レッスンをさせて頂きました。
普段使用している教材も良いものだとは思いますが、
やはり実践することに勝ることはない!
舌の使い方、口の使い方、英文を読む際のコツなどなど、
100分のレッスンでみっちり訓練させました。
普段、あまり声に出さずに
机上のみでもくもくと受験勉強をしている生徒たち。
でも、言語は何よりも五感を使わないと意味がありません。
頭で読んで理解できるだけで
「英語ができる」とは言わせない!
英語を聞いて脳の中で瞬時に英語の感覚で理解し、
自分の意見を声に出して言えるようになって、初めて
「英語ができる」と言ってほしいわね。
だからこそ、可能な人にはどんどん海外に行って
身をもって体験してほしい!
大学留学まではいかなくても、
旅行をしたりホームステイをすることで、
現地の人たちとのコミュニケーションの大切さを
肌で感じてほしいと思います。
英語を話さないと生きていけない環境に自分をおくと、
最初はパニック状態になっても
習った表現を駆使したり、
ネイティヴスピーカーの会話から
フレーズや単語を拝借して真似してみたり、
日本で長年英語学習をすること以上の恐怖と喜びを
一瞬にして体感します。
よく、「働いて自分のお金で行ってほしい」という方もいます。
経済的な理由はあるので、そこは無理にとは言いませんが、
経済的な余裕があるにもかかわらず、絶対に行かせられない人が多すぎる。
もったいない・・・
高校生の多感な時期に、
そして英語学習初心者ではなくてある程度経験を踏んでから
ホームステイを体験すると、
世界が変わることが多いのに。
いかにこれまでの自分の世界が小さかったのか、
身をもって体験し、様々なことを感じさせられます。
ましてや、学生時代は良い意味での若気の至りがあるので、
あまり考えすぎずに勢いで感動できることがあります。
一生は長いようで短いですよね…

今後も、高校生クラスでは、もっともっと実践力が身に付くような
レッスンをしていけたら、と思います。
月曜日の夜は、今まで以上に英語を話していたと思われる生徒たち。
疲れたかもしれないけど、
正直、疲れの顔というより、充実した顔をしておりました。
スパルタ実践英会話も、たまにはいいわね~006.gif



by ecc_nagai | 2016-10-05 11:04 | Lessons

今日から2学期開始

皆さま、良い夏休みをお過ごしになりましたか?
この地域では、今日から学校…という方も大勢いらっしゃると思います。
お盆が明けてすぐ学校は厳しいですね。小学生の時、どうせなら夏休みが8月から始まって、お盆開けて後一週間ほど休みがあったらどれだけ良かっただろうか…と、何度思った事か。
「おばあちゃんち」で楽しいお盆休みを過ごして、次の日に学校って、嫌だったなぁ。
今年は余計にそう思います。
私はと言うと、結局ゆっくり休むことは出来ませんでした。
何もしない休みなんて、そうそう取れるほど裕福な生活ではないってことだわね。と、つくづく思います。
休み明けの1,2週間は地獄のような日々。
休みボケしている生徒も大勢いるし、1学期の学習内容はどこへやら…という感じの生徒も大勢。
モチベーションを上げるのも一苦労です。

越えられない大きな目標は夢の一部として…
まずは乗り越えられる小さな目標を立てて、一つ一つ乗り越えていってほしいな。
登山に興味が無かった人が、ある日突然富士山に登るのは無理でしょう。
近くの小さな山から少しずつ慣れて、計画を立てていずれは富士山に…と思うのが当たり前だと思うけど、今は違うのよね。そう簡単に乗り越えられない目標を掲げて、ちょっとの挫折で全てを諦めてしまう。そして、後は他人のせい。そんな風潮が現代には蔓延しているような気がします。
「頑張りましょう」という言葉を嫌う人もいるけど、何で? それぞれみんな自分の出来る範囲以内で頑張るしかないだろうに。楽して何かを得ようとか、誰かに同情してもらおうなんていう甘い考えもどうかと思うけどね。

私は私なりに頑張ろうと思います。

by ecc_nagai | 2015-08-17 11:16 | Lessons

中3クラスに

当教室の生徒のお宅にホームステイしている14歳のアメリカ人の女子がレッスンにいらっしゃいました。
a0136626_14361361.jpg


みんな、頑張って英語で自己紹介をして、色々質問しておりました037.gif
学んだ表現を使って質問しても、会話が続かない…
仕方がない。
大人は気を使ってくれることが多いけど、子供は正直だから会話が弾まないのよね。
日本人の中高校生と話が合わなくてシーンとしちゃうのと同じことです。
久しぶりに10代のアメリカ人と話したわ★
生徒達にとっても、同年代のアメリカ人と会話をしたことは新鮮な経験だったと思います。

by ecc_nagai | 2015-06-27 14:31 | Lessons

一生懸命

a0136626_2045443.jpg


中級クラスの生徒達。いつも賑やかで楽しいクラスです。

一生懸命に問題を解いていました。
この後、もう一人合流しました。

by ecc_nagai | 2015-06-10 20:43 | Lessons

嬉しい驚き

昨日の中2のレッスンでは、本当に驚きました。
2学期に入ってから気になりだした宿題忘れ+成績の落ち込み。
どうしたら良いものか…正直、かなり悩みました。何をやってもやらせても本気にならない生徒。宿題をやらなくても平気。私がきつく注意してもダメ。それなら言わなきゃ良いのか…と思ったけど、言わなきゃ言わないで何もしないから成績も下がる一方。保護者の方々と面談しても一向に良くならない上に、成績が下がると私の責任になる。
ノイローゼになりそうな9月でした。
文法帳を作って、ドリルの書き込みをやめさせ、ノートに3回同じ問題をやって自分で答え合わせをさせてから、変化が出始めた…かな? 今まで「あれ?」と思っていた生徒のノート作りが良かった。ノート作りが良いから即成績Upとは限らないかもしれないけど、とても見やすくて丁寧。タイトルや日付もちゃんと書き込んでありました。これをやってからか、その生徒の集中力が違うような気がする。しっかり復習して予習する余裕も出来ているからか、今まで俯き加減だった生徒とは思えないほど。これは嬉しいです。今気づいてくれて良かった。
これがきっかけとなって、「わからない」から「わかる」に変わってくれたら良いなぁ…
ちゃんと努力する生徒には私も頑張ってサポートしていきたいと思います。

by ecc_nagai | 2014-10-18 21:55 | Lessons