2013年 10月 29日 ( 1 )

お別れ

近所のネコちゃんが日曜日に亡くなり、今日の午前中にはお骨になるということで、お別れに行ってきました。Dinaと同い年のオス猫ちゃんで、長年病気と闘ってきたらしいです。元気だった頃、いつも車の上やご主人のバイクの上で日向ぼっこをしていたり、玄関にチョコンとお行儀良く座っていたネコちゃん。
とても穏やかで綺麗なお顔をしていました。
当たり前だけど、冷たい体。やはりDinaを思い出し、涙が止まりませんでした。それでも、頑張ったね…と、体を撫でてあげたのですが、涙で霞んでしっかり見えませんでした。お別れができたので良かったです。
飼い主の奥さんもずっと泣いていたのか、真っ赤に泣きはらした目で最期の瞬間を教えてくださいました。

その後はStanzieを連れて病院へ。最近し出したコタツの中から出て来ないStanzieとWolfy。そのせいで脱水を起こしかけていました… 何とまぁ。でも、毛艶も良いし熱もない、体重もキープしているので、何とか大丈夫そうです。良かった。毎週病院通いはキツイけど、やはり飼い主として出来る限りをしてあげてます。
その後、先生と亡くなったネコちゃんの話をしていたのですが、ついつい、「Dinaの苦しそうな最期を思い出したら辛かった」と言ったら、先生は「いや、Dちゃん(先生はいつもDinaのことをDちゃんと呼びます)は闘い抜いたのよ。自分の状況と飼い主の想いを感じながら精一杯生き抜いて闘った最期だったんだと思うよ」と言ってくれました。凄く重い響きだなぁ...  そうだね、Dinaは闘いぬいた立派なねこでした。

今夜は亡くなったぽんちゃんとDinaを想いながらキャンドルを焚いて過ごしたいと思います。

a0136626_2394579.jpg

by ecc_nagai | 2013-10-29 10:51 | つぶやき