Russian...

Russiaと言えば、現在まさに開催中のワールドカップが
真っ先に頭に浮かぶと思います。
今夜は日本vs.ベルギーですので、
益々サッカーの話題でヒートアップしてますね。

さてさて、サッカーにあまり縁の無い私は、
Russiaと聞いて真っ先に思いつくのは
やはりどうしても素晴らしい作曲家たちや
演奏家たち。

名だたる作曲家の中でも特に好きなのが
Rachmaninoff(ラフマニノフ)、
Borodin(ボロディン)、
Mussorgsky(ムソルグスキー)、
Prokovieff(プロコフィエフ)、
Stravinsky(ストラヴィンスキー)、
Tchaikovsky(チャイコフスキー)といった順番かな。

特にRachmaninoffとBorodinが好きです。
たまに聴くBorodinのString Quartet No.2の美しいメロディーに
本当に癒されるというか、
「あぁ、やっぱりこの曲好きだなぁ…」と毎回思います。


弦楽器を学んでいたら、違う人生を歩んでいただろうか…
と思うことがあります。
ピアノは孤独というか、オーケストラでも室内楽でも、
ソロとしても狭き門。
でも、弦楽器をちゃんと学んでいれば、
室内楽やオケで他の音楽家たちと
より交流もある。
本当にうらやましい限りです。
今からでも遅くないよ、とチェロ弾きの友人に言われましたが、
40歳を過ぎて新しい楽器に挑戦する勇気は…流石にないなぁ。
でもいるんだよね、挑戦している人は。

そんなことを感じる日々です。



by ecc_nagai | 2018-07-02 09:55 | Music:音楽