Bullies...

意地悪な人間、陰湿な人間というのは
どこにでもいます。
いじめは学校でのみ起こることではありません。
地域社会でも起こる現象です。

いじめ行為をする人間の心理とは、どのようなものだろうか。

意地悪な人間って、どこか満たされない何かがあるのでしょう。
自分の不甲斐なさを、他人を悲しませることで満足するだけのsadistでしょうか。

相性の合わない人間と上手くやっていこうと頑張る必要はない。
喧嘩をしてしまう子供たちに、
「仲良くしなきゃダメでしょ」という大人。
そうかな… 本当に仲良くしないとダメなのか。
いや、私はむしろ敢えて距離を置いて
関わらないようにしたい。仲良くする必要はない。
例え、それが地域住民のような
簡単に変えられない環境にある人たちであっても。

陰湿ないじめ行為をする人間の心は狭い。
実は心が病んでいるのではなかろうか…
人の悪い噂を聞かされて、最初のうちは
「え?あの人ってそんな人だったの?」と思っても、
客観的に物事を捉えられる人は、全てを鵜呑みにしないはず。
大人のいじめもそうですが、大抵の場合は『やっかみ』か、
物事が上手く行かないことへの腹癒せ。
そんな人が私の周りにもわんさかいます。

ママ友いじめで苦しんだ友人。
話を聞くと、まぁそれは陰湿で。
子どもが絡んでくると、厄介ですね…
私はそのような経験をする事は無いでしょうが、
別の意味での陰湿な嫌がらせはあります。

心が荒んでいるのよね。
哀れな人たち…と思えるようになると、
気が楽になります。

陰湿ないじめに遭っている人、
気落ちしないでほしいです。
『業の法則』じゃないけど、
意地悪な人間はいつかどこかで
痛い目に遭いますから。


Have a nice weekend★



by ecc_nagai | 2018-06-09 13:55 | つぶやき