Chopin

今日はFrédéric François Chopinの誕生日。
2月22日という説もありますが、どちらでしょうか…
ピアノを学ぶ人にとっては、とても大きな存在の人。
ピアノのための曲を書いた人。ピアノのためだけ。
コンチェルトやピアノトリオなどもありますが、
やはりメインはピアノ。
エチュード、プレリュード、ノクターン、マズルカ、
ポロネーズ、ワルツ、スケルツォ、バラード、
アンプロンプチュ、ソナタ、舟歌、子守歌、
コンチェルト…
どの曲を聴いても、ショパンだとすぐわかる曲ばかり。
独特な美しさがあります。東欧って感じの。
私も学生時代、数多くの曲を学びましたが、
好きだったり嫌いだったり。
love & hate relationshipです。
私のような指の短いものにとっては、
彼の曲のリーチがとても厳しい。届かない!
大きな手で細い長い指の人に向いている曲ばかりです。
まぁ、白人のヨーロッパ諸国の作曲家がメインの
クラシック音楽なので、
指の短い人間には弾けない曲もたくさんあります。
その中でもMozartは弾き易いですね。

今日は一日Chopinを聴いて過ごそうか…
な~んて思っております。

やっぱりRubinsteinの弾く
Ballade No.4 Op.52が好きだなぁ…
この曲はとても難しい。きっと一生かけても
まともに弾ける日が来ないだろう…と思う程。
でも、この曲を弾くと、その美しさに惚れ惚れします。





by ecc_nagai | 2018-03-01 11:52 | Music:音楽