穏やかに・・・

日曜日の夜は、仕事をしながら音楽を聞いていることが多いです。
Chopin(ショパン)の21曲のNocturne(ノクターン)『夜想曲』はどれも好きですが、実はこのOp.15のヘ長調は特別に好きです。
A-B-Aの三部形式になっていて、穏やかなAセクションとは対照的な激しいBセクション。そして、穏やかなAセクションで穏やかに終わる・・・ この曲ほど手こずった曲は無かったような気がします。本当に難しい曲でした。

          

Chopinの演奏で、どうしても惹かれるのがRubinstein(ルービンシュタイン)の演奏。このNocturneは素晴らしく、ただただ美しいです。

by ecc_nagai | 2011-10-16 22:28 | Music:音楽