タグ:My Friends ( 21 ) タグの人気記事

ありがたい

10代での留学中にアメリカで知り合った
大親友がいます。
今まで何度かブログにも書いてきましたが、
彼女のコーチングスキルに色々と学ばせてもらっています。
今、韓国に拠点をおいている彼女。
ちょくちょく日本に戻ってきたり、
ビジネスでアメリカに行ったり。
重い病気を抱えている息子の看病をしながら、
世界各国の人たちにオンラインでコーチングをし
自分のスキルを磨いています。
私もそのスキルにお世話になることに。
彼女に色々と話を聞いてもらっているうち、
ほんの1時間とはいえ、
見えなかったことが見えてきたり、
敬遠してきた自分と向き合ったり、
本当に様々なことを考えさせてもらいました。
不安だらけの毎日で、自分のスキルに自信が持てなくなったとき、
彼女から問われる質問に対する自分の答えに
驚いています。
そうか、普段は何も考えないようにしていたけど、
結局こういうことかも…という感じに。

この仕事をしていると、様々な人間関係に惑わされます。
本当は英語・英会話に集中したいんだよね…
様々な家庭環境や親子問題、兄弟関係に振り回されず、
単純に英会話の楽しさを伝えたいだけ。
それだけなんだけど、
そこが人間関係の難しさです。

英語もコミュニケーション。
人間関係もコミュニケーション。
言葉遣いや顔の表情、声のトーンのみならず、
心の持ち方ひとつで、生徒たちや保護者の皆さんとの距離感が変わっていきます。

今日は彼女との記念すべき第一回セッションで
本当に様々なことを感じ、学びました。
早速facebookで彼女も心境を載せていたけど、
彼女自身も色々と感じることがあったようで、
お互いに同じ思いだったことが本当にうれしい。
やはり、持つべき友は心から信頼できる友です。
frenemy (friend+enemy、『友を装う敵』)はいらない。
自分のなかで、このfrenemyの存在が大きかったかもしれません。
心のバランスを平気で崩しにくるような、友人ぶっている人には気を付けなくては!

Have a nice weekend!







by ecc_nagai | 2016-11-26 00:21 | つぶやき

Therapist

What a day...昨日は色々あって、全く眠れず…
気分転換をするのにfacebook上で、と言うか、
facebookのチャット機能のmessenger(LINEみたいなもの)で
友人たちと話をしました。
時差があるので、かなり遅い時間までネット上で喋ってしまいました。

本当、持つべきものは何でも言い合える友人です。
残念ながら、日本にはあまりいませんが…
自分のやっていることを否定されると、
悲しさと悔しさと怒りで、どうしようもないやり場のない感情に襲われます。

何が嫌って、教室に見学しに来てレッスンに参加し、
こちらは手探りでその人の英語状況を見ながら気を遣って上げたのに、
その初対面の高1に避難されたこと、かな。
何をわかって言っているんだか…
大した英語力も無かったくせに〜ってね。
高校に入って一年目の"smart ass kid"に
何でもわかっているかのように非難される私。
言葉が悪いですが。私も人間なので。
冷やかしに来たわけ〜? 本当に失礼ね。
あーあ、情けない。今回ばかりはガブ飲みしましたemoticon-0119-puke.gif

話は長くなりましたが、私にとってのtherapistたちは
海外にいる大学時代の友人たち&恩師たち。
酷く落ち込んだ時、必ず愚痴こぼしをし、彼らの愚痴も聞きます。
お互い様…でないとね、友人関係は。
それにしても、久し振りmessangerをonにしたら
バンバン入ってくる。驚きました。
ドイツにいるAldo、台湾をまさに今出国する状態だったEllen。
彼女とは12時間後また話しましたが、その時はカリフォルニアの彼女の家から。
テキサスに住む友人、今大阪にいる大親友のともみちゃん、そして大学時代の恩師たち。
その後、ホームステイをしていたホストファミリーの次女、Stephanieと話しましたが、長女のJessicaが近所の家で留学生の受け入れをしたいと言うので、
真っ先に姪の将来のホームステイを予約!
その間、私は近所のLindaの家にお世話になることにし、
姪にも弟夫婦にも何も言わずに勝手に決めてしまいました。
大丈夫だろうけど。まだ小さいから数年後ね。
弟夫婦も、いずれは…と思っているようで、
どうせ行くなら私のホストファミリーが良いだろうと思っていたようですので、問題ないんじゃなかろうか。って、勝手に思っております。
ヨロシクね〜 って感じ。

そんなこんなで、仕事をしながらチャットに明け暮れた今日。
その間、近所の病院に転院した伯母のお見舞いに行ったりしましたが、
ますます気が滅入ってしまいましたemoticon-0106-crying.gif

昨夜は2時間しか寝ていないのに、今夜も寝れそうにありません。
当分、友人たちからのtherapyが必要…
No Respect, No Life! と大勢の人に言いたい!



by ecc_nagai | 2016-11-14 00:31 | つぶやき

何とも…

来月の大統領選に向け、益々ヒートアップするアメリカ。
先日は、あのHarry Potterの作者が皮肉をtweetしたら、
アメリカ人のフォロワーに噛み付かれていましたね…
イギリス人には関係ない、みたいに。
でも、アメリカほどの大国が世界に与える影響は大きい。
そうなると、アメリカだけの問題ではないんです。
"Make America great again" ですって?
まぁ、それなりに頑張ってほしいわね。
いつ、何がgreatだったのか…って感じですが。

facebookでもかなりヒートアップしています。
さすがに、私の友人の中にTrump支持者はいませんが、
その反面、Hillary支持者も少ない。
でも、この2人から選ばないといけないとなると、
Hillaryしかいない…と、落胆ムード。
更に、
Hillary支持者の友人とHillary大嫌いBernie支持者の友人が
facebook上で決裂…
外野で見ながら、悲しいものです。
別の友人は、
I'm slowly walking away till everything is over...
と一時的に退散するほど。
仲の良い(良かったはず)の友人たちが、
facebook上で汚い言葉で両候補を罵り合うなんてね。
大統領選が終わって、蟠りがとけるのかしら…
何だか、嫌な状態です。





by ecc_nagai | 2016-10-17 11:38 | United States:アメリカ

Laura!

Laura!!!
って言うと、西城秀樹の歌を思い出すって、古い…
確かに、私の世代の人間にとっても古いけど。
今日は、大大大大親友のLauraの誕生日。
大学生活において、彼女ほど信頼できる友人はいませんでした。
ノート、レポート、テスト準備、全てにおいて彼女は完璧。
すごく頭がキレる!
ある教授にも、
Ask Laura. She knows what.
と言われたくらい。
教授にも信頼される効率の良さ。
彼女との演奏も楽しかった。
彼女のノートの取り方に、多くのことを学びました。
数えたくないくらい、何年も会っていません。
でも、facebookを通して連絡を取り合っているので、
寂しくありません。
良い時代ですね… 高いお金をかけなくても、
facebookでチャットはできるし、
messengerでただで電話もできるし。
だからかなぁ… 会えなくても気にならないのよね。
会いすぎて、知らなくても良いことまで知り尽くして
嫌いになっちゃうより良いかもって思ったり…
会えない寂しさもありますが、この適度な距離(実際は飛行機で12時間の距離がありますが)があるから、
より大切な友なのかもしれないし。
Lauraは特別な大親友です。





by ecc_nagai | 2016-09-29 23:37 | My Fridends:友だち

Just Now...

Finished talking to an old friend of mine from San Diego...

たった今、韓国に住むSan Diego時代の大親友と電話で話したばかりですが…
やはり、10代後半〜20代前半の、若くてバカで世間知らずだった私を知っている人なので、心にずっしり何かが来ましたね。1時間以上も話してしまいましたが、本当に久し振りに話したのに一気に昔の私たちに逆戻りしたような、不思議な感覚になりました。
古い友人がいるということは、幸せなことですね…

今、彼女の10歳の息子ちゃんは、必死に脳腫瘍と闘っています。
会ったことはないけど、Facebookを通して赤ちゃんの頃から息子ちゃんの事を知っていたので、病状について知った時はショックでした。
話を聞くと、去年の9月頃から症状が出ていたけど、色々あって今年1月に大手術…
今は抗ガン剤治療をストップして、息子ちゃんのQOL (Quality of Life) を優先しようか…とのこと。
かなり辛い判断だったと思います。
私も、ついつい「でも、Tちゃんは強いから…」と言ってしまうけど、(実際に私には信じられないほど強い人だと思っているけど)、本当は泣いてばかりいるようです。当たり前だわね… 大切な息子ちゃん。自分が代わってあげられたら…と思うのだと思います。
私には、到底測り知れない苦しみと悲しみを味わっているんだと思います。
近ければ、すぐにでもとんで手伝いに行ってあげたいと思うほどですが、何もできないのが心苦しいです。
もっとお勉強したいと思いながら毎日を精一杯過ごしている息子ちゃんの事を想うと、当たり前に身体的苦痛のない、当たり前の生活を送っていることがどれだけ幸せで有難いことなのか考えさせられます。

「misaも韓国においでよ〜」と、学生時代と変わらない口調で言ってくれたTちゃん。本当は物凄く辛いはずのに… 心が痛むとは、この事です。
少しでも息子ちゃんの痛みが和らいでくれれば…と思います。

by ecc_nagai | 2016-05-16 00:50 | My Fridends:友だち

親友

アメリカで苦楽を共にした友人は数多くいますが、喧嘩しても何だかんだ言って本音で言いあえた友人は少ない。そんな中、私がアメリカでの学生生活を始めたその瞬間から今の今まで友人と呼べる人がいます。
彼女は、一応日本人ですが、お母さんが韓国人で今は亡きお父さんが韓国人と日本人のハーフ。
生まれも育ちも広島ですが、ハワイの高校を卒業し、本土の大学に入学。
とても賢い人で、大学院を卒業後、日本では関西の大学で助教授にまでなった彼女。
今もFacebookを通してやり取りはしていますが、今年の1月に大変な状況だったことを知りました。
韓国人のご主人と結婚し、二人の可愛い息子ちゃん達をもうけ、幸せな生活を送っているものだとばかり思っていました。でも、いつの間にか離婚をし、二人の息子ちゃんと共に韓国へ。もともと韓国語もネイティブ並みに話せる彼女は韓国に移住し、日本と韓国の大学で教鞭をとる生活。
そると、1月の後半に大変な投稿を目にし…

長男のTちゃんが、ステージ4の脳腫瘍で大手術をし、韓国の病院での闘病生活を送っているとの事でした。

痛々しいほど包帯を巻かれて、まだ意識が無さそうな状態の術後の写真。
その後も、大変な放射線治療を経て、入退院を繰り返すTちゃん。
普通なら、そんな姿さえ写真に収めておくのも辛いだろうに、彼女は写真と共に経過報告をしています。必死にその病状と治療報告をしながら、彼女なりに心の整理をつけているのでは…と思いながら、この2か月間を過ごしてきました。本当なら、傍に行って手伝ってあげたいほど。日韓間を行き来し、アメリカにもたびたび仕事で行っている様子。それでも、前向きに人生を楽しむ様子もうかがえる…
あらためて、彼女の強さに感服です。

20年以上友人関係にあっても、今となってはなかなか会えない… でも、強い彼女の弱い面を知っている私としては、本当に切なく哀しい思いで毎日彼女の投稿をじっくり読んで見守っているだけ。

退院を許可されても通院は欠かせない息子のTちゃん。車椅子に乗ってバスで病院に行こうとする友人とTちゃんは、韓国のバス事情の嫌な差別をも投稿していました。車椅子でバスに乗ろうとすると拒否されたり、嫌な顔されたり… 建物の中でも、エレベーターに車椅子で乗ろうとすると、乗れないようにみんな慌てて乗り込んで、「乗れないよ」と言われる…とか。何て酷い!!!と思っても、お国が変われば…という感じでしょうか。日本で闘病できないものか、と言いたかったけど、そこは韓国人の元夫との何かがあるのでしょう。もちろん、家族間で決めたことでしょうから、私がとやかく言う場ではないと思って何も言わない事にしました。

障害や大病を患い、大変な思いをしている子供たちがいる一方で、信じられない虐待の報道。
何でこんな事が起こるのか… 何の因果があって… とさえ思ってしまう。

不公平な世の中を恨んでも仕方が無いので、前向きに出来ることを真摯に取り組んでいくしかないですね。私は彼女から色々な事を教わり、考えさせられ、何より人種間の偏った考えを持つことの恐ろしさを教えてもらいました。恩人のような友人が辛い日々を送っていると思うと心が痛みますが、彼女が頑張っている姿を見て自分も頑張らねばと思う日々です。

by ecc_nagai | 2016-03-30 11:41 | My Fridends:友だち

アメリカの母

私が2年以上お世話になった、アメリカの母。
英語&英会話のみならず、微妙なニュアンスの違いや社交辞令、皮肉な表現や汚い言葉まで様々な事を教えてもらいました。最初のホストファミリーから救い出してくれたのもこの人。ハロウィーン、感謝祭、クリスマス、イースター… アメリカ文化について、食文化について様々な事を教えてもらいました。

a0136626_13471022.jpg


アメリカに初めてトヨタ車を輸入した人の娘でもあります。お母さんは有名なホテルのオーナー、父親は有名なトヨタのディーラー。絵に描いたような大金持ちの娘で、メキシコ人のお手伝いさんに育ててもらったらしく、スペイン語が堪能でした。私の両親がSan Diegoに来た時はいつもお母さんのホテルの一室をを信じられない価格で提供してくれたっけ…

やはり、美しい人です。彼女の家で生活したお陰で、今の英語力があると思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

Thank you, Linda. You taught me so much, and you've made me what I am today.
彼女の家で過ごした2年間は、私の人生の中での宝物です。
I'll cherish every moment I spent with you, every word you gave me.

by ecc_nagai | 2015-11-21 13:43 | My Fridends:友だち

Paris

a0136626_21555456.jpg


色々と思うことはあります。感情的になり過ぎるのもどうか…とか、じゃあ、前日のレバノンの状況は無視して良いのか…とか。でも、やっぱりショッキングで、悲しくて、涙が出ます。

大好きな友人のAldoは、月曜日までParisにいました。facebookで楽しそうな写真がuploadされていて、良いなぁ、私も行きたいなぁ… と思っていたばかりだった。

Paris was an amaging place...

と、Aldo。

a0136626_22253934.jpg


I'm just relieved you're safe. なのよ、Aldo。いつドイツに帰ったのか…と思うと、心配でお腹が痛くなった。

あの日、何だか胸騒ぎがして、異様に寂しくて、facebookの友達ととにかくmessengerを使って話をした1日だった。

アメリカにいたときも思ったけど、あんな酷いことをした人たちにも親はいるんだよね… 家族はどんな思いだろうか…と、ついつい考えてしまう自分にも驚いたっけ。悪人を擁護する気は全く無いけど、悪人を作ってしまう状況が一体何なのか… そこに至った経過がどんなものだったのか… そんな事を考えてしまいます。
かわいそうに… ただ週末の夜を友人や家族、愛する人たちと過ごしていただけのParisの人々。たまたまそこにいてしまった旅行中の人々。誰にでも起こり得る事だからこそ、悲しくて悔しくて怖ろしくて、涙が出ます。

by ecc_nagai | 2015-11-15 22:30 | Europe

Florida

フロリダに滞在中の友人から届いた写メです★

Salted Caramel Mochaですって↓ 友人曰く、結構塩気が強かったとか。
a0136626_19340242.jpg




アメリカが考えるアジア料理と言えば、こんな感じ↓ 本当、こんなんだったなぁ…
a0136626_19340286.jpg




私は一度も使ったことがなかった$1コイン↓ Statue of Libertyなのね…
a0136626_19340274.jpg


a0136626_19340273.jpg




おトイレ事情も随分変わったわね… 自動でトイレシート出すんなら、heated seatにしてよねって感じ。どれだけ待つのか知らないけど、面倒なものを作ったわね。日本の温かい便座は世界に誇れる最高の物。自動シート敷きってどうなの? 変なの。
a0136626_19340394.jpg




アメリカには変なものがありますよ。無駄に大きい物とか車とか。道路が広いから良いってことでもないような気がするけど… トイレは相変わらず馬鹿げてるね〜

とは思ったけど…
よくよく考えたら、案外便利なものかもしれないわね。でも、センサーで出さなくて良いとは思うけど、ボタンに触りたくないとか色々あるのかもね。公衆トイレなら、絶対にシートを使うわけだから良いのか。な〜んて考えておりました。

by ecc_nagai | 2015-11-09 19:32 | United States:アメリカ

Krispy

Cちゃん、Thank you sooooo very much!!!
超久々のKrispy Kremeのglazed...
今日は、I'm in heaven... 懐かしい、アメリカの味。
日本に進出したのが2006年だとか。嘘でしょ… 帰国して4年後か。つい最近じゃない。
しかも、東北地方には1店舗も無い。
What's up with that??? 本当、どういうこと?
もう、本気で盛岡に住んでいる自分が嫌になる瞬間。もう、本気でSan Diegoに帰りたい。飲まなきゃやってらんない。
それにしても、
I just LOOOOOOVE their glazed...
Justinの出身地が発祥と言うKrispy Kreme。先日もJustinともその話題で盛り上がったわね〜
Cちゃんのおみやげには、いつも泣かされます。
本気でありがとう‼︎

by ecc_nagai | 2015-10-03 21:39 | My Fridends:友だち