母校へ…

先月はピアノの審査を2回もし、
今月は英語の審査も依頼されました。
会場は母校です。
久し振りの母校へ… 緊張するなぁ。
ここ何年も行っていないのですが、
きっとそこまで変わっていないだろう…と
思います。トイレはかなり変わったらしいですが。
来週は児童英検への引率、
その次の週は朝早くから審査。
今月も日曜日が潰れます…
でも、ありがたい経験です。



# by ecc_nagai | 2017-02-04 20:07 | English:英語

英検合格者続出!

昨日、本年度第3回英検の結果が発表されました。
3級以上は一次試験の合否の発表ですので、
この後に緊張する二次試験が待っています。

昨日から今朝にかけて、メールなどで多数の合格の連絡を受けております。
ここのところ、毎年のように中学2年生以下で準2級に合格する生徒に
恵まれております。頑張ってますね~★

初めて5級にチャレンジした小学校低学年にとっては、
本人以上に親御さん方が喜んでいるようです037.gif

二次試験も頑張ってくださ~い060.gif



# by ecc_nagai | 2017-02-04 09:08 | つぶやき

笑って泣いて

何故か子供の時から歌舞伎やお囃子が好きで、
気づいたら5年前に亡くなられた18代目中村勘三郎さんの大ファンになっていました。
亡くなられた時は、大勢のファンの方々同様、
悲しくて悲しくて、涙が止まりませんでした。
日本の芸能において、これほどの損失があっただろうか…
それほどの衝撃と悲しみでした。
今夜のテレビで放送された中村屋ファミリー初舞台の番組。
レッスンでon timeでは見られませんでしたが、録画して見ました。
いいですねぇ、中村屋。今後が楽しみですね。
泣いて笑って泣いて笑って。
こんな小さい頃からプロとして活躍し、
大物俳優たちの立ち居振る舞いを見て学んでいるんだと思うと、
鳥肌が立つというか、何というか。
こういう環境の中で育っていく血筋の濃さが
ある意味、羨ましくさえ思いました。
文化芸術を生業にするということは、
厳しさはあるけど得るものも大きいんだろうと思います。
日本の伝統芸能も西洋のクラシック音楽やバレエも
やはり基礎があっての芸術です。
発祥地や目的は違えど、聞いている人&見ている人を
楽しませ、笑わせ、癒す芸事の素晴らしさに
改めて感動しました。




# by ecc_nagai | 2017-02-03 23:30 | つぶやき

Talking About Control

J.S.Bachが65歳の生涯で書いた曲は1000曲以上あると言われています。
管弦楽&協奏曲などの合奏曲、
弦楽器と鍵盤楽器、木管楽器と鍵盤楽器など、アンサンブルで演奏される室内楽曲、
ヴァイオリンソロ、チェロソロなどの楽曲、
管弦楽と合わせたオラトリオやミサ曲、受難曲、カンタータなどの声楽曲、
そして名曲ぞろいのクラヴィーア曲(鍵盤楽器)。
ピアノを専門に学ぶ人は避けては通れない作曲家です。
学べば学ぶほど深く、難しく、美しく、切なく、指のコントロールに悩まされる曲ばかり。
そんな数多くのクラヴィーア曲の中に、「平均律クラヴィーア曲集」があります。
ピアノの鍵盤を想像していただきたいですが、白鍵はドからシまで7音、
その間の黒鍵は5音あります。
ド-ド#-レ-レ#(ミ♭)-ミ-ファ-ファ#(ソ♭)-ソ-ソ#(ラ♭)
-ラ-ラ#(シ♭)-シ
英語だと、
C-C#(D♭)-D-D#(E♭)-E-F-F#(G♭)-G-A♭(G#とはいわない)-
A-B♭(A#とはいわない)-B-C

a0136626_09530824.jpg



日本ではドイツ音名が主流だそうですが、私はアメリカで勉強したので
ドイツ音名は全く知らないし、知らなくても問題ありません。
この12音階の長調&短調全ての音階でBachはプレリュードとフーガを作りました。
しかも、その曲集は2巻! 英語ではBook I & Book IIと表記されます。
つまり、1巻24曲なので、全部で48曲!
全てが素晴らしい曲で、Bachの脳はどうなっていたのか、
どうしてこんなに完ぺきな曲が書けたのか、死後267年たつ現在も研究がされています。
Bachは「鍵盤楽器があらゆる調で演奏可能となるように」これらの曲を作りました。
あのBeethovenやChopinも全曲学び全曲弾けたという逸話があります。
BeethovenがBachの影響を大きく受けているのは、明らかですからね。
どれも好きでどれも素晴らしくて、どれも難しい。
私は今年、頑張って全曲を弾こう!(弾けなくても分析はしよう)と思っております。
目標を立てるのは自由なので。
ただ、フーガは難しいのよね…2つの手で5つの独立したパートを持つ
フーガもありますから。それをきれいなハーモニーで表現するのは難しい。
学生時代、自分の気に入った曲のみピックアップして何曲か学びましたが、
この年齢になって改めてその素晴らしさを実感するというか何というか。
Bachの曲全曲を知るまでは死ねない…なんて、思ったりもします。

さて、動画はそんなBook IIからト長調のプレリュードとフーガ。
Bachのト長調は太陽のような明るさと温かさが特徴で、
ト長調の名曲は数多くあります。
ピアニストの指のコントロールが素晴らしい。
私もこんなコントロールほしいです… great dexterity.


毎日全曲聞いていたい気分です。



# by ecc_nagai | 2017-02-02 12:40 | Piano:ピアノ

Executive Orderね…

Executive Orderとは大統領令のことです。
大統領の特権。議会の承認を得ずに行使できる権利。
やはりDonald TrumpはDonald Trumpだね。
早速、世界に混乱を招いています。
この人、4年間もつのかな… 
アメリカの国際空港はどこも大騒ぎです。
今のところ、特定の国のみ対象だそうですが、
学生ビザも就労ビザもグリーンカードさえ持っていても
空港で止められて、最悪の場合、強制送還だとか。
これはただ事ではありませんね…
何も特別問題ある身分ではなかった私でさえ、
学生ビザをもって入国するときは厳しくチェックされました。
さすがに何かを疑われることはありませんでしたが、
LAX(ロスアンゼルス国際空港)の入国審査は異常な厳しさだったのを覚えています。
嫌な輩が多かったわね…
あの入国審査だけで何度泣きそうになったことか。
最後は反抗することもできましたが、
外国人というだけで酷い言葉を浴びせられたり
嫌味を言われたりね。
あの時の審査官の嫌な顔は一生忘れない。

3歳児、5歳児、6歳児までが入国を拒否されている事態。
子供がなんの脅威だというのか。
本当に嫌な大統領が出たものです。
私はアメリカ国民でもグリーンカード保持者でもありませんが、
Donald Trumpの政策に断固抗議したいです。




# by ecc_nagai | 2017-01-31 21:51 | United States:アメリカ

久し振りの感覚でした

昨日は1月最後の日曜日でしたが、半日ピアノの審査をしました。
2014年以来だったので、3年ぶりか…
久し振りに大勢の演奏を聴いて、学ぶ事が多く充実しておりました。
受験者の演奏はさておき、自分にとってプラスの経験だったと思います。
東京の名門音大の教授もいらして一緒に審査させて頂きましたが、
やはり何においても指導者の力が試される…
つくづく感じました。
中高校生の感性をどう引き出すのか、
西欧の音楽を演奏するにあたって、技術面以外に何を学ぶべきなのか、
指導者は何を伝えるべきなのか、
色々考えさせられました。
英語を教えていても感じる事ですが、
「やらされている」状態では、何も頭に入って来ません。
英語も他の教科も難しい、と思うことは自然なこと。
難しいから努力するべきなんだけど、
いつの時代も怠けて楽して何かを身につけようという人は
絶えません。
スポットライトを浴びて光り輝く人も
どこかで血の滲むような努力をしているのよね。
自分も自分なりに死ぬ思いで努力をした経験があるので
努力をしないで楽に英語やピアノを習得しようとする人を見ると
腹が立つのだと思いました。
人は人でそれぞれのアプローチがあるのにね。
そんな事を考えさせてくれた昨日です。
充実した1日でした。



# by ecc_nagai | 2017-01-30 14:46 | つぶやき

調子…良さそうです

a0136626_21275065.jpg

昨日も今日も嫌な事続きでしたが、前向きに頑張る力をくれるWolfy君です016.gif
一週間前に比べると、別猫です。



# by ecc_nagai | 2017-01-27 21:25 | My Cats:ねこたち

調子

土曜日遅く(正確には日曜日の午前2時ごろ)に
2回目の発作を起こして以来、
ちょっと元気がないかなぁ…
ひょっとすると、長くは持たないかもなぁ…
と悲しみに襲われた月曜日。
何も食べず、水も飲まず、ひたすら薄く目を開けて
調子が悪そうだったWolfy君でしたが、
3度目の小さな奇跡が起こり、
月曜日の夜遅くに調子を取り戻してきました。
ご飯も食べ、水もたくさん飲み、呼吸も穏やかになりました。
この子には何よりストレスが大敵のようです。
もう、病院には連れて行けません。
心電図をとって検査を、と言われましたが無理です。
私たちの決断は、このまま、今まで通り薬を飲ませて
穏やかに余生を過ごさせること。
先生方にはお世話になりましたが、きっと落ち着いても
また病院に連れて行けば発作を起こすでしょう。
もう、あの発作に耐えられるだけの体力と心臓ではないような気がします。
悲しいけど、延命治療なども受けないことにしました。
17歳まで生きたWolfy君。
可能な限りストレスを与えず、大好きなベッドでぬくぬくと
穏やかに過ごしてもらおう…
DinaやStanzie同様、Wolfy君にとっては私のそばが一番のようです。



# by ecc_nagai | 2017-01-26 10:14 | つぶやき

幸せ…だったかな

1月に入って2度も大きな発作に苦しんだWolfy君。
日々、体力が失われていく姿に悲しさしかありません。
安易に飼うことになってしまった約20年前。
それでも、日々猫に魅せられて完全に犬好きから猫好きになり
20年近くも猫と暮らしてきたので、
いなくなる寂しさに耐えられるのか心配です。
小さく痩せ細ってしまったWolfy君は日本で幸せだった…よね。
DinaもStanzieも壮絶な最期でした。
あまりにも苦しんだ最期だったので、Wolfyには穏やかに…
と思っていたのに、神様は私に試練を与えたいようです。
いつかは来る別れですが、やはり辛いですね。
すっかりWolfyに心を奪われている母は悲しみのあまり
「二度とペットは飼わない」の一点張り。
二度と同じ思いをしたくないようです。分かります。
私も母がいるから、仕事中も安心して面倒を見てもらえたけど、
気がつけば母も70歳になります。この精神的辛さには耐えられない…と。
私も無理かな… 悲しいけど。
動物を飼うと言うことはこういうことです。
お金もかかります。私は飼った責任でお金をかけました。
親が子供にお金を使うように…ね。
悲しいかな、それをバカにして笑う人もいましたね。
でも、動物を飼い最期まで面倒を見ると決めた以上は責任があります。
ペットブームも良いけれど、猫や犬の寿命は短い。
可愛いからこそ悲しい別れです。
とにかく苦しまず穏やかに… それだけです。




# by ecc_nagai | 2017-01-23 23:20 | つぶやき

いや〜

凄かった‼︎
Federerの大ファンですが、もちろん錦織圭くんを応援しましたよ。
やっぱり、Federerはかっこいい。強いですね。
ファイナルセットまで行ったら、やっぱり勝ってほしかったですが
そこは勝負の世界。圭くんのメンタルの弱さが明らか。
何が違うんだろうなぁ… スポーツを見ているといつも思います。
欧米人にできることが日本人にできないって、どういうことかな。
でも、すごい試合を見せて(魅せて)いただきました。
久しぶりに大興奮。
Murrayが負けてしまったのはとても残念ですが、
と言うことは、Federerの優勝も見える‼︎
頑張って欲しいですね。Federer復活なるか!
楽しみです。



# by ecc_nagai | 2017-01-22 20:57 | つぶやき

残念です

文科省の不祥事、とても残念です。
辞任した前川事務次官。
直接の面識はありませんが、昨年東京でのパネルディスカッションの時に
会場でお話を聞きました。
ネットで言われているほど悪い印象ではなかったけど。
現役の高校生達とのディスカッションで
結構良いこと言っていたと思ったのになぁ…
失望した高校生達のことを思うと涙が出る。
本当にがっかりです…



# by ecc_nagai | 2017-01-20 21:40 | つぶやき

Tomorrow is...

Inaugulationです。とうとう、この日になります…
正式にDonald Trumpがアメリカ大統領になる日。
こんなに恐ろしいことは無いような気がします。
誰かが、"It's going to be one of the worst days of American history."
と言っていました。
Facebookの友人たちも一様にanti-Trumpの意見を書きまくり。
そうね… いまだに当選したのが信じられないくらい。ジョークだと思ったのに。
Obamaのまともさが眩しい。
私はMichelle Obamaを尊敬して止みませんが、
First LadyがあのMelaniaってね。
モデルを馬鹿にするわけじゃないけど、リフトアップしまくりの彼女に務まるのか…

アメリカは世界で最も影響力のある国なので
自分主義のTrumpの政策が果たしてどこまで世界で通用するのか
見ものだと思います。
この就任間際になってもTwitterで暴言を吐く品の無さ。
大統領選の際のサポーター達も彼の素行に辟易し出し、
Trump離れが急激に進んでいるようです。身から出た錆よね。
彼を選んだことにこんなに早く後悔する日が来るとはね…

土曜日の午前2時ごろに就任演説が見られるようですが、
起きてまで見ようとは思いません。
Obamaの時は見たけどね。



# by ecc_nagai | 2017-01-19 10:22 | United States:アメリカ