加湿器

この時期、乾燥が気になりますね…
迂闊にも、風邪をひいてしまったようで、声がガラガラ…
あまり体調を崩さないので、自分でも驚いておりますが、
風邪をひくと声がガラガラになることがよくあります。
さて、乾燥が酷くなると加湿器が必要になります。
英語で何というかというと、
humidifier ー 『ヒューミディファイア』で、『ミ』が強くなります。
本当、英語をカタカナ表記にするのは難しい‼︎
必要だけど、意外に置き場所に困るのよね、加湿器って。

風邪引きが増えているので、皆さんもお気をつけて〜★



# by ecc_nagai | 2017-11-29 23:49 | つぶやき

Being Bilingual ①

私は日本生まれで日本育ちではありますが、
18歳から25歳までアメリカで生活していたこともあり、
俗にいう "Bilingual"『バイリンガル』です。
バイリンガルは2つの言語で話せる能力を持つ人を意味する語です。

最近、英語学習が板についてきた小学生たちに
バイリンガルであることや、アメリカ時代のことを尋ねられることが増えました。

アメリカに住んでいた時、日本人の友達はいましたが、
最初の2年間のホームステイ先はバリバリの白人アメリカ人家族の家だったので、
ほぼ英語漬けの生活をしておりました。
すると… なんと!日本語を忘れることがあります。

さすがに日本に帰国してからは忘れることは減りましたが
英語を聞いていちいち日本語に置き換えることをせず
英語は英語として微妙なニュアンスをも解釈するので
いまだに「日本語で何て言うっけ?」ってことはしょっちゅうです。

さて、帰国して早くも14年が経ちましたが、
いまだに違和感を感じることは多々あり…
最近も親しい友人とその話になったので、
まぁ一般的な『バイリンガルあるある』を一部紹介します。

①日本語のクセの強いカタカナ発音だと何を言っているのかわからない
これは嫌味でも何でもなく、長年英語圏に住むと誰でもそうなると思います。
例えば、知人が「トラウマになった」と言っているのを聞いて
「トラウマ?虎と馬がどうしたの?」って感じで。
英語ではtraumaで発音は 『tローマ』となり、『ト』とはっきり発音せず
『ロ』が強くなります。
"Oh, trauma."ってね。自慢や嫌味じゃなく、そうなってしまいます。
ちなみに、経験上「トラウマになるほどの酷い経験」に対して
"trauma"1語じゃなくて"That was traumatic."と
形容詞で表現することが多かったような。
しかも、病院の救急センターみたいな場所のドキュメンタリー番組に
"trauma"ってあったような気がするけど、だからか、
"trauma"は精神的なことより外傷的なイメージがある。

②バイリンガルの友人と話をしている時が一番落ち着く
日本の友人のほとんどは日本語&英語のバイリンガルですが、
彼ら彼女らと話をしていると、何語で話している、とか意識せず
普通に2か国語になります。
レストランでこの状態だと、すごく好奇な目で見られることがありますが
WE DON'T GIVE A ****! で~す★
だからかな、Podcastで"Bilingual News"を聴いていると
すごく共感してしまい、2か国語だという意識さえなくなります。

③感情的になると英語になる
なぜかなぁ… 車を運転していてマナーの悪い人の割り込みとかムカッと来ると
start cussing in English ですよ、常に。
私はアメリカで車の運転免許を取得して日本で外免切替したので
車の時だけは英語で物事を考えていることが多いです。
最近もカナダ人の友人を車に乗せた時、
マナーの悪い嫌な感じのおじさんの運転に英語で切れまくり。
だからと言って、勿論、何もしませんよ。
助手席に乗る友人を見て、逃げるように去っていったおじさん…
本当、運転していて怖いおじさん多すぎます。
そのくせ、外人恐怖症! 笑っちゃうわね。

④アメリカ英語のバイリンガルはイギリス英語にあまり馴染みがない
当たり前ですが、アメリカに住むとアメリカ英語、イギリスに住むとイギリス英語、
オーストラリアはオーストラリア英語になると思います。
それに加え、国によっては地域ごとに独特な流れやイントネーションの違いがあるので
結構ややこしい。
日本に帰ってきて、スマホの前の携帯電話を「モバイルフォン」と言う人がいたけど、
アメリカで『モバイル』と言う言葉を聞いたことがあまりありません。
mobile を「モバイル」と『バ』を強く言うのはイギリス式だそうです。
アメリカ英語らしくカタカナにすると、『モーボル』『モウボル』?
と『モ』が強くなり、『ボル』の部分もはっきり言わない。
(英語をカタカナ表記にするのは難しい…)
大体にして、アメリカで『携帯電話』はcell phoneだしね。

⑤カタカナ英語や変な発音に違和感を感じる
正直、バイリンガルぶって発音が下手だと、「え~ Seriously?」となる。
数週間、数か月程度の留学でバイリンガルぶる人は結構います。

⑥テレビ番組で見る日本語字幕が気になる
バライエティ―番組でハリウッドスターの話の字幕を見ると
「言ってることと違うしー」になるし、
ニュース番組を字幕で見ると
「キャスターが言い終わる前に勝手に終わっちゃうしー」です。
これは正直イライラします。ニュース番組は本当にひどい。
日本にいるアメリカ人が見ていたらどうするつもり?
みんながみんな、字幕を見ていると思ったら大間違いよ!と言いたくなる。
だから、字幕にフォーカスして敢えて音声を聞かないようにしている、
というバイリンガルの友人もいますが。
何かをしながらニュース番組を聞いていると
突如番組が変わってしまうから、What? 「はぁ?」となります。

さて、今回はここまで。
他にもいろいろありますよ~ バイリンガルならではの逸話。
でも、バイリンガルで別に損をしたことはないかな。
変な質問や要求にこたえるのが面倒くさいことはありますけど(笑)
「英語で何か言ってみて~」とかね。本当、バカらしい。

Have a nice Wednesday~★






# by ecc_nagai | 2017-11-29 12:01 | つぶやき

I Wish...

I could be there RIGHT NOW!!!


a0136626_16145522.jpg

昨日、たまたまBS Newsを見ていたら、Franceのニュースでした。
もちろん吹き替えで…
英語以外のニュース番組は吹き替えか字幕。
それはさておき、今年もXmas Marketがヨーロッパ各地で始まっているようです。
素敵ですね~★ 今すぐにでも行きたい!
いつかは行きたいと思いますが、phew... そんな日が来るかしら。
ホームページを見たら、本当に奇麗で素敵で、
現実逃避にピッタリ★
このXmas Marketですが、最近はまがい品を売る店舗が出てきたようで、
フランス政府や自治体はその取り締まりの強化を始めたようです。
良いことです。
グリューワインやサイダーも市販のものをただ温めたり、
砂糖を加えて甘みを出したりする店舗もあったようです…Yikes!
プラス、デジタルなものは一切売らない、ということです。
例えば、スマホケースとかだそうで。
そうであってほしい…
cheapで(安っぽい)plasticky(プラスチックのような)な
クリスマスツリーやサンタはいらないわね。
こういうところでは、多少値が張っても
手作りの本物を見たいと思います。
今年もXmasまでAdventが始まるのね…やはり海外のXmasが好きです。




# by ecc_nagai | 2017-11-27 16:23 | Christmas:クリスマス

Could Listen to Him All Day Long!

クラシック音楽ばかりを聴いたりblogに載せたりすると
「先生は、クラシック音楽しか好きじゃないんですね」と
言われることがありますが、That's a LIE!!!ですよ。
私も十代の時、どっぷり洋楽にはまった時期がありました。
Punk Rock, Hard Rock, Heavy Metal... 結構聞きました。
アメリカに渡ってからも、結構聞きました。
専攻が音楽だったので、どうしてもクラシック音楽主体の
音楽理論などを学びましたが、
だからと言って他のジャンルに対して偏見は持っておりませんよ。
聞いていて一番しっくりくる音楽を楽しめばいいだけ。
私の場合は、単純に幼少期から慣れ親しんでいたクラシック音楽なだけ。

最近、以前はあまり聞かなかった音楽を夜な夜な聴いたりしております。
これは、アメリカでお世話になったピアニストの影響もあるかもね。
彼は当時40代のピアニストで、オーケストラの指揮者の紹介で
1年ほどコーチしてもらいました。
その人は、かなりのMetalicaファンで、ピアノのレッスンの時に
必ずと言っていいほどMetalicaの曲や他のバンドの曲を聴かせてくれました。
あの当時、What am I doing here??? と思っていたけど、
今になって「なるほど~」と思う節があります。

そうね、彼はいつも
"Life is too short. Just have fun with it.
Experiment different souds.
Just enjoy music as music." と言っていた。

きっと、学業でいっぱいいっぱいで、気持ちに余裕がなかったのよね。
コンクールやオーディション(奨学金の)、
興味もないGE(一般教育)のクラスのテストに追われていて、
きっと私は常に"edgy"だったんだと思います。
Paper after paper, test after test...
日本の大学生のことはあまり知らないけど、
アメリカの大学生は遊ぶ暇がないほど忙しい…
学部にもよるかもしれないけど、音楽を専攻していたので
オーケストラ、室内楽、コーラスの伴奏、他の楽器や声楽専攻の伴奏、
ピアノのレッスン、バイト(本当はしちゃいけなかったけど)に
追われる日々だったわね…
もちろんコンサートもあるわけで、リハーサルも結構大変でした。
ま、それなりに楽しい思い出ですけど、
最近、彼が私に言ってくれたようなことを言えるようになれるだろうか…
と思うことが多々あります。

そんなこんなでFoo FightersのDave Grohlの動画にいきつき…
彼が言っていることが本当に素敵で、
こういうのを高校生に見せてあげられたら…なんて思ったりします。
数年前のイベントでのインタビューのようですが、
どっぷり聞き入ってしまいました。
NirvanaのDrummerだった時は、何とも思っていなかったし
Foo Fightersも知っていても別に何とも思っていなかったけど、
最近、彼の言うことに凄くしっくり来るというか何というか。
毎日テストテストで勉強に追われて楽しみも何もなさそうな生徒たちに
見せてあげたいな… でも、きっと理解できないだろうなぁ(言語力の問題)と
思うと、本当に惜しいというか何というか。


I could listen to him all day! 彼の話はずーっと聞いていても飽きません。



# by ecc_nagai | 2017-11-26 23:45 | Music:音楽

Pure Joy

私にとって祝日や休日の楽しみと言えば、
大好きなRenaissance Musicを聞きながらの読書!
今はblogをupdateするためにonline中ですが、
キャンドルを焚いてRenaissance MusicやBaroque Musicを
聞きながら読書をすることは、贅沢な時間と言うか何というか。
これ以上のSublime momentがあるだろうか…と思うほど
大好きな時間です。
Santa Maria NovellaやL'Occitaneのキャンドルの香りに包まれれば
尚良いですね~★
誰にも邪魔されないこの時間は至福の時です。
耳と鼻と目、そして脳の保養。
こんなマニアックな趣味です。
If you don't get it, that's OK★
趣味とはそういうもの。何も考えずに没頭する時間が必要。
私にとってはRenaissance or Baroque MusicとReadingです。
この時間が永遠に続けば…と思うくらいです。
マニアックな音楽の趣味だと思います~♪ 


アメリカでの大学生時代、Upper Divisionのコースで
Chamber Music LiteratureとPiano (Keyboard) Literatureの
コースをとりましたが(とらなくてはいけなかったので)、
全てはそこから始まったんだと思います。
その時に知ったRenaissane MusicとBarocque Musicに
どっぷりはまってしまって早20年ですが、
いまだ冷めやらぬ、と言う感じです。




# by ecc_nagai | 2017-11-22 22:29 | つぶやき

Santa Maria...

2年前、ある生徒のお母様から頂いたことがきっかけですが、
化粧水はSanta Maria Novellaのものを使用しています★

a0136626_21103696.jpg

その生徒のお母様は、イタリアのフィレンツェに留学していたことがあることから、
とても親近感を持てるというか、いつもお話をするたびにドキドキわくわくな方。
私にとって、海外留学経験のある方と話をすることが
一番楽しいというか、なんというか。
そのお母様から頂いたAcqua di Maggioの香が素晴らしくて大好きですが、
今はその他にもバラの香りのものとかを使用しております。
イタリア語でAqcuaは「水」、Maggioは「5月」。
diは英語でいうofでしょうね。だから、「5月の水」。
その名の通り、春の香りです★
アイリス、ローズ、ジネストラがベースの化粧水で、
初夏に素晴らしく良い! お勧めです★
この商品を使ってから、東京に行くたびに買うようになりました。
Santa Maria Novellaと言えばフィレンツェ発祥の薬局。
そこで作られた薬のみならず化粧品の数々は、世界でも大人気。
日本では仙台にも支店があるほどですが、
ネットでも購入可能ですので、便利ですね!
その他、市内のデパートでも購入できるL'Occitaneも良いですね~
このブランドはアメリカにいるときから使っていますが、
バラの香り好きな私は、やはりバラの香りのものばかり持っています。
香水や香りのものが大好きなので、色々なものを試してきましたが、
やはり落ち着くのがこのSanta Maria NovellaとL'Occitaneかな。
皆さんは、何の香りが好きでしょうか?
柔軟剤の香りが苦手、とか言って匂いハラスメントとか騒がれていますが、
臭いよりいいよね?って思います。





# by ecc_nagai | 2017-11-22 21:47 | つぶやき | Comments(0)

気になる

英検について、気になる情報を耳にしました…
面談や保護者会などで伝達させて頂きますが、
まずは真相をはっきりさせないと。
2020年度に向けて改革があるのは致し方が無いけど、
あまり大幅に変化があると、ついていけない…
という事になります。

うーむ… 微妙に胸騒ぎがします。



# by ecc_nagai | 2017-11-21 16:51 | English:英語

New!

2018年度新カリキュラム! 新小学4・5・6年生、新規入学者対象です★
継続生に関しての変更は来年度はありませんが、
近い将来、教材改定があります。

a0136626_15285046.jpeg

教室内にポスターを貼っています♪
タブレットを使った新学習法。
2020年度の大きな改革に対応するためのプログラムです。

『英語で深く思考できる力』を育てるのが目的です。

今は4技能ではなくて、5技能ですよ。

知っていましたか?
「話す」に変化があるんです。

時代の移り変わりですね~★





# by ecc_nagai | 2017-11-15 15:30 | Lessons

My Recommendation

最近、よく高校生クラスで使用する教材があります。
もちろん会社指定の教材も使いますが、
考査前後は生徒たちのモチベーションが下がりがち…
そりゃそうです、ひたすら問題を解いてばかりですからね。
自分も経験したこととはいえ、本当に嫌ですよね、試験は。
そんなstressful lifestyleを経た生徒たちに
英会話の楽しさを思い返してほしい、ということで
最近はフリートークをしたり、
podcastのTEDの動画を使用したりして
リスニングやコミュニケーション練習をしております。

さて、あまり大々的に宣伝し過ぎるのはどうかと思うのですが…
(他社さんの英語教材だったりするので)
でも、生徒たちのためなら!と使用している雑誌があります。
その名も、『English Journal』(通称EJです)
月刊誌ですが、CDがついていて、付録が充実している時もあります。
10月号は良かったですね。付録も良かったですし、
Harry Potterファンにはたまらない内容だったのでは?
英字新聞も良いですが、CD付きの雑誌はリスニング力養成には適しています。
日本語新聞も読まない高校生に、英字新聞は勧められませんが、
映画や音楽、異文化中心のCD付き雑誌には
かなりの生徒たちが飛びついてきますよ★

↓こちらが10月号のEJ

a0136626_22141511.jpg

可愛かったDaniel君。
この、『フリートークを極める!』に惹かれました。
確かに、日本人の中には特にですけど、Yes/Noでしか答えない、
英語コンプレックスを感じる人が大勢います。
なんだかんだ言って、中高としっかり英語を学んでいるから、
いざとなったら引き出しを引っ張れそうなんだけど、
どうしても「通じなかったらどうしよう」とか
「かっこ悪いって思われたら嫌」とか、挙句の果てには
「外人が怖い!」とか言う人までいる始末。
全然怖くないのにね。
そんな恐怖心を覚えてしまった人なら、
なおさらEJ10月号はお勧めですね~★
私も早速レッスンで使用していますよ♪
なんと、小学校高学年たちの方が自発的に発言をしてくれます!
感心ですね~

さて、12月号はこれ↓

a0136626_22143823.jpg

表紙がドーン!とイギリス料理で魅力的ではありますが、
それよりも何よりも、イギリス英語もたくさん!
アメリカ英語しか話さない私には、イギリス英語はいつも新鮮!
どんなに真似したくても真似できません…
ハリー王子のインタビューもスクリプトを読みながら
CDを使って聞くこともできますよ。
なかなか面白い内容になっております。
早速昨日届きましたが、すでに中3生たちは興味津々でした。
子どものお小遣いで買うにはちょっと値が張るのかな…
毎月購読、とはいかなくても、興味のある内容の時だけでも
手に取って見てみると、英語に対する興味も増すと思います♪


# by ecc_nagai | 2017-11-12 22:17 | English:英語

日曜日ですが

今日は日曜日でしたが、研修でした。
先週の日曜日も丸一日仕事でした。
二週連続でお休みがありません!!! ううう…
年齢のせいにしだしたら老化が始まる、と言われましたが、
やはり10年前とはわけが違います。

さて、この度ホームページを立ち上げることになりました。
教室専用のホームページですよ★
とは言っても、まだ先のことで、完成するまで時間が掛かるようです…
もう少々お待ちください。完成したらご案内いたします。

先日の公聴会のレポートもまとめなくては!
その他にも様々な勉強会やセミナーなどで得た情報や知識を
生徒たちや保護者の皆様に提供できればと思っております。

そう、英語英会話教育は新時代に向けて進んでいますよ!
今まで通り、グローバルな視点での英会話教育を目指します。
英語英会話のみならず、海外の様々な国や文化について
生徒たちに自発的に調べさせ、
地理的、理科的、文化的&芸術的観点から
英語に触れてもらおうと思います。

来年度に向けての生徒募集が始まっております。
様々な特典もありますので、お楽しみに~♪




# by ecc_nagai | 2017-11-12 16:59 | つぶやき

なんか・・・

世間を震撼させた座間市の事件。
先日、被害者9名の身元が判明し、ニュースや新聞でも
詳細にわたってプロフィールなどが報道されています。
当初の9名のご遺体発見という報道のショック状態から、
なんとも言えない悲しさ…に移行していると思います。
まだ十代や二十代の若い子たち・・・
何をそんなに死に急いで悪魔と出会ってしまったのでしょうか。
ご家族の気持ちを考えると、本当に言葉になりません。
当教室に来ている子たちと変わらない年代の方たち。
彼女たちが発信するSOSに気が付けなかったのかな…
巻き込まれてしまった男の子も、どんなに悔しい思いをしているでしょうか。
こういう事件が起こるたびに思うのですが、
殺人は、その犠牲者の人数が問題ではないと思います。
犯人が、その犠牲者の方々を『人』として敬うことなく、
善悪の判断も持てず、躊躇することなく、
自分の快楽のためだけに『人』の人生を壊してしまうこと…
被害に遭った方々を心配してやまなかった家族や友人の思い、
そして犯人そのものを愛しただろう両親の気持ちを
全て裏切り踏みにじる行為。
この容疑者は、どのような育て方をされたのだろうか…
不謹慎ですが、その生い立ちに興味はあります。
親子関係が希薄だったのか、愛情不足だったのか、
それとも、親とは全く関係なく異常な性癖を持ってしまったのか。
この世の中には、このような残忍極まり行為をなんとも思わない輩が
少なからずともいると思います。
そんな悪魔の手から子供たちを守ってあげられるのは、
誰のほかでもなく、親や周辺の大人たちなのに。
このような事件が二度と起こらないよう、
未成年のスマホの使い方やSNSの関わり方を
真剣に考え直す時期なのでは?

色々考えさせられる事件です。
残虐すぎるから、と目を背けてはいけない、と
強く思います。被害者の方々がかわいそすぎます。



# by ecc_nagai | 2017-11-11 09:09 | つぶやき

勉強になりました

今日は、ある講演会に行ってきました。

小学校卒業までに身につけたい『学習習慣』と『学習意欲』

と題したテーマ。

市内の比較的大きな会館での講演会。
視聴は予約制で、先月新聞にて知って即予約したもの。
とても考えさせられる、面白い講演会でした。

私のような、仕事において教育に日々向き合っている人が
どれくらいいたのでしょうか…
ほとんどが幼児or小学生の子供を持つ親御さん方だと思います。
中には、お孫さんのために聞きに来た、という方もいたようです。

約2時間でしたが、あっという間に終わってしまった…という感じで、
かなり集中して聞き入ってしまいました。
内容は10の項目に分かれており、
 
       ① 子ども達のSOSに気づく方法
       ② 「勉強しなさい・しよう!」は必要か?
       ③ 成績の上がらない子どもは?
       ④ 家庭環境を見直す
       ⑤ どこで? 何を? いつ?
       ⑥ 新課程(新学習指導要領に基づく)で求められる能力とは? 
       ⑦ 遊び感覚! 家庭学習メニュー
       ⑧ 良い事・悪い事を理解させる教育
       ⑨ 全国学力調査結果の分析
       ⑩ 子ども達の価値ある将来を願って! データ分析より「まとめ」

とても内容の濃い、充実した講演会だったと思います。
メモを取らなくても良いように、と、主催者のプリントも役立ちました。
終始、やっぱりね、そりゃそうよね、とうなずける内容で、
私も保護者面談などで常々言っているように、

子どもは突然賢くならない!

ということ、そして

より良い学習習慣を身に着けさせるためには、何よりも

家庭環境が大切!

ということでした。当たり前よね・・・
そして、勉強出来る出来ない、は大切かもしれないけど、
物事の善悪の判断を理解し身に着けさせるために、
保護者は何が出来るのか… なるほど!と思う内容。

最近、世間を騒がせた二世タレントの不祥事、
あおり運転や危険運転をする人、
そして神奈川県座間市で起きた信じられない事件。
その他にも、平気でキレる人やクレーマーなど、
本当に日本社会はどうなってしまったのだろうか…と
思うような、耳を疑う事件ばかりです。
こんな時代だからこそ、親子のコミュニケーションの大切さ、とか
社会人として、世間や人様に迷惑をかけない人間を育てる、とか
子を持つ親は真剣に考えるべきだ、と思います。
子を持たない私が偉そうなことは言えませんが、
仕事上、大勢の子供たちに接していると、
かなりSOSを発信している、していた子供たちがいましたよ。
でも、面談を通して親御さんに伝えても、伝わらない。
人様の家庭での躾に他人がとやかく言うものではない、と
思ってきたので、通り一遍のことや
英語に関することのみしか言えませんが
他人任せではなくて、本気で子供に向き合ってほしい、
と思う親御さんに何度で会ってきたことか…
向き合いすぎて過保護なのもいましたけどね。
要は、バランスだと思います。

そんなことを考えさせられる講演会でした。
今後の保護者会や保護者面談などでも
役に立つ内容で、行って良かった!
またこのような機会があれば、是非参加してみたいものです。



# by ecc_nagai | 2017-11-09 16:20 | つぶやき