★☆Christmas Dinner☆★

Christmasと言えば、Christmas Dinner☆
7年半のアメリカ生活の間、Thanksgiving(感謝祭)とChristmas、そしてEasterのお食事会が楽しみな私でした011.gif
ホスト・ファミリーのLindaとPaul(今は離婚してしまいましたが・・・)の家で生活していた2年間でも、もちろんこれらのアメリカン・ディナー・パーティーを経験しましたよ。
Paulはスウェーデン系2世なので、スウェーデン風のChristmas Dinnerでした。

a0136626_22315718.jpg


しかも、Paulの実家でのdinnerだったので、本当にtraditional dinner。
スウェーデンではスモークサーモンやイワシやニシンなどの「ひかりもの」の魚を食べるので、
魚嫌いのLindaは本気で嫌がっていました。しかも、Paulの両親とは仲が悪かった・・・
この日ばかりは、ポジティブなLindaがイライラしていたのを覚えています037.gif
完璧な人間関係なんて、無いんですね・・・。

そして、Lindaの家から離れて一人暮らしをしだしてからは、オーケストラのメンバーや友達、近しい人たちと過ごしていました060.gif アメリカは"Melting Pot"(人種のるつぼ)。様々なbackgroundが混ざり合った国なので、それぞれに違っていて面白い。
Thanksgiving Dinnerとほぼ同じChristmas Dinnerを食する人、roasted hamやprime ribを食する人・・・

a0136626_22522864.jpg


ちなみに、私はこのprime ribが大好きでした こんなに大きなお肉なんて、日本では食べる事があまりありませんが、アメリカ人はこのprime ribが大好き。ステーキより、ずーっとジューシーでやわらかくて、おいしいです049.gif ペロッと食べれちゃいますよ。
フルボディの赤ワインがよく合います。白いクリーム状のホースラディッシュ(西洋わさび)のソースと食べると絶妙。上質な牛肉のたたきをわさび醤油で食べるような感覚と似ていますが、ちょっと違います・・・
まずい・・・よだれが出そう!
東京と大阪では本場アメリカ式のprime ribを提供するレストランがあります☆
ちなみに、ローストチキンは一度も食べませんでしたし、誰も作りませんでした・・・

# by ecc_nagai | 2009-12-07 23:01 | Christmas:クリスマス

Homage to Tasha Tudor

Tasha Tudor (ターシャ・テューダー、1915年8月28日 - 2008年6月18日)はアメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家(ガーデナー)・人形作家。
a0136626_23494045.jpg

彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターによく使われています。
50歳代半ばにバーモント州の小さな町のはずれで自給自足の一人暮らしを始め1800年代の農村の生活に学び、彼女の住む広大な庭で季節の花々を育て続けるライフ・スタイルは、日本でも注目を集めましたね・・・

昨年の6月に92歳でこの世を去ったTasha。晩年のライフ・スタイルはNHKでも放送されたりして、本当に人気がありました。盛岡でも、昨年Tasha Tudor展が開催されましたよ☆ もちろん、私も見に行きました060.gif
ガーデニング・ブームが広まる中でガーデナーとして注目されたTashaですが、アメリカでは絵本作家としての方が有名です☆ とても優しい、かわいらしい、癒される絵本を描く人でした。
アルファベットや数字の概念を絵本を通して教えてくれたり、自然を愛する心を育ませる絵本を描いたり・・・
90歳を過ぎた頃、「あぁ、Tashaももう長くはないのかな・・・」と、ふと思わせる映像があったりして、年齢を考慮すると当たり前の年齢だけど、とても寂しい気持ちになったのを覚えています。
私にも何冊かTashaの絵本がありますが、なぜかChristmasの時期になると無性にTashaが恋しくなる。
不思議ですね・・・もちろん、会った事もないのに・・・ 
そのくらい、Tashaの存在は、幼い頃から今までずーっと大きいまま。
こんな哲学的な、でも控えめで植物や自然の摂理を知り尽くしているおばあちゃんがいたらよかったのに・・・と、「おばあちゃん」の記憶の無い私は時折思います。
a0136626_084513.jpg

# by ecc_nagai | 2009-12-06 23:48 | United States:アメリカ

★☆Advent Wreath☆★

今年もAdvent Wreath(アドヴェント・リース)を作らなかったなぁ・・・と後悔する私です。
今年こそは! と思ったのに・・・
別名アドヴェントクランツで、リースにキャンドルを4本又は5本立てて、Christmas Dayの4週間前にそのキャンドルを1つずつ灯していくというものです。
正式にはキャンドルは4本という説がありますが、周りの4本は同色で真中の1本を別色にするという方法もあるそうです。

a0136626_225551.jpg


キリスト教の要素が満載なので、日本ではそれほどまで普及していませんが・・・
私はグリーンのリースに赤いキャンドルが好きですよ。今は、ラベンダー色が人気のようです☆
キリスト教徒ではなくても、これは好きなChristmas Decorationです
でも日本では専用のキャンドルホルダーを売っていないんです・・・というか、売っているかもしれないけど、どこで売っているのかわかりません。まず、盛岡にはないよね007.gif

こんなAdvent Wreathもありますよ☆

a0136626_21414432.jpg


"JOY"を文字っていますね☆ 素敵です・・・日本には絶対にないと思うけど。

スコットランドやアイルランド、ウェールズ地方のケルト文化のAdvent Wreathもおもしろいです。

a0136626_21523071.jpg


私のアメリカの母であるLindaはアイルランド系が強いので、ケルト文化を愛していました。
私たちが当たり前のように目にするキルトスカートや毛糸の編みこみセーターなどは、ケルト文化から来ています。模様は家紋のようなもの。セーターはもともと漁師のもので、遭難したり溺れて亡くなって遺体が上がった時に、どこの家族出身なのかわかるように、あのような独特な網模様になっているんだとか。

Christmasにまつわる物は、奥が深いですね060.gif
私はこのようなAdvent Wreathを作ろうかな~と、考えています037.gif 
これなら作れるかも・・・☆

a0136626_2274240.jpg

# by ecc_nagai | 2009-12-05 22:10 | Christmas:クリスマス

★☆Christmas Music☆★

Christmasの時期になると、聞きたくなる曲があります・・・

J.S.BachのChristmas OratorioとHandelのMessiah☆
Schubertの歌曲集『冬の旅』もいいですね060.gif

今はレッスンの準備をしながら、Messiahを聞いております・・・耳にとても心地のいい曲ばかり。
今日はあいにくの057.gifですが、憂鬱さはないです。多分、音楽のおかげでしょう☆

# by ecc_nagai | 2009-12-03 14:48 | Christmas:クリスマス

British Hills After Christmas

12月26、27日の2日間、福島のBritish Hillsに行ってきま~す☆
Christmas後なのですが、イルミネーションがとてもきれいだそうです・・・楽しみ!

a0136626_015229.jpga0136626_044385.jpg今回は、サンタウン松園教室の藤沢先生と生徒たち、乙部教室の石原先生と生徒たちと一緒に行ってきます。福島でECCをされているお教室も1教室参加しますよ。
生徒たちはBritish Hillsが組んでくれるレッスンを受けるので、私は研修の一部として見に行ってきます☆ 泊りがけですが、講師たちは講師専用の素敵なお部屋に泊めさせてもらえるとか・・・
雪は降っているんでしょうかね・・・積っていなければいいなぁ。雪があった方が幻想的で綺麗だと聞きましたが・・・


a0136626_074088.jpga0136626_084391.jpg
今回、私たちが泊まる部屋です☆ 福島のお教室の先生を含め、4人で泊まります。一応、スイートルームですよ037.gif 綺麗ですね☆


a0136626_05588.jpg今回のレッスン風景をしっかり参観して、来年当教室からも希望者を募り参加可能かを下見してきます。
当日は、レストランでテーブルマナーのレッスンもあるとか・・・
前回のHaloweenの時は、Buffetだったので、ちょっと残念な感じでしたが・・・今回はどうでしょうか。
今回は、是非Tea RoomやBarにも行きたい011.gif やはり、イギリス&アイルランドと言えば、068.gifとFish&Chipsでしょう・・・ 
花好きの私は、初夏のバラが咲き乱れる季節に行きたいです☆

新幹線&シャトルバスで現地に行くので、お値段が結構しますが、サンタウン松園教室では毎年行っているそうです。ただし、参加生徒は高学年のみです・・・レッスンの内容は全てBritish Hillsでしてくれるので、私たち講師たちは一切口出しをしてはいけないのだとか・・・

来年の初夏、希望者を募る予定です☆ 

# by ecc_nagai | 2009-12-02 23:49 | British Hills

Healed by Plants

明日は研修・・・(面倒) まだまだ仕事があるのに、なかなか手に付きません。
考えたら、明日はDecember・・・a month 'til 2010! How fast time flies...

今日のように疲れて癒されたい時、庭に出ると癒されます・・・
今の時期は、何も咲いていないし葉は枯れて枝だけだったりするんですけど。

来春は、ここにあの花が咲く、とか、ここにはあれを植えよう、とか、そんな妄想を描きながら、一人癒されました(笑)

a0136626_22471398.jpga0136626_22473263.jpga0136626_22475727.jpg









左から"Echnicea"(エキナセア)、"Agrostemma 'Ocean Pearl'"(アグロステンマ)、"Dicentra Alba"(ディセントラ・アルバ)
白い花ばかり・・・やっぱり、基本は「白」かな?
全部、我が家の庭で毎年咲いてくれます☆ やはり、耐寒性宿根草は頼もしい! 冬は枯れていても、春になると立派に新芽を出し、こんなに綺麗な花を咲かせてくれます043.gif でも、毎年店頭で大好きな一年草に出会えるのも嬉しいし、それを探すのも楽しい!

私は、一人で物思いにふけるのが結構好きです。
小さい時からピアノ一筋だったので・・・
ピアノを学ぶ人は、孤独な人が多いですよ。
オーケストラや吹奏楽団のメンバーになれるような楽器とは違うので・・・
一人黙々と楽器に向かう時間が長いです。
ピアノは全楽器の音域を持っているので、一人オーケストラが出来ちゃうくらいですから・・・
寂しいような、気楽なような・・・
ピアノや音楽を考えていない時は、花の事ばかり考えています037.gif
もちろん、英語の事もね006.gif

こんな事を思いながら、明日の研修の準備のブレイクをとっております。

# by ecc_nagai | 2009-11-30 23:04 | Gardening:ガーデニング

★☆Glühwein☆★

Christmasの時期になると、無性に飲みたくなる"Glühwein"(グリューワイン)011.gif
a0136626_12585334.jpg

グリューワイン(独:Glühwein、グリューヴァインとも)は、赤ワインと香辛料などを温めて作るホット・カクテルの一種で、11月中旬から開かれる各地のChristmas Marketで楽しめます☆ 
a0136626_12593097.jpg

いいですね~ こんなとこに行ったら、絶対に衝動買いしてしまいそう・・・ 
日本ではホットワインと呼ばれますがこれは和製英語だそうで、正しくはMulled wineと言いますよ006.gif ちなみにフランスではヴァン・ショーvin chaud(熱いワイン)と呼ばれるそうです。

作り方はというと・・・
赤ワインにオレンジピールやシナモン、クローブなどの香辛料、砂糖やシロップを加えて火にかけ、温める。
沸騰させないのがコツですよ・・・アルコールが全部とんでしまうので。 我が家では毎年これを作るのですが、家中にスパイスのきいたあま~い香りがたちこめて、本当に心温まる穏やかな気分にしてくれます
ドイツやフランスなどのヨーロッパのクリスマスにはかかせない飲み物ですが、沸騰させなくても若干アルコール分が飛ぶので、それを補うためラム酒などの蒸留酒を入れて飲むこともあるそうですよ。でも、ワインの味が飛んでしまって、あまりおいしくなかったです・・・ヨーロッパでは寒い外で飲むのが主流なので、アルコールで体を温めたいのでしょうね。
フランスのアルザス地方など白ワインの産地では白ワインを用いたヴァン・ショー・ブランvin chaud blancもあり、この場合はシナモンはいれず好みで砂糖やレモンの薄切りなどを加えるとおいしいそうです。特定地域でのクリスマス期にのみ見られる名物ですね060.gif

アメリカではEggnogが主流です・・・オーケストラ指揮者のRandyの家での盛大なChristmas Partyに毎年呼ばれていたのですが、オケのメンバーはみんな酒豪で、Eggnogもアルコールがきついのなんの・・・。いつも私は一人で酔っ払っていました002.gif これが嫌いな人が結構いますね・・・
a0136626_13215648.jpg
 
私の友達は、あまったEggnogでフレンチトーストやパンケーキを作っていましたよ☆ これが結構おいしいの011.gif

これもたま~に飲みたくなる。今年は作ってみようかなぁって思っています☆

# by ecc_nagai | 2009-11-27 13:26 | Christmas:クリスマス

★☆Harrods Year Bear "Max"☆★

私からの姪へのChristmas Presentは、このハロッズのイヤーベア「マックス」です

a0136626_1422307.jpg


ハロッズのイヤーベアは毎年Christmasの時期に販売されて、左足の裏にHarrodsと年号が刺繍されていて、コレクターもいるほどです。いつもかわいいな・・・と思っていましたが、今年生まれた姪にプレゼントすることになりました060.gif
フードをかぶるとこんな感じ☆ 後ろ姿もかわいいですよ016.gif セーターにもハロッズのHが。

a0136626_14255554.jpga0136626_14264587.jpga0136626_1429179.jpg







ななちゃん、喜んでくれるかしら・・・060.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-26 14:33 | Christmas:クリスマス

★☆Champs Elysees☆★

今年も、Champs elysees(シャンゼリゼ通り)のイルミネーションが始まったようですよ。

a0136626_13493859.jpg


フランス人(パリ人と言った方がいいかも・・・)の友達曰く、"Hideous!"(ぞっとする色)なんだとか・・・037.gif 彼がそう言った時、「なるほど、そういう表現があるのね」と、感心しました003.gif
hediousという表現は、皮肉たっぷりに使えます。センスを疑う・・・みたいなニュアンス。
私は、このChamps elyseesのイルミネーションが結構好きです006.gif 見慣れると、素敵じゃないかしら? 当初は、「え~ なんか、派手だな・・・005.gif」と思ったけど。

以前は、青色や青白いLEDは嫌で嫌で、よくあんな寒々とした色を使うなと思っていました。
今でも、日本の安っぽいイルミネーションの色は嫌い。ホームセンターなんかで売ってるトナカイやスノーマンやサンタクロースのイルミネーションなんて、絶対に飾れない!!! (すみません) 
アメリカでもこの手のイルミネーションを家のまわりに「これでもかっ!」というくらい飾っていたstreetがありますが、やり過ぎはどうかと思いました。
花もそうだけど、やっぱり統一性がないと、見る人に不快感を与えるそうです・・・よ006.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-26 14:12 | Christmas:クリスマス

★☆First Noel☆★

a0136626_23243735.jpg

"This magical Christmas carousel tells the story of the Nativity through five exquisite cut-out silhouettes with words from the King James Bible."

OMG!!! How pretty! なんて素敵な本なの!!! 
子供の頃、こんな本をおじ・おばからもらったような・・・こんな本をもらったら、夢中になって読みそうです☆

# by ecc_nagai | 2009-11-25 23:27 | Christmas:クリスマス

★☆My Favorite Christmas Ornaments 2☆★

a0136626_2214437.jpg

このSanta Claus、うっほほ~いって感じです037.gif
月に乗って、楽しそう060.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-25 22:17 | Christmas:クリスマス

★☆My Favorite Christmas Ornaments 1☆★

a0136626_2281376.jpg

お気に入りのオーナメントです☆ Santa Clausが太陽に乗ってますよ~037.gif
と思ったら、これって流れ星・・・じゃない? 太陽だとばかり思っていたけど、生徒に
「先生、絶対に流れ星だよ!」と言われて、愕然。太陽の方が良かった・・・007.gif
そうよね、どう見ても流れ星だわ。人間の脳は恐ろしい。「こうだ!!!」と思ったら、そうにしか見えない。
他人に言われて初めて気が付くなんて、私の脳って一体・・・怖くなります。

実物はもっとかわいいんです006.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-25 22:11 | Christmas:クリスマス