ららにて

a0136626_1503619.jpg

今日は雫石のらら工房に行きましたよ☆
金曜日からクリスマス・ローズ展をしているので、店中クリスマス・ローズでいっぱい!
その中で可憐に咲いているプリムラを発見!
ラベンダー色で、白の縁取りのピコティー咲き☆
春のお花や苗も多数出ていましたが、もうしばらくは我慢です。
盛岡の2月はまだまだ寒いですからね…慌てて買って、霜でやられちゃう事もありますので、気をつけないといけませんね。
花苗に関しては、焦らず、ゆっくりと・・・基本ですね060.gif

# by ecc_nagai | 2010-02-21 15:00 | Gardening:ガーデニング

Tempted・・・

Hmm...

Haydn...
a0136626_1149527.jpg

or

Mozart...
a0136626_11505797.jpg

or

Beethoven...
a0136626_1618793.jpg

or

even Vivaldi...
a0136626_11523572.jpg


They're all so tempting, but can't choose like choosing a box of chocolate039.gif
Complete works of master composers are quite pricey...
but what a treasure to have those060.gif

# by ecc_nagai | 2010-02-19 11:57 | Music:音楽

"Ladies in Lavender"

ずっと見たい見たい思ってやっとで見た映画、"Ladies in Lavender"。
邦題『ラヴェンダーの咲く庭で』061.gif

a0136626_22434628.jpg


この映画には、イギリスの2大スターのJudi Dench(ジュディ・デンチ)とMaggie Smith(マギー・スミス)が出ています。
私はこの2人が1986年に共演した映画"A Room With A View" 『眺めのいい部屋」 が大好きで大好きで、何度見たかわかりません045.gif
もちろん音楽もGoodですよ049.gif
なんたって、Joshua Bell(ジョシュア・ベル)のヴァイオリンだから016.gif

a0136626_22535842.jpg


彼のヴァイオリンは素敵

とても心休まるおすすめの映画です060.gif

# by ecc_nagai | 2010-02-17 23:03 | Movies:映画

Spring Awaits

a0136626_8233110.jpg

今朝、花壇にスノードロップの芽を発見038.gif

春はもうそこです060.gif

# by ecc_nagai | 2010-02-16 08:23 | My Garden:庭

New Dawn

This rose on one of my garden's arches is called "New Dawn", which is a climbing rose born in the US,1930, and every year it delights me with its pearly but somewhat grayish pink...
How beautiful this rose is...
I just simply can't stop sighing everytime I look at this photo.

a0136626_23284951.jpg

# by ecc_nagai | 2010-02-13 23:31 | Roses:バラ

Depressing February...with "Les Six" & Cocteau

2月は12カ月の中で一番短い月なのに、節分や立春に始まり、旧正月やら検定二次試験やらヴァレンタインやら母と自分の誕生日やら確定申告やら、やる事が多すぎる! 
しかも、今年はVancouver Olympicが開催されるし、西海岸の時間帯に競技が行われるわけだから(当たり前だけど)また寝不足の日々が続くのか・・・019.gif

そんな事を考えだすと、とっても憂鬱になる025.gif San Diegoにいた頃・・・2月はただただ楽しい月でしかなかった・・・

日本は年度末が3月だから、その前の2月にやっておかなければならない事だらけ・・・
So much to do!

明日の二次試験が終わったらやるであろう仕事も溜まっているので、とにかく無事に明日が終わってくれれば・・・この2月さえ切り抜けたら・・・

こんな愚痴ばかりをつづっていると、ラジオからはMilhaud(ミヨー)やPoulenc(プーランク)、Auric(オーリック)など、"Les Six"(ル・スィッス)と呼ばれる、日本では「フランス6人組」と呼ばれる近現代の作曲家の曲のオンパレード。
a0136626_7492057.jpg

画像は"Les Six"のCDのジャケット。あのJean Cocteau(ジャン・コクトー)が一筆で書きあげた6人の肖像画として有名な絵。って、よく見ると一筆じゃないような・・・

朝から"Les Six"ねぇ・・・ 嫌いじゃないけど、もう少しNHKも朝の選曲を考えてよね・・・いつも思う。

そうそう、どんどん話は変わってしまうけど、Cocteauはあのフランスを代表するシャンソン歌手のEdith Piaf(エディット・ピアフ)ととても親交が深くて、彼女が亡くなった4時間後に亡くなった、画家で作家で詩人、しかも劇作家として著名であるだけでなく脚本家でもあり映画監督でもあった、フランスの前衛芸術家。
a0136626_842487.jpga0136626_845514.jpg
そう言えば、5年ほど前だったかしら? 盛岡の県立美術館でもCocteau展が開催されていましたね☆ 
フランスの前衛的芸術家は本当に個性的・・・ある意味強すぎ。でも、個性のない芸術家なんているのかしら・・・?


大学で音楽を勉強すると、もちろんその歴史も勉強するのですが、一番興味深かったのが音楽と絵画の関連を学ぶ、"Music and Paintings"でした060.gif
音楽の起源とギリシャ神話との関連性から始まり、ルネサンス時代の作曲家とDa VinciMichaelangeloBotticelliの絵画との関係からこの"Les Six"とCocteauModigliani(モディリアーニ)との関係などなど、マニアックな事ばかりをひたすら研究するという、音楽や美術を専攻しなければ学ぶ必要のない事ばかりに興味のある私です。
だから、西洋美術が大好き・・・San Diego Museumは毎週火曜日が開放デーで、入館料が無料だったので、本当に良かった! 毎週とはいかなかったけど、学校帰りによくDowntownまで行ったっけ・・・ まずい、思い出話に発展してしまった037.gif

明日の二次試験、頑張りましょうね~006.gif

# by ecc_nagai | 2010-02-10 07:12 | Art:芸術

Power of Kids

子供たちの力にはいつも驚かされます004.gif

先日、なかなかレッスンで思うようにいかなかった生徒が今日は同レベル別クラスに飛び入り参加して、検定二次の確認をしたのですが、やっぱり本人のやる気に違いが見えてきて、すごーくスムーズにレッスンが進み、本人も嬉しそう☆
やっぱりね。やれば出来るじゃない006.gif 
どんな山もいつかは超えられる・・・自力で超えられる山は自力で超えさせる。
どうしても、どうしても無理・・・って言う時だけ、手を差し伸べてあげる。でもヒントだけね。
いつも手を掛けてあげたいけど、そこを我慢してじっと見守って、本人の意識が変わるのを待ってあげることも愛情ですね。今日のR君は、本当に嬉しそうにはにかんでいました037.gif ちょっと照れやさんなので、あまり大っぴらな態度では示しませんが・・・ かわいいですね。

先生は応援してるよ~066.gif

a0136626_13534488.jpg

*我が家のバラ"The Pilgrim"。黄色いEnglish Roseの中でもとても人気のバラ。私の母も親友も大好き。

# by ecc_nagai | 2010-02-06 13:55 | Lessons

今日からFebruary

今日から2月。 2月は英名でFebruary、日本名は如月。 さて、Janurary同様、Februaryにも意味があります。

中世英語feoverelを再ラテン語化したもの。feoverel← 古ノルマン・フランス語feverier ← ラテン語Februarius (浄罪の月) ← februa (februum「浄罪」の複数形)、おそらくは、ラテン語febris 「熱」に由来し、さらに古印欧語で「燃やす」を意味する*dhegh- に起源を遡ると考えられる・・・そうです。

2月と言えば、3日が節分。4日が立春。11日は建国記念日。14日はSt.Valentine's Day。しかも、今年はVancouver Olympicsが開催されますね。
2月生まれの偉人と言えば・・・
● F.Mendelssohn (フェリックス・メンデルスゾーン): 3日 ドイツの作曲家 (1809~1847)
● C.Dickens (チャールズ・ディケンズ): 7日 イギリスの文豪 (1812~1870)
● T.Edison (トーマス・アルバ・エジソン): 11日 世界の発明王 (1847~1931)
● A.Lincoln (エイブラハム・リンカーン): 12日 第16代アメリカ合衆国大統領 
  (1809~1865)
● C.Darwin (チャールズ・ダーウィン): 12日 イギリスの博物学者で進化論者 
  (1809~1882)
● G.Galilei (ガリレオ・ガリレイ): 15日 イタリアの天文・物理学者 (1564~1642)
● N.Copernicus (ニコラス・コペルニクス): 19日 ポーランドの天文学者 (11473~1543)
● G.Washington (ジョージ・ワシントン): 22日 初代アメリカ合衆国大統領 
  (1732~1799)
● G.F.Handel (ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル): 23日 ドイツ→イギリスの作曲家
  (1685~1759)
● W.Grimm (ウィルヘルム・グリム): 24日 ドイツの童話集成家、言語学者 
  (1786~1859)
● A.Renoir (オーギュスト・ルノアール): 25日 フランスの画家 (1841~1919)
● V.Hugo (ビクトル・ユーゴー): 26日 フランスの詩人、小説家、劇作家 (1802~1885)
● G.Rossini (ジョアッキーノ・ロッシーニ): 29日 イタリアのオペラ作曲家 (1792~1868)

結構、著名な偉人たちが集まっていますね・・・各月の誕生日の偉人達について知るのは、とても興味深いと思いました060.gif

# by ecc_nagai | 2010-02-01 16:04 | English:英語

歌舞伎

金曜の夜は必ずと言っていいほど、NHKの芸術劇場をみます。
洋楽のみならず邦楽も大好きで、特に歌舞伎の長唄が大好きな私。
意外・・・ってよく言われますが、なぜか鳥肌が立つほど好きな長唄です。

さて、今日は中村富十郎さんが弁慶に扮した「勧進帳」。中村吉右衛門さんが冨樫で、富十郎さんの息子が義経でした。

「勧進帳」と言えば市川団十郎と海老蔵親子がパリのオペラ座で公演したことから、とても有名になった演目ですが、本当に素晴らしい演目。この時、この親子は交互に弁慶を演じていました。海老蔵が襲名する前の新之助の時は、やはり父親の団十郎が弁慶で、新之助(海老蔵)は冨樫でしたが、そこは世代交代も考えてのことなのでしょうか・・・。
a0136626_8414157.jpg

この演目の見どころは、やはり最後の飛び六法でしょ。団十郎&海老蔵親子の飛び六法はとても豪快で派手で、とても見ていて楽しいですが、
今日は今年84歳になる人間国宝の富十郎さん。やはり飛び六法ではとんでいませんでしたが、とても奥の深さを感じさせる涙ものの飛び六法で、とても感激しました☆

でも、宙づりなどのド派手なスーパー歌舞伎はとても苦手・・・ファンの方々には申し訳ないのですが、
やはり、古典的・伝統的な歌舞伎が好きです。
十八番の「勧進帳」やおもしろおかしい勘三郎の「法界坊」、世襲親子ならではの「連獅子」なんかも大好きですよ。
ちなみに私の母は片岡仁左衛門の大ファン。結構ミーハーですね037.gif

私はみんなそれぞれに強烈な個性を放っているので大好きですが、やはり正統派の団十郎親子や中村吉右衛門、勘三郎親子や玉三郎が好きですね~☆

# by ecc_nagai | 2010-01-30 00:43 | Art:芸術

Robert and Clara

今年はR.Schumann(ロベルト・シューマン)の生誕200年の記念の年でもあります。
a0136626_1217951.jpg
1810年ってすごい年ですね・・・Chopinはポーランドのジェラゾヴァ・ヴォラという小さな村に生まれ、Schumannはドイツ、ザクセン王国のツヴィッカウに生まれました。
この二人、とても親交が深く、お互いに曲を捧げています。
例えば、Chopinからはバラード2番。通称「バラ2」と呼ばれる、とても複雑なハーモニーの曲で、この曲をSchumannに捧げています。
Schumannからは何曲かあると言われているのですが、最も有名なのは"Carnaval" (謝肉祭)という組曲の中の一曲。その名も"Chopin"。そのまんまのタイトルで、Chopinのノクターンを思わせる優雅で落ち着いた一曲です。

さて、Schumannも大好きな作曲家ですが、非常に困難な曲ばかり。ロマン派を代表する作曲家としてChopinLisztMendelssohnBrahmsなどと活躍した作曲家です。
同年生まれということで、よくChopinと比べられるのですが、作風は全く異なりとても個性的で暗譜しにくい。また、ピアノの為の曲のみを作ったChopinとは対照的に、オーケストラや室内楽にも積極的な作曲家でした。私はソロ曲よりも室内楽(ピアノ三重奏と四重奏)や歌曲の伴奏などを多く学んだので、それほどソロ曲のレパートリーはありませんが・・・
Schumannのピアノ曲は数曲がまとまってプログラムされたCharacter Piecesと呼ばれ、個性的なタイトルが付けられていますよ。
例えば、有名な曲集は
"Papillons"(蝶々 Op.2)
"Carnaval" (謝肉祭 Op.9)
"Fantasiestücke" (幻想小曲集 Op.12)
"Kinderszenen" (子供の情景 Op.15)
"Kreisleriana" (クライスレリアーナ Op.16)、
"Waldszenen" (森の情景 Op.82)
などなど、とても個性溢れる曲集ばかり。

a0136626_12272111.jpgこのSchumannの奥さんがClara Wieck Schumannで、Brahmsとの熱愛も噂された、当時としては最も有名な女流ピアニストです。
彼女は演奏会で初めて暗譜をして演奏したピアニストでもあり、この人のせいで(?)現代も「演奏会では暗譜」という暗黙の了解が常識。
もちろん、暗譜をして演奏しなければならないという規則がないので、欧米では譜面を置いて演奏をするプロの演奏家が多数いますが・・・
日本はなぜか頭の堅い音楽家や教育者ばかりで、「暗譜をしなければダメ」みたいなルールが常識。でも、練習を重ねると暗譜は自然に出来てしまうものです。暗譜できないのは練習不足・・・かな?

さてさて、このRobert SchumannClara Wieck SchumannJohannes Brahms(三角関係とでも言いましょうか・・・)にまつわる映画が出ています061.gif

原題 "Geliebte Clara"

邦題「クララ・シューマン 愛の協奏曲」って、あまり素敵な題名ではありませんが・・・

a0136626_13313987.jpg


a0136626_13334887.jpg


a0136626_133495.jpg


とても切ない映画で・・・
Schumannについてご興味のある方は、是非ご覧ください060.gif

# by ecc_nagai | 2010-01-29 13:41 | Music:音楽

ねこ

a0136626_8254343.jpg

ねこは癒やし…そうかもしれません。
Stanzieはいつも私を追いかけてばかり。ちょっと姿が見えなくなると鳴いているとか…
今朝もめざましテレビで放送していましたが、ペットとしての猫や犬には癒し効果があるそうで、血圧を低下させてくれるとか・・・
特に、猫に触れると血圧は一定し、徐々に低下していくらしいです。
我が家のねこたちはみんなSan Diegoから連れて来たねこたち。とても大切な存在です。
ペットショップではいつも人が群がって売り物の犬や猫を見つめています。ある意味、異様な光景。
可愛い動物を見ると、自然に笑みがこぼれて心が癒やされてきますが、ただ可愛いだけでは飼うことが許されるべきではない。
ペットは人形じゃない・・・生き物なので、その短い命の最期まで責任を持ってみてあげることが大切。
特に猫・・・どんなに高価な血統付きでも、ワクチンをせず避妊・去勢をしないで放し飼いにしたら、可哀想な野良猫がどんどん増えるだけ。
近所にも猫を放し飼いにしている方が多くいますが、「なんで?」って思う。しかも去勢も避妊もしていないからあちこちで子猫を見かける。その猫の子供かどうかはわかりませんが、あり得ない。飼う資格無し・・・ その上、ご近所のお庭に猫がいたずらや糞尿をして被害届けが出だすほど。
そんな状態で飼っておいて、「お宅でもねこを飼っているらしいけど、もっと飼わない? とてもかわいい子猫を見つけたので、飼い主を探しているんだけど。」 ですって。
はぁ? "What the **** are you talkin' about?" って感じ。
無責任にもほどがある。すごーく不愉快な思いをしたのを覚えています。
「うちは一切ねこは外に出しませんし、これ以上は飼いません! そんなに可哀想と思うなら、去勢してください022.gif」と、ぴしゃり。ご近所の方なので、ジョーク交えに言ったのですが、きつーい一言を浴びせてやりました。本当に、無責任な飼い主が多すぎる! 

私が住んでいたSan Diegoのみならず、アメリカでもペットを飼うことの意識が見直されていて、ある獣医は無償で猫の避妊・去勢手術を行っています。これ以上可哀想な野良猫を増やさないために・・・ 賛否両論あるのですが、こういう獣医が日本にもいないのかしら?って思います。

a0136626_904553.jpg

怒りの後は、またねこを見て癒されましょう・・・

# by ecc_nagai | 2010-01-28 08:25 | My Cats:ねこたち

★Anthurium

やっとで咲いたAnthurium☆ アンスリウムは人気の観葉植物です。

a0136626_13314969.jpg


昨年、母から誕生日にもらったものなので、とても大切にしているのですが・・・
もっと薄い、桜貝のようなピンク色だったのに、ちょっと赤い002.gif

少し花が咲きだす時期ですが、その分花粉症持ちにとっては辛い季節の始まりですね。
もうすでに、私の鼻のまわりはかゆい・・・

ところで、先日ホームセンターに行った時、グリーンのコーナーに怪しげな花が・・・
その名も「プリムラ・オブコニカ」(Purimura Obconica)
ぱっと見、とてもかわいらしいお花ですよ。

a0136626_13403495.jpg


「綺麗な花には毒がある~♪」 

葉と茎には「プミリン」という毒性成分が含まれていて、しかも、ものすごーく花粉を飛ばす、鬼のような花です。
アレルギー体質の方がこの葉や茎に触れると確実にかぶれます。
しかも、これは一年草で冬に流通される室内用の花ですので、よく日当たりの良い窓辺なんかに置かれるのですが・・・すると、くしゃみやかゆみが始まって、地獄のような日々を過ごすことになりますよ・・・

私も重度の花粉症・・・花好きなのに、皮肉です。スギ花粉に始まり、さくら、うめ、もも、リンゴの花が咲きだすと、むせるように咳が止まらなくなります。園芸草ではこのプリムラ・オブコニカから始まりPeony(西洋芍薬)、Lily(ユリ)と、嫌な花粉症に悩まされそうです007.gif

# by ecc_nagai | 2010-01-27 13:56 | Gardening:ガーデニング