British Hills After Christmas

12月26、27日の2日間、福島のBritish Hillsに行ってきま~す☆
Christmas後なのですが、イルミネーションがとてもきれいだそうです・・・楽しみ!

a0136626_015229.jpga0136626_044385.jpg今回は、サンタウン松園教室の藤沢先生と生徒たち、乙部教室の石原先生と生徒たちと一緒に行ってきます。福島でECCをされているお教室も1教室参加しますよ。
生徒たちはBritish Hillsが組んでくれるレッスンを受けるので、私は研修の一部として見に行ってきます☆ 泊りがけですが、講師たちは講師専用の素敵なお部屋に泊めさせてもらえるとか・・・
雪は降っているんでしょうかね・・・積っていなければいいなぁ。雪があった方が幻想的で綺麗だと聞きましたが・・・


a0136626_074088.jpga0136626_084391.jpg
今回、私たちが泊まる部屋です☆ 福島のお教室の先生を含め、4人で泊まります。一応、スイートルームですよ037.gif 綺麗ですね☆


a0136626_05588.jpg今回のレッスン風景をしっかり参観して、来年当教室からも希望者を募り参加可能かを下見してきます。
当日は、レストランでテーブルマナーのレッスンもあるとか・・・
前回のHaloweenの時は、Buffetだったので、ちょっと残念な感じでしたが・・・今回はどうでしょうか。
今回は、是非Tea RoomやBarにも行きたい011.gif やはり、イギリス&アイルランドと言えば、068.gifとFish&Chipsでしょう・・・ 
花好きの私は、初夏のバラが咲き乱れる季節に行きたいです☆

新幹線&シャトルバスで現地に行くので、お値段が結構しますが、サンタウン松園教室では毎年行っているそうです。ただし、参加生徒は高学年のみです・・・レッスンの内容は全てBritish Hillsでしてくれるので、私たち講師たちは一切口出しをしてはいけないのだとか・・・

来年の初夏、希望者を募る予定です☆ 

# by ecc_nagai | 2009-12-02 23:49 | British Hills

Healed by Plants

明日は研修・・・(面倒) まだまだ仕事があるのに、なかなか手に付きません。
考えたら、明日はDecember・・・a month 'til 2010! How fast time flies...

今日のように疲れて癒されたい時、庭に出ると癒されます・・・
今の時期は、何も咲いていないし葉は枯れて枝だけだったりするんですけど。

来春は、ここにあの花が咲く、とか、ここにはあれを植えよう、とか、そんな妄想を描きながら、一人癒されました(笑)

a0136626_22471398.jpga0136626_22473263.jpga0136626_22475727.jpg









左から"Echnicea"(エキナセア)、"Agrostemma 'Ocean Pearl'"(アグロステンマ)、"Dicentra Alba"(ディセントラ・アルバ)
白い花ばかり・・・やっぱり、基本は「白」かな?
全部、我が家の庭で毎年咲いてくれます☆ やはり、耐寒性宿根草は頼もしい! 冬は枯れていても、春になると立派に新芽を出し、こんなに綺麗な花を咲かせてくれます043.gif でも、毎年店頭で大好きな一年草に出会えるのも嬉しいし、それを探すのも楽しい!

私は、一人で物思いにふけるのが結構好きです。
小さい時からピアノ一筋だったので・・・
ピアノを学ぶ人は、孤独な人が多いですよ。
オーケストラや吹奏楽団のメンバーになれるような楽器とは違うので・・・
一人黙々と楽器に向かう時間が長いです。
ピアノは全楽器の音域を持っているので、一人オーケストラが出来ちゃうくらいですから・・・
寂しいような、気楽なような・・・
ピアノや音楽を考えていない時は、花の事ばかり考えています037.gif
もちろん、英語の事もね006.gif

こんな事を思いながら、明日の研修の準備のブレイクをとっております。

# by ecc_nagai | 2009-11-30 23:04 | Gardening:ガーデニング

★☆Glühwein☆★

Christmasの時期になると、無性に飲みたくなる"Glühwein"(グリューワイン)011.gif
a0136626_12585334.jpg

グリューワイン(独:Glühwein、グリューヴァインとも)は、赤ワインと香辛料などを温めて作るホット・カクテルの一種で、11月中旬から開かれる各地のChristmas Marketで楽しめます☆ 
a0136626_12593097.jpg

いいですね~ こんなとこに行ったら、絶対に衝動買いしてしまいそう・・・ 
日本ではホットワインと呼ばれますがこれは和製英語だそうで、正しくはMulled wineと言いますよ006.gif ちなみにフランスではヴァン・ショーvin chaud(熱いワイン)と呼ばれるそうです。

作り方はというと・・・
赤ワインにオレンジピールやシナモン、クローブなどの香辛料、砂糖やシロップを加えて火にかけ、温める。
沸騰させないのがコツですよ・・・アルコールが全部とんでしまうので。 我が家では毎年これを作るのですが、家中にスパイスのきいたあま~い香りがたちこめて、本当に心温まる穏やかな気分にしてくれます
ドイツやフランスなどのヨーロッパのクリスマスにはかかせない飲み物ですが、沸騰させなくても若干アルコール分が飛ぶので、それを補うためラム酒などの蒸留酒を入れて飲むこともあるそうですよ。でも、ワインの味が飛んでしまって、あまりおいしくなかったです・・・ヨーロッパでは寒い外で飲むのが主流なので、アルコールで体を温めたいのでしょうね。
フランスのアルザス地方など白ワインの産地では白ワインを用いたヴァン・ショー・ブランvin chaud blancもあり、この場合はシナモンはいれず好みで砂糖やレモンの薄切りなどを加えるとおいしいそうです。特定地域でのクリスマス期にのみ見られる名物ですね060.gif

アメリカではEggnogが主流です・・・オーケストラ指揮者のRandyの家での盛大なChristmas Partyに毎年呼ばれていたのですが、オケのメンバーはみんな酒豪で、Eggnogもアルコールがきついのなんの・・・。いつも私は一人で酔っ払っていました002.gif これが嫌いな人が結構いますね・・・
a0136626_13215648.jpg
 
私の友達は、あまったEggnogでフレンチトーストやパンケーキを作っていましたよ☆ これが結構おいしいの011.gif

これもたま~に飲みたくなる。今年は作ってみようかなぁって思っています☆

# by ecc_nagai | 2009-11-27 13:26 | Christmas:クリスマス

★☆Harrods Year Bear "Max"☆★

私からの姪へのChristmas Presentは、このハロッズのイヤーベア「マックス」です

a0136626_1422307.jpg


ハロッズのイヤーベアは毎年Christmasの時期に販売されて、左足の裏にHarrodsと年号が刺繍されていて、コレクターもいるほどです。いつもかわいいな・・・と思っていましたが、今年生まれた姪にプレゼントすることになりました060.gif
フードをかぶるとこんな感じ☆ 後ろ姿もかわいいですよ016.gif セーターにもハロッズのHが。

a0136626_14255554.jpga0136626_14264587.jpga0136626_1429179.jpg







ななちゃん、喜んでくれるかしら・・・060.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-26 14:33 | Christmas:クリスマス

★☆Champs Elysees☆★

今年も、Champs elysees(シャンゼリゼ通り)のイルミネーションが始まったようですよ。

a0136626_13493859.jpg


フランス人(パリ人と言った方がいいかも・・・)の友達曰く、"Hideous!"(ぞっとする色)なんだとか・・・037.gif 彼がそう言った時、「なるほど、そういう表現があるのね」と、感心しました003.gif
hediousという表現は、皮肉たっぷりに使えます。センスを疑う・・・みたいなニュアンス。
私は、このChamps elyseesのイルミネーションが結構好きです006.gif 見慣れると、素敵じゃないかしら? 当初は、「え~ なんか、派手だな・・・005.gif」と思ったけど。

以前は、青色や青白いLEDは嫌で嫌で、よくあんな寒々とした色を使うなと思っていました。
今でも、日本の安っぽいイルミネーションの色は嫌い。ホームセンターなんかで売ってるトナカイやスノーマンやサンタクロースのイルミネーションなんて、絶対に飾れない!!! (すみません) 
アメリカでもこの手のイルミネーションを家のまわりに「これでもかっ!」というくらい飾っていたstreetがありますが、やり過ぎはどうかと思いました。
花もそうだけど、やっぱり統一性がないと、見る人に不快感を与えるそうです・・・よ006.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-26 14:12 | Christmas:クリスマス

★☆First Noel☆★

a0136626_23243735.jpg

"This magical Christmas carousel tells the story of the Nativity through five exquisite cut-out silhouettes with words from the King James Bible."

OMG!!! How pretty! なんて素敵な本なの!!! 
子供の頃、こんな本をおじ・おばからもらったような・・・こんな本をもらったら、夢中になって読みそうです☆

# by ecc_nagai | 2009-11-25 23:27 | Christmas:クリスマス

★☆My Favorite Christmas Ornaments 2☆★

a0136626_2214437.jpg

このSanta Claus、うっほほ~いって感じです037.gif
月に乗って、楽しそう060.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-25 22:17 | Christmas:クリスマス

★☆My Favorite Christmas Ornaments 1☆★

a0136626_2281376.jpg

お気に入りのオーナメントです☆ Santa Clausが太陽に乗ってますよ~037.gif
と思ったら、これって流れ星・・・じゃない? 太陽だとばかり思っていたけど、生徒に
「先生、絶対に流れ星だよ!」と言われて、愕然。太陽の方が良かった・・・007.gif
そうよね、どう見ても流れ星だわ。人間の脳は恐ろしい。「こうだ!!!」と思ったら、そうにしか見えない。
他人に言われて初めて気が付くなんて、私の脳って一体・・・怖くなります。

実物はもっとかわいいんです006.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-25 22:11 | Christmas:クリスマス

★☆My Christmas Tree☆★

a0136626_21594084.jpg
今日から1ヶ月もすれば、Christmas Day☆ですね060.gif
教室にもChristmas Treeを飾りましたよ041.gif 昨年同様の飾りではつまらないので、ちょっとアレンジしてみましたが・・・☆
う~ん、ちょっとイメージと違ったのですが、まぁいいかな006.gif
夕方に撮った写真なので、写りが悪いです002.gif

明日は玄関のTreeの飾り付けをしようかなぁと思ってます☆

# by ecc_nagai | 2009-11-25 22:03 | Christmas:クリスマス

★☆Schwibbogen☆★

ドイツのChristmasゆかりの工芸品、Schwibbogen(シュヴィップボーゲン)です。

a0136626_1335156.jpg


★シュヴィップボーゲンの起源★

ヨハンゲオルゲンシュタットの鉱山で働く労働者たちは、クリスマスイブ(24日)を鉱山の入り口付近に設けられた部屋(Zechenstube)で祝うのが慣わしでした。その時、鉱山労働者だけでなく、採掘に欠かせない道具を作っていたBergschmiede(Berg は鉱山、Schmiede は鍛冶屋)も一緒にお祝いしたそうです。このお祝いをBergmette と呼んだそうですよ。 ふむふむ・・・。
ある年、テラーさんという鍛冶屋さんがアーチ型の金属製燭台をBergmette の席に持って来たそうです。これがシュヴィップボーゲンの原形001.gif この燭台には1778という年号が刻まれていたそうで、2003年にこの燭台のレプリカを作る際に詳しく調べた結果、その下に1740と刻まれていたことが分かったとそうです。このことから「現存する最古のシュヴィップボーゲンは1740年のもの」ということになったみたいですよ006.gif

★名前の由来★

Schwibbogen はもともと、壁と壁の間に渡して補強するためのアーチ型はりを指す言葉だったそうです。鍛冶屋のテラーさんが作った燭台がアーチ型だったことから、この名がついたのではということでした。なぜテラーさんがアーチ型の燭台を作ったのかは分かっていないそうですが、その図柄から天空をイメージしたものらしいですよ。

★シュヴィップボーゲンが広まるまで★

この燭台はもっぱら鉱山内で使われていたそうで、これが一般家庭に浸透するのは、大量に生産されるようになった20世紀かららしいですよ。アーチの中のモチーフも、様々なものが考案されるようになり、エルツ地方を越えて広まっていったそうです。発祥の地のヨハンゲオルゲンシュタットには、数メートルの大きさのものが設置されているそうですよ006.gif

# by ecc_nagai | 2009-11-24 13:46 | Christmas:クリスマス

Angels & Demons

やっと観ました・・・"Angels & Demons"(『天使と悪魔』)

a0136626_014372.jpg


前作の"The Da Vinci Code"(『ダ・ヴィンチ・コード』)よりも評判が良かったので期待していましたが・・・
確かに、本は面白いですよ。 "The Da Vinci Code"を一気に読んで、もっとDan Brownの本が読みたくなって"Angels & Demons"も一気に読み上げたので、この映画も期待していたのに・・・

面白くない・・・わけではないけど、好き好きかな・・・ ちょっと残酷・・・。

Leonardo da VinciやMary Magdaleneについての事が大好きな私は、やはり前作が好きです045.gif でも、あまりにもキリスト教の教えに反する内容なので、ひどくバッシングされていましたね・・・ 私はそこが好きですけど037.gif

前作は宗教 vs. 芸術がテーマで、これは宗教 vs. 科学がテーマ。
当たり前ですが、本のような展開は無し。2時間ちょっとで完結を迎えなきゃないので、仕方が無いですね002.gif ヴァチカンの怒りを買わないように、ま~るくおさめた感じがありあり026.gif

a0136626_09910.jpg

# by ecc_nagai | 2009-11-23 23:28 | Movies:映画

★☆Christmas Pyramid☆★

Christmas Goodsはやはり輸入品が素敵です。特に、ドイツやフランス、スカンディナヴィア地方のがいいですね☆

こちらはドイツのChristmasには欠かせないChristmas Pyramid060.gif かわいいです☆

a0136626_17265923.jpg


これにキャンドルを4本立てると、熱気で上部のヘリコプターが回りますよ041.gif
ドイツのChristmas Marketでは巨大なChristmas Pyramidが設置されています。

# by ecc_nagai | 2009-11-22 23:50 | Christmas:クリスマス