<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月のトリミング

今月のトリミング。
もっと可愛い画像を…と思いましたが、かなり疲れているようで
すっかり寝てしまいました。

a0136626_20452171.jpg

今回は6、7月にお願いしたサロンではなく、
デパートに隣接するサロンにお願いしました。
どちらが良いのかな〜 と。
色々行ってみた方が良いかも、というアドバイスを頂き
実践中です。

起きていると、もっと可愛いんだけどなぁ…



by ecc_nagai | 2017-08-08 20:48 | Gracie

共通点

多くの中学生を見てきて思いますが、
学校での定期テストや実力テストで点数が取れない生徒たちには
皆、同じような共通点があります。

1年生では高得点を取った(誰でも取れる)
2年生で難しくなった(でも予習復習をしないで無駄に過ごした)
3年生になって、どこから手を付けていいのかわからなくなる

このパターンです。
英語と数学は積み重ねの教科。これはどこの塾でも言われると思います。
例えば、テスト範囲を渡されたところで、
1年生の基礎の基礎、
例えばbe動詞と一般動詞、それぞれの動詞を使った各文の作り方、
単数複数、代名詞、助動詞の使い方、
疑問詞(俗に言われる5W1H)、
現在・現在進行形、過去形などの基本的な時制…
これらの基礎の基礎が身についていないと、
中2の英語は厳しいと思います。
そうならないように、面談を通してアドバイスさせてもらっていても、
結局やり切る人は少ない。
これじゃ、いつまでたってもできるはずがないんです。
中2で40点以下、中3で50点以下ばかりをとる人の共通は、
単純に試験のためにコツコツ学習の積み重ねをしていなかった人。
だから、どこから手を付けてよいのかわからず、
結局英語は何もしませんでした… だからこの点数です…
となる。
でも、逆に考えると、
何もしなくても30点台、50点台をとれるなら、
普段からちゃんと順序良く学習計画を立てて取り組めば、
確実に点数は上がる、ということなんだけどなぁ。
でも、私がいくらアドバイスをしても変わらない、
変えない、変えられない人が大勢いて、
そういう人たちは結局英語が苦手、英語は嫌い、英語なんて…
となるわけです。

今回の面談を通して、つくづくそれを感じました。
あとは、本人次第です。
本当に何とかしたければするもの。
どうでもいいなら、何を言っても言われても、変わらないでしょう。




by ecc_nagai | 2017-08-07 17:45 | English:英語

夏休み

夏休みだというのに、講習講習で休みはありません。
まぁ、世間でも塾講師や教室の講師は休めませんから仕方がありません。
やはり現実逃避は音楽。
今も昔も変わらずルネサンス&バロック期の音楽に没頭しています。
Monteverdiのこの曲は本当に美しい曲。
けど、歌詞を読むと結構ドロドロ… 400年以上も前も今も変わらず
男女のいざこざはドロドロです。
最近はテレビをつければワイドショーばかりで、
ワイドショーはと言えば芸能人や議員の不倫問題ばかり。
いい加減うんざりなので、テレビは見ていません。




Si dolce è’l tormento
Ch’in seno mi sta,
Ch’io vivo contento
Per cruda beltà.
Nel ciel di bellezza
S’accreschi fierezza
Et manchi pietà:
Che sempre qual scoglio
All’onda d’orgoglio
Mia fede sarà.

La speme fallace
Rivolgam’ il piè.
Diletto ne pace
Non scendano a me.
E l’empia ch’adoro
Mi nieghi ristoro
Di buona mercè:
Tra doglia infinita,
Tra speme tradita
Vivrà la mia fè

Se fiamma d’amore
Già mai non sentì
Quel riggido core
Ch’il cor mi rapì,
Se nega pietate
La cruda beltate
Che l’alma invaghì:
Ben fia che dolente,
Pentita e languente
Sospirimi un dì.

So sweet is the torment
in my breast
that happily do I live
for cruel beauty.
In the heaven of beauty
let cruelty grow
and mercy be lacking:
for my faith will always
be as a rock,
in the face of pride.

Let deceitful hope
turn away from me,
let neither joy nor peace
descend on me.
And let the wicked girl
whom I adore
deny me the solace
of sweet mercy:
amid infinite pain,
amid hope betrayed,
my faith will survive.

The hard heart
that stole mine away
has never felt love’s flame.
The cruel beauty
that charmed my soul
withholds mercy,
so let it suffer,
repentant and languishing, and
let it sigh one day for me.

大学時代、イタリア語とドイツ語を学びましたが
(話せる程度では全くないですが)
この程度なら、なんとなくわかろうか…といった感じ。
色々な歌手の演奏を聴いてきましたが、このフランス人歌手の
Philippe Jarousskyの歌声とそれを支えるensembleがなんとも素敵です。
何度聴いても飽きません。

Again... 何度も言うようですが… 
以前、クラシック音楽は眠くなるから嫌い、と言ってくれた人がいました。
(まぁ、そう思う人がたくさんいるのは承知の上ですが)
好みの問題なので仕方がありませんが、
とは言え、好きな人やそれを生業にしている人を前にして、
「私はクラシック音楽を聴くと眠くなるので好きではありません」
などと失礼なことは言わないでほしいですね。
笑ってはいても、心の中ではムカッと来てますから。
いわゆるJ PopやAmerican Popsが好きなるのと同じように
クラシック音楽が好きな人も大勢います。
眠くなるのは、無知だから。
音楽の構成も、楽器も、時代背景も、演奏者のことも
何も考えずに聞いているから眠くなるだけのこと。
音楽の雰囲気もあるかもしれませんが、詳しく知れば知るほど、
眠くなるどころか、逆に冴えてしまって眠れなくなります。




by ecc_nagai | 2017-08-07 10:55 | Music:音楽