<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

My Kind of Weekend

a0136626_22275890.jpg



楽譜と格闘する週末。他にする事はないのかね…
と友人に突っ込まれる始末。
CDを聞いて弾いて、の繰り返しでした。
それはそれで至福の時と言うか…
そんな、側から見たらつまらない週末でした。
J.S. Bachに関しては、Henle版とSchirmer版がいいかな。
Peters版もいいです。
楽譜を選ぶ時は、出版社や編集者も考慮すべき。



by ecc_nagai | 2017-02-26 22:23 | つぶやき

Richter

旧ソ連時代、のちに巨匠と呼ばれるような素晴らしいピアニストが数多くいました。
そのうちの一人に、Sviatoslav Richter(日本語ではスヴャトスラフ・リヒテル)がいます。
偉大なピアニストでした。
1915年、3月20日ウクライナ生まれ。1997年8月1日没。

a0136626_10582010.jpg

彼が亡くなったとき、私はアメリカにいましたが、
ショックを受けたのを覚えています。
今年、没後20年… あれから20年。時が経つのは早いものです。
どうしてもプロコフィエフの戦争ソナタのイメージが強くて、
なんか怖そうな厳つい面相のピアニストだと思い、
なんとなく敬遠しておりましたが、最近になってもの凄く気になり、
つい先日の自分の誕生日プレゼントにCDを購入しました。

a0136626_11002586.jpg

レビューはとても良かったので、期待しておりましたが、
期待を大幅に超える素晴らしさ… じっくり耳を傾けております。
最近勉強しなおし始めたJ.S.BachのWell-Tempered Clavier
(平均律クラヴィーア曲集)です。
Book I & IIの両方とも収録されており、ピアノはBoesendorfer(ベーゼンドルファー)。
素晴らしく優しい音色のピアノです。
どのPrelude & Fugueを聞いていても涙の出るような美しさ。
Prokofievのイメージが強すぎましたが、とんでもなかった。
偏見とは恐ろしいものだと改めて実感。
このセットは宝物だわね…
今年没後20年のRichter。彼の素晴らしさと偉大さを実感する日々です。

a0136626_10575858.jpg







by ecc_nagai | 2017-02-24 11:09 | Piano:ピアノ

What's the Point of Learning English?

この仕事をしていて頻繁にきかれる質問。
「英語を勉強して、何になるんですか?」
「大学に入るために高度な英文法を学んで、大学に入った瞬間勉強しなくなったら
何のために英語を学ぶ必要があるんですか?」

モチベーションに関しての質問です。

日本は英語教育の取り組み方を、根本的に間違ってしまったのだと思います。
受験のため、センター試験のため、英検やTOEICなど、資格試験のため。
そのためだけに頑張っている人の方が断然多い。
親御さん方に関しても、「学校で良い点数をとってほしい」から、
「中学卒業するまでに準2級をとってほしい」から、
「大学受験の際に有利になってほしい」から…
などなど、何かで『楽をするため』に今英語を学んでほしい、
と仰る方が多いのが残念というか心苦しいというか。
この時点で、英語を学び、使い、話し、世界の人たちとの距離を縮めて
何か情報を得ることの喜びなんて、まったく考えていないわね。

誰かが
It really comes down to just empowering yourself,
having the ability to obtain information on your own.
と言っていましたが、その通り!

つまり、世界中の情報を自分で得られる権限を持てる、ということ。
世界の様々な情報は9割英語ですからね。

外国人の友達を持つ、とか、海外旅行に行ったときに困らない、
とかいう単純な理由も然りだけど、そんなことを言うと、
「別に外国人の友達なんていらないし、海外はテロがあるから旅行にも行きたいと思わない」
と、かわいくないことを平気で言う人が大勢います。
実際、当教室の高校生にもそんなことをいう人がいますから。
「外国人は根本的に日本人と感覚が違うのに、友達になんてなれない」
とかね。こんな閉鎖的考えしか持てない人は、かわいそう。
違う感覚を持つ文化から学ぶ喜びも大きいんだけど、それすら喜びと感じられないなんて。
中学高校生の反抗的な時期に、ただただ「勉強しろ」と言われて育つと、
モチベーションなんて上がらないものね。
異文化を学ぶ気にさえなれないのでしょう。

私は、「勉強したくない」と言う生徒たちに日々問いかけています。

誰のための勉強? 誰のために高校に行くの?
誰のために大学に行って、就職して、誰のための人生なの?
なんで英語を理解し、話せるようになりたいの?
なんで英検を取得したいの?
親のため? 人より何かレベルの高い資格を持つことに優越感を感じたいから?

理由は様々で良いと思うけど、考え方が狭すぎて笑っちゃうことが多々あります。
平然と閉鎖的なことを言う小学生もいますが、
これは本人はわかって言っているのではなくて、
親御さんの考え方なのではなかろうか…と思ってしまう。
人間、年齢を重ねると感じることなのかもしれないけど、
より知りたい、学びたい意欲が高まるような気がします。
英語英会話はそうであるべきなのよね、本来。
この学びに終わりはありません。
私は英語英会話講師をしておりますが、日々学び日々情報を得て、
日々感動したり、怒ったり、笑ったり。
毎日のように英字新聞を読み、英語でPodcastを聞き、
Facebookでアメリカ人の友人たちとコミュニケーションをとり、
アメリカ以外の諸外国の文化にも触れて学びたい意欲は募るばかりです。
様々な考えがあって仕方がないとは思うけど、
他の教科が追い付かないから、ある程度できるようになった英語をやめてしまう人は
将来絶対に学びなおしたい意欲に駆られると思います。
まぁ、やるかやらないかは本人次第ですけど。
親御さん方には、子供たちにただただ勉強することを強要せず、
勉強して、様々な違いを学んで、そこから得る何かを感じることの大切さを
子供たちに伝えてほしいと思います。



by ecc_nagai | 2017-02-23 09:25 | English:英語

英語教員の資質

先日、PodcastでBilingual Newsを聞いてたら、驚きの内容でした005.gif
京都府教委が中学校の英語担当の先生を対象にした、
平成28年度から始めた英語検定試験「TOEIC」受検事業について。
英語教師74人が受検したものの目標ラインに達していた先生はわずか16人!
OMG...

 目標ラインは、英検準1級程度の730点以上だったそうですが、

ほど遠いわね。

京都府教委の担当者は「厳しい現状と認識している」と話している、とか。

 先日も話題になっていましたが、文部科学省の次期学習指導要領によると、

中学校の英語の授業は英語で実施することが基本とされ、

現場でも英検準1級以上の英語力が必要、とのことです。

日本の中学校英語で準1級レベルが必要かどうかは微妙だけど、

せめて2級はとっていてほしいわね。

 

英語の先生の英語力が水準に達していないのに、

生徒たちの英語力を伸ばそうというのは無理な話じゃなかろうか…と

問題になっております。 

 さらに深刻なのは、受検者のなかには英検2級レベルの実力に達していない

500点以下の点数だった教員も14人いたとか!

最低点に関して言うと、280点! 

逆にどうやったらそんな低い点数をとれるのか知りたい。

TOEICは選択問題形式のテスト。

目をつぶって鉛筆を転がして選んだの? と聞きたくなる。

仮にも英語教師でしょ?どういうことなのかしら。


 500点以下の先生がたくさんいたというこの現状をどうするのでしょうね。

英語力不足の先生が中学の英語教師をしているということになると、

不信感が広がるのも仕方がないというか。

当教室の中学生の話を聞いていても、教え方のみならず

英語の微妙なニュアンスを知らなすぎる先生が多すぎて

正直呆れてしまいます。

以前、生徒たちから「先生言ったように書いたら、

教科書通りじゃないからという理由で間違い扱いになりました」と

言われたことがあります。

私は教科書通りの英語を教えていないので、こういうことが困るのですが。

だ・か・ら・・・

『日本人の英語はなぜ間違うのか』(マーク・ピーターセン著)

を読んでほしいのよね、特に文科省と先生方に。

天下り問題なんて問題にしている場合か!と怒り心頭。

中学校の教科書に根本的な間違いが多すぎて話にならない。

私もアメリカに行って、かなり直されました。

岩手県の英語教員の英語力はいかなるものなのでしょうか…

 全ての英語教員に留学を強要するのは無理だと思いますが、

授業以外の事務的&部活拘束を徹底して減らし、

ネイティブによる英語の研修を徹底したらいいのに、と思います。




by ecc_nagai | 2017-02-22 16:56 | つぶやき

昨日は

昨日は素晴らしい経験をさせて頂きました。
ありがたい…とは言え、試験審査を経て得た経験ですから、
自分の頑張りもあったわね…と思っています。
一日母校で過ごしましたが、懐かしい思いでいっぱいでした。
卒業して早22年。でも、相変わらず素敵な校舎です。
帰国後も何度か訪れてはいましたが、
昨日ほど長く校内にいることは無かったので
一人ノスタルジックな思いに浸っておりました。
始まる前、ちょっとふらふら校内を歩いていたら、
呼び止められました037.gif
事情を説明したら、笑われましたけど。
当時お世話になった先生方は殆ど既にご退職なされていますが、
昨日お世話してくださった先生は見覚えがあり、
最後にちょっと話をしました。
全てが懐かしい思い出です。
私の英語経験の基礎は、やはりあの学校にあると思います。



by ecc_nagai | 2017-02-20 12:22 | つぶやき

今時分になって

私にとって音楽は生活の一部ですが、
今時分になってAmazonのプライム会員であったことに感謝。
音楽聞き放題ですね!
仕事をしながら必ずと言っていいほどクラシック音楽を聞いています。
教室では、実際にレッスンをしている時もBGMで音楽をかけることが
多いです。
こんなに便利なものだったとは…
結構CDの数もあるのですが、1曲のためにCDを入れ替えするのが面倒。
そんな時、このプライム会員の音楽聞き放題がありがたい。
勉強がはかどるバッハ、仕事がはかどるバッハ、などなど。
ピアノ以外の楽器もランダムに入っているので飽きません。
ドイツが誇る3大B…Bach、Beethoven、Brahmsに加え、
大好きなルネサンス&バロック音楽、
MozartやHaydnなどの古典派、
Chopin、Schumann、Lisztなどのロマン派、
絵画を見ているかのような美しいDebussyやRavel、
そしてパリのエスプリを感じさせるようなFaure、Poulenc、Milhaud、Satie...
歌曲も良いですよ。イタリア歌曲、フランス歌曲、そしてドイツ歌曲。
名前をあげたらきりがありません。
どの作曲家のどの曲も素晴らしく素敵で、
そんな素晴らしい音楽に多少なりとも触れられることの幸せを感じる日々です。



by ecc_nagai | 2017-02-16 10:41 | つぶやき

何度見ても…

今、仕事をしながらBSで放送されている映画を見ております。
061.gif "The Sound of Music"

何度見ても良いですねぇ。何度見ても飽きません。
何度見ても泣きます。
私にとっての初めての洋画がこの映画で、
小学生でした。もの凄い衝撃だったのを覚えていますが…
この映画を見て「英語を覚えたい!英語を話せるようになりたい!」
と思って、何度も見て知っている単語をノートに書き、
聞き取れない単語も何個もあり、
何て言っているのかわからない表現は推測で辞書で調べたり。
中学校→高校と段階を踏むにつれて聞き取れる単語も増え、
「なるほど、こう言っているのか」と思ったり。
アメリカに渡ってからも見ましたが、
その都度字幕無しでも完全に理解できるようになり、
次第にニュアンスを読み取ることもできるようになった映画。
思い入れの深い映画です。
本当に久し振りに見ていますが、いつ見ても音楽が素晴らしいです。
いつか完ぺきに理解したい!と思いに思い焦がれた映画を
こうして字幕無しで見られるようになったことが
とても感慨深いというか、何というか…
それにしても、トラップ大佐が素敵ですねぇ〜016.gif
こんな素敵な俳優、きっと出てこないだろうなぁ。
歌も上手だし、いつ見ても上品で素敵な紳士です。
今はもうかなりの年齢になられてしまいましたが…
もう少し見ながら仕事をしたいと思います。



by ecc_nagai | 2017-02-13 15:15 | Movies:映画

楽しみな生徒

新しい生徒が増えると、とてもワクワクします。
今年は既にたくさんの申し込みを頂いておりますが、
その中でも楽しみな方々がいます。
まずはピアノの生徒。
全くの初心者ではなく、半年のブランクを経て他教室から復帰。
心から音楽や西洋文化が好きな生徒です。
ピアノを学ぶ際、その気持ちは大切ですからね。
早速、初回レッスンに向けてピアノに向かう時間が増えたとか…
今年はコンクールと検定試験の審査員を務めさせて頂いて、
その『心』の持ち方の大切さを感じます。
音楽や言語を通して様々な文化に触れ、
その違いを理解し敬う事ができるような生徒になってほしいと
心から思います。



by ecc_nagai | 2017-02-07 09:45 | つぶやき

C♯ Minor / cis moll / 嬰ハ短調

平均律クラヴィーア曲集 第1巻より



やはり難しい… PreludeはまだしもFugueが。
5つの音をどう響かせるのか。
Counterpoint(対位法)の知識があっても、
頭の中で理解していても、
実際に音に出すと難しい…
しかも、このFugueにはキリストの受難が暗号のように隠されてます。
十字架を背負ったキリストの受難とかね。
Bachはルター派の敬虔なキリスト教信者だったので、
自分の音楽にその精神を自由に取り込んでいます。
知らないと淡々と弾いてしまいそうですが…
面白いです060.gif

by ecc_nagai | 2017-02-05 14:42 | Piano:ピアノ

母校へ…

先月はピアノの審査を2回もし、
今月は英語の審査も依頼されました。
会場は母校です。
久し振りの母校へ… 緊張するなぁ。
ここ何年も行っていないのですが、
きっとそこまで変わっていないだろう…と
思います。トイレはかなり変わったらしいですが。
来週は児童英検への引率、
その次の週は朝早くから審査。
今月も日曜日が潰れます…
でも、ありがたい経験です。



by ecc_nagai | 2017-02-04 20:07 | English:英語