<   2016年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

梅雨の庭

a0136626_11091164.jpg


a0136626_11091152.jpg


a0136626_11091187.jpg


a0136626_11091138.jpg


a0136626_11091184.jpg


a0136626_11091135.jpg


a0136626_11091182.jpg


a0136626_11091286.jpg


a0136626_11091296.jpg


紫陽花が綺麗に咲いています。
クレマチスは2番花が咲き出しました。
昨年はナメクジに食べられたので、早いところ対策をしておかねば‼︎
新品種のアサリナのクリーム色の花が、金魚草みたい… まぁ、良しとしよう。これはつる性なので、ベンチに這わせるつもりでしたが、どうでしょうか。

バラはもうちょっとお休み。
両隣もバラを植えていますが、全く消毒をしないので、どんなに対策をしてもバラゾウムシがつきます。
ここだけの話、正直、困るemoticon-0107-sweating.gif

バラは虫がつきやすい花。植えて楽しむのは自由だけど、ケアも必要なんだよね〜 初夏の開花ピークを過ぎたらそのまんまってのはやめて欲しい。

その点、紫陽花は虫はつかないし病気にならないしで楽ちんです。





by ecc_nagai | 2016-06-28 10:58 | My Garden:庭

Sublime

"Nobody makes music like this anymore..."と誰かが言ったけど、本当にその通りで。



私の中で、J.S.バッハ (1685-1750)は音楽というカテゴリーの中で最上部の一番上にいる人です。クラシック音楽、ジャズ、ポップス、ロック、なんでもいいですが、作曲家と演奏家を含めて、全ての上にいる人だと思っています。
こんなに美しい曲を作る人はもう二度と出てこないでしょうね。
バッハが生きた時代背景もあるとは思います。今のようにデジタル音が全く無い時代に生きた人の音楽は、研ぎ澄まされていて美しい。自然の音と人間の声、動物の鳴き声と楽器しか音を出すものがない時代。テレビもラジオも車もバイクもない時代ですからね、現代人には考えられない『音』の少なさだったでしょうが、その分私たちより昔の人たちのほうがずっと耳も良かったのだと思います。

これを美しいと思えない、ただ眠くなるだけ… なんて思うような人間にならなかったことが、本当に幸せだと思います。

J.S.バッハの音楽は、独奏、室内楽、声楽、全てにおいて無駄のない美しさです。

by ecc_nagai | 2016-06-28 10:28 | Music:音楽

ちょっとがっかり

Brexitという造語をよく見ますね。Facebookを見ていても、あの投票以来、毎日のように見る造語。
EUから離脱したイギリス。スコットランドは、再度独立を試みるようです。
そうなると… もはや大英帝国とは言えないとか。The Great Britainじゃなくなります。
地図や法律もいろいろと変わっていくのでしょうか。
なぜ、いまこのような事態が起こっているのか… 

移民排除? むか~しむかし、アメリカやカナダに移住した大部分は何人だったっけ?
イギリス人やフランス人、スペイン人、ドイツ人やイタリア人じゃなかったっけ?
アメリカが今のアメリカ合衆国になる前、新境地目指して移民として乗り込み、原住民(先住民)を迫害して自分たちの思うがままの国づくりにしたのはどこの誰? そんな昔のこと…なんて言えるようなものじゃないわよ。先住民たちがどれだけひどい差別をされたか。自国にいながらいまだに居留地で生活しているしさ。どれだけ残忍な方法で大勢の先住民たちが殺されたのか、日本にいれば知らないことのほうが多い。私もアメリカに行くまで知りませんでしたが、その残忍さを学んだときはショックが大きすぎて涙すらでてこなかった。
 
よくもまぁ、自分たちの祖先がしたことを棚に上げて今の移民を迫害するものね。
イギリスにもフランスにも、ドイツにもがっかり。ドイツにはユダヤ人に対する迫害の悲しい歴史があるにもかかわらず、また移民に対する酷い差別が始まっている。
もちろん、国民全員が全員そうでないことも理解していますが、そこが政治の恐ろしいところ。
日本の歴史を見ても同じこと。
日本の男たちは戦時中フィリピンやインドネシア、中国大陸や朝鮮半島でひどいことをしてくれたものです。戦争とはいえ、よくもアメリカ相手に真珠湾を攻撃してくれたものです… 
あの時代の苦い歴史的事実があるからこそ、70年以上たった今、そんなことを絶対にしないだろうと思う現代の私たちまで恨まれるんです。恨みは後世まで続くのです… 当時の日本政府が決断した愚かな決断が、後世の私たちの肩にも重くのし上がってくるのです。
迫害の歴史とはそういうもの。だからこそ繰り返してはいけないはずなのに。
移民の問題は、日本だって『蚊帳の外』とは言ってられない時代が来るでしょうね。
ただでさえ税金を無駄遣いしている日本政府ですが、いざと言う時にどのように対処してくれるんでしょうか… ある日突然、地域社会がガラッと変わるほど移民が増えたら、私たちは一体どのような態度をとるのか。人種差別は絶対にいけないとは思いますが、人間は自分と違うものを持つ者を時に敬い恐れます。差別が全くない世の中なんてありませんから。

今回のイギリスのEU離脱問題を通して、様々なことを学ばせてもらっています。
経済的なことはもちろんですが、何より人種間の争いが再発するのではないかと思うと、恐ろしく不安になります。きっとこのままで終わり…ということではないでしょうね。イギリスの離脱派の議員たちの公約のウソが発覚しだしているのを見ると、賢いイギリス人は黙っていないと思います。大荒れのイギリスですが、早く目覚めてほしいものです。

by ecc_nagai | 2016-06-27 22:54 | つぶやき

かわいい



猫と犬は仲良くなれる。
赤ちゃんの時から一緒なら、まったく問題ないと思います。
我が家の猫たちは(今はWolfy君のみですが)犬が大嫌い。
一緒に育たなかったので、ちょっと抱っこして外に連れてった時に犬に出くわしたら、パニック状態に陥ります。他の猫を見てもパニック状態でした。

なんでも環境です…

この犬のChipと猫のAdeleは、保護施設でずっと一緒で、新しい飼い主に引き取られた時も一緒。良かった… ずーっと兄弟のように一緒にいたのに別々に引き取られたら元気がなくなってしまいます。

Wolfy君はStanzieと生まれた時から一緒だったので、Stanzieがいなくなってから大変でした。DinaがいなくなったときはStanzieが寂しがっていたけど。いつも落ち着かなくて、あらゆる場所を探しているようで… 本当にかわいそうでしたが、最近はもうどこにもいないことを理解できたのでしょうか。悲しむどころか天下です。

by ecc_nagai | 2016-06-26 17:33 | 癒し

Great Idea!

小学生クラス(低学年)に良い ↓



かわいい。iPadにて無料でダウンロードできるのが良いです。
クリエイターによると、『アメリカ人の子供の読解力の低下を懸念して楽しい学習方法を見出した」とのことですが… 日本もアプリケーションの発達で授業でiPadを取り入れている学校が多いですね。本当は私ももっと取り入れたいところですが、iPadを持っていない、iPadを持たせたら大変なことになる…と敬遠されました。こういう事は全員からのGOサインがないと、実現は難しいものです。
でも、教室でプロジェクターを使っての学習ならうまくできそうです。取り入れていけたら…と思います。

by ecc_nagai | 2016-06-25 09:15 | English:英語

So Irritating...

Irritating... わずらわしい、とか、イライラする、という感じで使う表現です。
もともと"irritate"(煩わさせる、イライラさせる)という動詞があります。
そこから派生した形容詞が "irritating" と "irritated" 。
同じ形容詞でも、使い方を間違えてしまうと話し相手に誤解されますので要注意です。
もともとが「誰かをイラつかせる」というニュアンスで使われる動詞なので、自分がそう感じるのならirritated、そう感じさせるものにはirritatingを使います。

例えば…
「このPCイラつく!」と言いたいなら、

I'm so irritated with this computer!
か、
This computer is so irritating!
で伝わります。
同じニュアンスで使えますが、要は主語が違うだけ。

上は、主語が人。人はそう感じさせられる動物なので、今どう感じさせられているのかを明確に伝えたいときに使う表現。
下は、主語がもの。人をそう感じさせるものに焦点を当てています。
なので、結論から言うと、結局どちらの表現でもいいというわけです。

このような『分詞形容詞』は結構会話でも使います。
例えば、「疲れた~」なら "I'm tired. " だし、「つまんな~い」なら "I'm bored."
これを間違った使い方をしていた芸能人がいて、テレビで見ながら「うわっ、恥ずかしい…」と思ったことは多々ありますemoticon-0136-giggle.gif 
きっと、彼は「つまんな~い」と言いたかったのでしょうが、"I'm boring." と言っていました。日本語にすると、「ぼくはつまんない人間」と宣言しているのと同じ。…ううむ。 自分の意図したことと違うことが相手に伝わってしまします。世間にはちゃんと英語を使いこなせる人がいるので、適当なことを言うと「薄…」と思われるので気を付けたいです。

さて、英語レッスンはそこまでとして…
私はプリンターに非常にイラついております。仕事がら、プリンター使用率は一般家庭よりは高いと思いますが、それにしても、昨年11月に購入したばかりなのに既に使えなくなったプリンター。
Unbelievable... です。実は、何とか使おうと思えば使えますが、普通の当たり前の使い方はできません。ややこしいのですが、ちょっとローラーの部分に支障がきたして、紙はずれるしぐじゃぐじゃに巻き込んでしまうしで、最悪です。
仕方がない… お役目を果たしていないのに果たしたと言い聞かせ、新規購入ですよ。
仕事なので、仕方がありません。PCやプリンターが無いと機能しない仕事… 嫌気がさします。

イライラ、イライラ… 引きずらないように気を付けたい。

by ecc_nagai | 2016-06-23 12:23 | つぶやき

雨の日は…

余程の用事がない限り、外に出たくありません。
そんな日は、事務の仕事&情報収集です。

当教室は高校生が多いので、高校生が興味を持ちそうなものを調べてレッスン内に取り入れたいと思うこの頃です。中学生は、今やっていることに確信が持てない感じ。発展途上ですから。高校生もまだまだ知識は薄いですが、基礎力を身につけた生徒たちはより深く知りたい欲求が大きくなっています。将来、英語に携わらないかもしれないけど、いつどこで貯めた知識の引き出しが有効活用されても良いようにしておきたいものです。

今週から来週初旬にかけて、中学校では期末試験ですね。
中1にとっては初めての定期試験。どんな結果を持ってくるのか、とても楽しみです。

by ecc_nagai | 2016-06-23 09:57 | つぶやき

私は嫌い

別に気にしなくて良いんじゃない⁇ って思われそうですが…

こんにちわ、じゃなくて、こんにちは。
こんばんわ、じゃなくて、こんばんは。
アボガド、じゃなくて、アボカド(本当はアヴォカドと表記してほしい)。

私的には〜 とか、〇〇的には〜、と、自分や子供を客観視して表現する…
何でもかんでも「コラボ」とか「セレブ」とか言う人。
元の意味を知っているのか。
苦手だな…
英語では、何かにつけて I myself ... とインテリぶる人。
やっぱり苦手…

流行りの言葉はあります。以前、金田一春彦さんが仰っておりましたが、これは仕方がないことらしいです。時代と共に言葉は変化する、と。

でも、「は」と、「わ」の違いくらいは小学校低学年で学ぶこと。これだけは変えてほしくない。国語教育上、よろしくないのではなかろうか。 物凄く違和感を感じる。

私は、どうしても好きになれない。

by ecc_nagai | 2016-06-22 15:39 | つぶやき

ううむ…

Pinterestにハマって、好きな画像をpinしていたら、世界のどこかにいる誰かにフォローされておりました。別にそれは全く構わないのですが、フォローしてくれた人がどんなものに興味があるのか興味があります。ややこしいですが…
中に、ゾッとするような画像を取り込んでいた人がいて…
イスラエルのパレスチナの方でしょうか…
明らかに英名でも見慣れたヨーロッパ言語ではありません。

み、見なきゃ良かった…

パレスチナの現実を伝えたいのでしょう。それを見た誰かが、行動を起こして世界が平和になれば素晴らしい。でも、私にはショッキング過ぎて吐き気すら覚えました。ごめんなさい。

パレスチナやイスラエルの問題は根深い。ガザでは信じられない状況が続いている…

そんなことを思いながらテレビのニュースを見れば、参院選と既に嫌気がさす都知事問題。
お互いの話を聞かずに批判ばかりをしている党首討論。
お金持ちのボンボン議員や二世議員が多い日本。
こんな人たちに、節税という2文字は無さそうですね。
国民が今何を求めているか…なんて、本当に考えているのだろうか。

あ〜あ、日本はなぁ… と思っても、銃声や爆弾に怯え、生きるか死ぬかの争いにビクビクした日々を送る人たちも世界にはいる現実。
私たちは、まだ幸せ…かもしれません。

by ecc_nagai | 2016-06-21 22:17 | つぶやき

今の中2以下は

大学に進学する希望を持っているなら、知っておいた方が良い事がたくさんあります。

中3以上の生徒たちも、将来教職に就く可能性だってあるわけだし、もちろん親になる可能性だってある。その時に無知ではいられない状況がきそうです。

英語教育に関しては、大改革が進んでいますが、この周辺の小中高校でどれだけ意識されているのか…と思うと恐ろしくなります。

知らない、知らなかった… では済まされない時代が来そうです。

英語において、今後益々問われるであろう4技能。ご存知ですか?

「読む」「聞く」「書く」「話す」

です。

現在は、まだ2技能の「読む」「聞く」 のみが問われるセンター試験。
これではただの受験英語で終わってしまうのは当たり前。こんな馬鹿げた試験方式ばかりを重要視するから、英会話力の無い人でも平気な顔をして英語・英会話を教えている現状。


やはり、綺麗な発音で瞬間的に理解できる英語力が必要になりそうです。通訳なんて必要無いってくらいの英語力を身に付けたいですですね。程遠いけど…

英語力はあって当然。ちゃんと習わなかった人は、結局いざという時に力を備えていないので苦労するのも当然。益々、そんな時代になりそうです。

さて、今後の大きな改革については夏の面談でお伝えできたらと思っております。

by ecc_nagai | 2016-06-20 23:02 | English:英語