<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

American? or British??

ご存知の通り、英語はアメリカ英語とイギリス英語に分類されます。
単語の中には、その意味や発音、表現などに大きな違いがあるものや、紛らわしいものもあります。ここが厄介なところですが、その違いを知らずに会話をしていると食い違いが生じたり、誤解や衝突も起こしかねない場合も… ということで、いくつかをご紹介します。

★ first floor
アメリカ: 一階   イギリス: 二階

まぁ、ややこしい。じゃあ、一体イギリスで一階は何と言うのか… ground floorと言います。

★ chips
アメリカ: ポテトチップス   イギリス: フライドポテト

ちなみに、アメリカでフライドポテトをオーダーする時は、"french fries" と言わないと通じません。何でfrenchなの? と言いたいところですが、それは後で。イギリスではfish & chipsが有名です。私も食べたことがありますが、ガッツリフライドポテトでした。

★ football
アメリカ: アメフト   イギリス: サッカー

サッカーに全く興味の無い私にはどうでも良いことですが。

★ bomb
アメリカ: 大失敗   イギリス: 大成功

本当にややこしい。どちらも俗な用法。アメリカでも超ポジティブな表現で使われたりもしますが。
ちなみに、この発音はバに極近いボムですので、最後のbは発音しないように。月曜日のあるクイズ番組で「ファイブボンバー」とありましたが、正確な英語で言うなら「バマー」です。

★ public school
アメリカ: 公立学校   イギリス: 私立学校

まったく… この辺に来ると、正反対なので腹が立つ。

★ jelly
アメリカ: ジャム   イギリス: ゼリー

これは絶対にイギリス式が良い。日本でもおなじみのゼラチン菓子はイギリス英語なんです。このお陰で、アメリカ生活でも最初の頃は慣れるまでに時間が掛かった。peanut butter & jelly sandwichなんて、アメリカ人が大好きな食べ物ですが、最初聞いた時は、あの甘ったるいピーナッツのクリームとゼリーを一緒にサンドして食べるって、アメリカ人は変!!! なんて思ったけど、ピーナッツバターは甘くないしjellyはイチゴジャムのことだったし、本当に頭の中でイメージを整理するのに時間が掛かったっけ。

★ biscuit
アメリカ: スコーン類 (まさに、KFCのビスケットです)   イギリス: クッキー類

日本でもおなじみのビスケットは、イギリス英語から来ていることがわかります。

その他にも、数々の紛らわしい単語がありますが、今日はこの辺で。
ちなみに、私が一番印象に残っているのが「列」と言う意味の使い方の違い。
アメリカではlineですが、イギリスではqueue。発音は「キュー」 
初めて聞いた時、「何、それ… 」って感じでした。
こういった感じで、単語自体が全く違うケースも数多くあります。

by ecc_nagai | 2015-12-29 18:34 | English:英語

今日も

a0136626_09584056.jpg


金曜日クラスは今日が最後。
皆、受験生‼︎
Xmasなので、ちょっぴりケーキを食べながら、楽しく過ごしたいと思います。



by ecc_nagai | 2015-12-25 09:56 | つぶやき

まさに

a0136626_09070329.jpg



本来の意味ではなく、前向きな意味で。
猫のイラストが笑える037.gif

by ecc_nagai | 2015-12-24 09:06 | つぶやき

今朝の

BS hiで放送していた「世界でいちばん美しい瞬間」で、ドイツの都市、アウグスブルクのクリスマスマーケットが放送されていました。再放送でしたが…

この時期、毎年のようにドイツのクリスマスマーケットを目にします。
羨ましい限り。本当にキラキラ輝いていて、寒くてもどこか温かな雰囲気のマーケットの数々。
アウグスブルクのマーケットは一際美しい。

a0136626_13272531.jpg


いつか行きたい… この時期、余計に空想の世界に飛んでしまいたい気持ちに駆られます。
今週が最後のクラスばかりですが、ちゃんと指導できただろうか… という思いばかり。

by ecc_nagai | 2015-12-23 13:29 | Europe

Regrets

自分の投稿を読んでは、まぁ、愚痴っぽくて嫌だこと!!!
と、自分が嫌にもなりますが、この時期は仕方が無いわね。

明日は祝日だし、とっておいた美味しいワインでも飲みながらゆっくりしようか…
って、明日もレッスンだし出来ないじゃない!!!
まったくもって、自分の性格が腹立たしくさえなる。

今、今月のスケジュールを見て驚愕。年末、どーっと予定がびっしり。
何を考えてこんなに予定を入れてしまったのか… Oh, silly me ~ って笑えない。
いつになったら本気でゆっくり休めるのか…
年末の大晦日だって、食事の準備やらでゆっくりできない。

何なのよ~!!! What the f×××!!! Pardon my French037.gif

スケジュール帳が怖い020.gif

by ecc_nagai | 2015-12-22 11:14 | つぶやき

Every Year...

何を言っても、何をしてあげても、思いの伝わらない人はいます。
講師として、生徒一人一人の能力を認め、改善点を指摘し、将来の為に…
と思っても、伝わらない人には伝わらない。
そうかと思うと、英語のみならずコミュニケーション能力の大切さを理解し、私の教え方や考え方に賛同して努力し続けてくれる方もいます。当教室は両極端。なかなか理解して頂けないけど毎年何とか通わせている方と、新聞を注意して読み、ネットなどを通して教育変革に鋭く関心を持って子育てをし、宿題の取り組み方や家族内での学習の取り組み方を徹底している方。あまりに両極端で、正直苦痛で胃が痛くなります。もちろん後者の方々との面談は話が弾んで、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

スーパーラーニングが導入されて早いもので8年ほど。2020年の大改革に向けて、少しずつでも確実に指導要領も変化しています。私と同様アメリカの大学卒業して、関東&関西で英語・英会話を教える友人たちと話をすると、あまりの地域的違いに愕然としてしまう。やっぱり、この地域は英語変革に対する感覚が遅すぎる。
私が住むこの場所は、この地域は、英語教育に関してはなかなか厳しい環境ではありますが、「置かれた場所で咲く」べきなのか否か… 実はあまり共感出来ない考えだけど、今の私を頼って頑張ってここにきてくださる方の為に私も誠心誠意答えるのが責任だと思って頑張っています。

それにしても…
「どうせ、日本を出るつもりもないし、話せなくても生きていけるし…」
「英語より〇〇(スポーツ)を優先したいし…」
「中学校に入る前に、もっと遊ばせたいし…」
「ただでさえ学校の宿題が多いのに、英語の宿題を終わらせるのが大変だし…」
「先生に高校英語を教えることができるの?」 ←昨年言われた、本当に、失礼な人の言葉。
私は高校英語が一番好きで、一番教えるのが得意なんだけどねぇ015.gif 

もう、毎度のことですが、この時期の面談でいつもガッカリする言葉の数々。
失礼を承知で書きますが…

甘い!!!

そういう方は、無理して私のところに来なくても結構です。
思う存分、スポーツに明け暮れ、思う存分宿題から逃げ、思う存分遊ばせてあげてください。
そして、本当に大切な時に痛い目に遭って思い知れば良い!!! な~んてね。
私には、教室の方針も私の信念も変えるつもりはありません。厳しい事を言ってしまいますが、
Have a nice life. です。
「だったら何をどうしたくて英語・英会話を学ばせようと思ったの?何で、当教室に来ようと思ったの?」と言いたい。無体の時点で、宿題と繰り返し練習の重要性を伝えたつもりだけどなぁ。
何をどう期待していたのかな… こういう愚痴を言うと、我が母は、「ただ、知らないだけなんじゃない?」とかる~く言います。知らないだけね… 無知や偏見は、本気で恐ろしい。理想を言ったらきりがないけど、ある程度の理想を追求しないと仕事なんてやってられない。 

保護者の皆様は、ほぼ私と同年代の方ばかり。しっかりとした義務教育を経て、高等教育を受けた人ばかりで、「自分が英語で苦労したので」とか、「英語が話せたら、どれだけ良かったんだろう…」と仰います。「中高通して6年間勉強したのに、全然英語が話せなくて…」とよく耳にしますが、中高校6年間の英語授業だけで話せるようになったら苦労しません。事実、学校での授業年数だけで話せないから、大人になっても教室に通ったりレッスンを受け続けて、海外旅行に行ったときにその成果が見えて嬉しくなるのが英会話なんじゃないの?それだけじゃ、ダメなの?留学する気が無くても英会話力を身に付けたいのは何故?それは、旅行や外国人との触れ合いがしたいから? でも、外国人を目の前にすると、逃げたり黙りこくるじゃない。
私は時々、「先生はアメリカに行く前から英語が出来ましたか?」と聞かれます。謙虚さも必要な日本。でも、正直、出来ました。英語だけは得意だったし、だからこそ大学に行ってまで日本人から英語を教えてもらう気にはなれなかった…それだけ。当時、留学経験のある英語教師なんて滅多にいなくて、高校でも、クラスに必ずと言っていいほどカナダやアメリカの留学生がいたけど、いつも彼女たちと英語担当はもめていたっけ。あの当時の先生たちは厳しく指導する割に、発音やイントネーションは不正確だったり、第一コミュニケーションがうまく取れていなかったような。いつも留学生は怒ってたわよ。
英語はある日突然、奇跡的に口からペラペラ出て来るものではない。
お金を払えば何でも思い通りなんて、そんなこってこての典型的な資本主義的考えで言語習得は有り得ない。練習あるのみ。練習が嫌なら、何年も英語圏の国で生活するのみ。まぁ、英語圏の国で生活するには数倍も努力は必要だけど、英語しか通じない環境に自分を置くと、ある程度は話せるようになるわね。
それが出来ないなら、諦めてコツコツ日本で努力しなさい。としか、言えない。単語練習が嫌だ、音読が面倒くさい、長文を見ただけて気持ちが萎える…そんな後ろ向きな考えで英語が上達するわけがないわね~ そんな奇跡があるなら見せてほしいくらい。

あ~、すっきりした。嫌われても仕方が無いわね。講師も教師も嫌われて当然の仕事。私の考えに賛同して頂けないなら、嫌われても結構だわ…と最近は思います。私は、絶対に安売りはしたくない。

時に、開き直りは必要045.gif

by ecc_nagai | 2015-12-22 10:25 | つぶやき

いつの間にか

やはり12月はとてつもなく忙しく、気づいたらあっという間に20日。
今年も残り10日ばかり…
齢をとるのは当たり前ですが、毎年この時期になると「あ~あ…」とため息が出る。

さて、一応面談期間が終わりましたが…
実は、まだ明日からの一週間は続きます。
本来は早めに終わらせたいところです。
この時期、児英検、成績表の記入、年賀状書き、クリスマス会の準備、冬休みの課題準備、などなど、本気で忙しい。しかも、忙しすぎて空回りすることも多々。
何もしないで、普段は見もしないテレビ番組をボーっと見ていたり、現実逃避をするかのようにゲームに没頭してしまったり。
本当に、嫌な時期です。
嫌な時期だから、本当はガッツリ休みをとって海外の友人のもとへ遊びに行きたい。
理想も理想。毎年叶わない願いです。

書きたいことは山ほどありますが、まだ明日の仕事が残っているので、この辺で。
また、ゆっくり書く時間が欲しいものです。

by ecc_nagai | 2015-12-20 23:22 | つぶやき

ノーベル賞とグランプリファイナルと…

昨日のノーベル賞受賞者の晩餐会の映像には鳥肌が…
物理学賞って、ノーベル賞の中で最も権威の高い賞とか。
何故か、スウェーデン国王陛下にエスコートされて最初に出てきた梶田さんの奥様の着物姿に感動‼︎ すごいなぁ… 80歳の大村教授の表情も素敵でした。
最近は日本人受賞者が当たり前のように出ているノーベル賞。この時期、すっかり恒例の行事になりつつありますね★ 毎年、素晴らしい受賞者が出てくるのを楽しみにしだしています。

さてさて、今朝早くあったフィギュアスケートグランプリファイナルの男子ショート。
結果を知って、大急ぎで動画をチェック。海外のテレビ局による放送が早くもアップされていました。
凄かったですね〜 speechlessとはまさにこのこと。凄いとしか言いようがない。
こちらも鳥肌。絶対王者ですね。この点数を塗り替える人がこの先出てくるのか。
自分が出した世界歴代最高点を更に更新って。
フリーも楽しみです★ と言うか、私は松岡修造と織田信成の熱い分析とリアクションが好きだなぁ。面白すぎる。

色々あった一週間でしたが、ノーベル賞とグランプリファイナルのお陰で、ちょっぴり気持ちが晴れやか。

by ecc_nagai | 2015-12-11 22:44 | つぶやき

色々

この一週間、色々ありました。
San Bernardinoでの悲しい事件。Londonでの事件。
Parisの事件は未だに心にずっと残っていて、忘れられません。

つい数日前、フィンランド人でアメリカのUCSDでヴァイオリンを教えているPaivikki(パイヴィッキー)の誕生日だったので、Facebookを通じでメッセージを送りました。ご主人のJanosはハンガリー人のヴァイオリン教授。彼にも色々とコーチングしてもらいました。
本当にお世話になった夫婦。

Janosにもよろしく

軽い気持ちでメッセージを送ったら、「2013年にJanosはheavenに行ってしまった」との悲しい知らせ。一時、一切Facebookを見ない時期があって(特に何の理由もないけど)全然知らなかった、と言ったら恥ずかしいほど、私にとって衝撃的でした。
悲しくてショックで、Paivikkiに即座にメッセージを送ったら、気にしないで…と。最近、Janosを思い出しながら、彼と生きた人生がどれだけ豊かで幸せだったか笑顔で思い出せるようになったのよ、と、Paivikki。
素敵な夫婦でした。年の差はあったけど、ハンガリー人とフィンランド人。お互いにプロのヴァイオリニスト。わかりやすい指導と独特な芸術センス。私がPaivikkiの教え子で親友のAldoとBrahmsのヴァイオリン・ソナタのピアノを弾いた時、Janosはとても褒めてくれた… 演奏会の後、握手して、頬にキスをしてくれたっけ。何だか、すごく嬉しかったのを覚えています。

そんな事をずっと考えて涙が出る数日間。
Thank you, Janos... I'll cherish your smile forever★
You're a great teacher and inspiration to my music studies.

a0136626_2320337.jpg

by ecc_nagai | 2015-12-09 23:21 | つぶやき

発音

英語は発音が大切!!!
読み書きには文法は必要だけど、リアルタイムで(嫌な表現で本当は使いたくないけど、これでしか伝わらない)相手に誤解無く伝わっているかどうかは文法よりも発音のような気がする。どうかな。
アメリカ留学時代、いつも完璧な文法の日本人女性留学生がいたけど、彼女の発音は典型的なカタカナ語読みの英語だった。
彼女の周りのアメリカ人たちは、いつもニコニコ笑顔で対応した後、
"What did she just say? I tried to understand what she was saying, but I barely got it..."
と困惑気味。
私がそばにいた時は、いつも通訳のような感じだったなぁ。もちろん、彼女が傷つかないように彼女が去った後の出来事だったけど… 今思うと、嫌なものだわね。自分では伝わっていたつもりだろうけど、全然伝わっていなかった。親切なアメリカ人は理解しようと一生懸命だったけど、みんながそんなに親切でもない。

ということで、いつも言ってはいますが、発音はどうでも何とか自分が伝えたいことが言えればOK!!!
という時代は、とっくに過ぎ去りましたね。

発音が酷いと(悪いと)、相手に伝わりませんから。

さて、日本人が苦手とする発音と言えば…
やはり、thの使い方もだけど、LとRの違いも大切。そして、bとvの違い。
これも日本語には無い発音なので、ややこしい。
たったこの一語違いで大きな違いが生じてしまうので、せめて自分の生徒たちには本気で気を付けてほしい…と思うのですが、なかなかねぇ。発音が苦手なのか、私の前では敢えて下手な発音をしているのかわかりませんが、当教室でも発音が本当に良い生徒はほんの一握りです。

さて、bとvで十分に気を付けたい単語の代表格と言えば、

best / vest
best: 最高の
vest: 服のベスト

bat / vat
bat: コウモリ、野球のバット
vat: 容器のバット

berry / very
berry: 果実のベリー(ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどなど)
very : 非常に、とても

biking / viking
biking: 自転車に乗ること
viking: ヴァイキング(北欧の民族的集団)

boat / vote
boat ボート
vote: 投票する

bet / vet
bet: 賭ける
vet: 獣医

base / vase
base: 基礎
vase: 花びん

小学生の生徒たちは素直に聞きいれて頑張ってくれる発音ですが、中学生は完全無視だからね~ 何を言っても返事も無いし、「いちいち面倒くさい」とか、「いちいちうるさい」とか言われるので、最近は無理強いして発音を強化させるのはいかがなものか?と思う始末です。

さてさて、話を戻しますが、あるフランス在住の日本人の方が、「フランスに住んでわかった日本の〇〇が足りない語学教育」というコラムを書いておりました。じっくり読むと、なるほど...と思う事ばかり。
引用しますが…

日本語、中国語もそうですが、漢字は音よりも字の形を重視。漢字を見て、意味がわからなくても形で推測できる。日本語の音よりも漢字の形で意味を推測していることが多いはず。
一方、英語やフランス語は字よりも音を重視。(中略)日本人が西欧に比べて識字率が高いのも、日本語が文字を重視していて、英語やフランス語が音を重視するのから来ているかもしれない。しかし、この日本語の文字を認識することを重視することが、そのまま日本の英語教育の根本にある。(中略) テストに出てくるのは、英語の単語の意味を書いたり文法の問題だけで、英語の発音を自分で発音してチェックすることは一度もされたことがない。
そもそも英語の先生の発音が正しいのか怪しい人ばかり。
そんな日本の英語教育を最低でも中学から6年間受け続けているので僕たちは発音はそんなに重要ではなく、単語や文章の意味や文法の方が大事なんだと無意識にそう思わされている。(中略) 
日本の語学学習ではどうしても発音が疎かになり、そのおかげでさんざんな目に。
ルーブル美術館に行きたくて道をフランス人に聞いたけど、ルーブル美術館(Musee du Louvre)のLouvreの発音が悪くて聞きとってもらえない。(ちなみに、英語でもルーヴですから) 他にも、ヴェルサイユ宮殿(Chateau de Versailles)のVersaillesが分ってもらえないなど、名称が聞きとってもらえなかった。(英語ではヴァーサイですから) 
(中略) 単語や文法がわかっても発音が悪かったら、昔の僕のように肝心な会話が伝わらない事に。それに、発音が出来ないということは聞き取りも出来ないということ。(中略) フランス語が聞き取れるようになったのも何度も何度もしつこく発音を矯正されたから。

とのこと。まぁ、語学の基礎は発音と聞くこと+声に出して読んで自分の声を聞いてみることですけどね。出来れば、発音が正確に出来るプロにしっかり聞いてもらって直してもらうこと。だからこそ、私は生徒たちに可能な限り伝授しようと思ってはいるのですが、なかなかうまくいきませんね。
日本での英語教育の遅れは、なかなか取り戻せないと思います。2020年のオリンピックに向けて、首都圏では様々な改革がなされていますが、地方は全然でしょう? しかも、2020年以降にどうなっているのかが全く見えない感じで、本当に大丈夫か心配になります。

やる気のある生徒には、今まで通りしっかり伝授していこうと思います。

by ecc_nagai | 2015-12-06 00:39 | English:英語