カテゴリ:My Fridends:友だち( 11 )

厳しい親友に感謝

昨夜はとてもproductiveな夜でした。
先週末のある一件から、ちょっと考えることが多かった私ですが、
コーチングのプロでもある大親友に電話で話を聞いてもらい、
アドバイスをもらい、かなり曇っていた心が晴れてきております。
今すぐに結果がでることではありませんが、
私も今後の指導法に向けて前進できたと思います。
そうじゃなきゃ、私を少しでも慕って頑張ってくれている生徒たちに
本当に申し訳なさすぎる。

何だろうか、何かあるたびに大きなヒントをくれる友人たち。
改めて、人との繋がりの有難さと大切さを感じます。
人に対して平気で傷つくことを言う人が多い中、
(本人はわかっていっているのかは定かではありませんが)
その本質を知りたいと思ったり、思わなかったり。
言葉とは恐ろしいものだと思いますね。
面と向かって相手と話をするとき、その後のconsequenceを考えながら
コミュニケーションをとれるようになりたいと思うものです。

また、昨夜は当教室でもお世話になっているアメリカ人講師とも
長々と話しました。
彼は、他のanti-Trump達同様、かなりTrumpの件を引きずっているようです。
色々なことを話しながら、みんな悩むことは結局コミュニケーション。
コミュニケーションの大切さを深く感じます。

悩んでばかりもいられないので、実践するのみ。
韓国にいる親友に良いアドバイスをもらって本当に良かった。
彼女はちょくちょく関西大学でセミナーを開いているので、
来年4月に関西大学に入学が決まったAちゃんのことも伝えておきました。
是非、大学でのセミナーに参加してほしいとのこと。
うらやましいなぁ。私も参加したい。
あの大学では留学プログラムも充実しているようなので、
Aちゃんにはどんどん頑張って羽ばたいてほしいと思います。
私も負けずに頑張らなくては!



by ecc_nagai | 2016-11-16 09:54 | My Fridends:友だち

Laura!

Laura!!!
って言うと、西城秀樹の歌を思い出すって、古い…
確かに、私の世代の人間にとっても古いけど。
今日は、大大大大親友のLauraの誕生日。
大学生活において、彼女ほど信頼できる友人はいませんでした。
ノート、レポート、テスト準備、全てにおいて彼女は完璧。
すごく頭がキレる!
ある教授にも、
Ask Laura. She knows what.
と言われたくらい。
教授にも信頼される効率の良さ。
彼女との演奏も楽しかった。
彼女のノートの取り方に、多くのことを学びました。
数えたくないくらい、何年も会っていません。
でも、facebookを通して連絡を取り合っているので、
寂しくありません。
良い時代ですね… 高いお金をかけなくても、
facebookでチャットはできるし、
messengerでただで電話もできるし。
だからかなぁ… 会えなくても気にならないのよね。
会いすぎて、知らなくても良いことまで知り尽くして
嫌いになっちゃうより良いかもって思ったり…
会えない寂しさもありますが、この適度な距離(実際は飛行機で12時間の距離がありますが)があるから、
より大切な友なのかもしれないし。
Lauraは特別な大親友です。





by ecc_nagai | 2016-09-29 23:37 | My Fridends:友だち

Just Now...

Finished talking to an old friend of mine from San Diego...

たった今、韓国に住むSan Diego時代の大親友と電話で話したばかりですが…
やはり、10代後半〜20代前半の、若くてバカで世間知らずだった私を知っている人なので、心にずっしり何かが来ましたね。1時間以上も話してしまいましたが、本当に久し振りに話したのに一気に昔の私たちに逆戻りしたような、不思議な感覚になりました。
古い友人がいるということは、幸せなことですね…

今、彼女の10歳の息子ちゃんは、必死に脳腫瘍と闘っています。
会ったことはないけど、Facebookを通して赤ちゃんの頃から息子ちゃんの事を知っていたので、病状について知った時はショックでした。
話を聞くと、去年の9月頃から症状が出ていたけど、色々あって今年1月に大手術…
今は抗ガン剤治療をストップして、息子ちゃんのQOL (Quality of Life) を優先しようか…とのこと。
かなり辛い判断だったと思います。
私も、ついつい「でも、Tちゃんは強いから…」と言ってしまうけど、(実際に私には信じられないほど強い人だと思っているけど)、本当は泣いてばかりいるようです。当たり前だわね… 大切な息子ちゃん。自分が代わってあげられたら…と思うのだと思います。
私には、到底測り知れない苦しみと悲しみを味わっているんだと思います。
近ければ、すぐにでもとんで手伝いに行ってあげたいと思うほどですが、何もできないのが心苦しいです。
もっとお勉強したいと思いながら毎日を精一杯過ごしている息子ちゃんの事を想うと、当たり前に身体的苦痛のない、当たり前の生活を送っていることがどれだけ幸せで有難いことなのか考えさせられます。

「misaも韓国においでよ〜」と、学生時代と変わらない口調で言ってくれたTちゃん。本当は物凄く辛いはずのに… 心が痛むとは、この事です。
少しでも息子ちゃんの痛みが和らいでくれれば…と思います。

by ecc_nagai | 2016-05-16 00:50 | My Fridends:友だち

考えさせられる

昨日、Facebookのbirthday reminder通知が。

Today is Erica's birthday.

それは、私が学生時代にベビーシッターをしていた子の誕生日。
お世話になったピアノ教授の娘でもあります。
Erica...日本人の名前でもおかしくはない名前。
Ericaと弟のNathanのベビーシッターをしては、レッスン代を稼ぎました。
留学生はバイトを許されませんが、私は個人的に親しくなった方々のベビーシッターをしたり、日本語のTutorをしたり。成績が安定してピアノの成績が上がると、教授たちにも可愛がられ、コーラスや他の学生たちの伴奏を受けては稼いでおりました。懐かしい。芸は身を助けるとは、本当のことです。

そんなEricaの誕生日。29歳だって… とても頭脳明晰な子で、自由奔放な母親とは違いしっかり者。カリフォルニアでもトップのUC Berkeleyを首席で卒業し、ニューヨークのCornell Universityの大学院に進み、しかも授業料は全額免除の上にお小遣いまで支給されるほど。そんな彼女が29歳だって… 私がベビーシッターをしていた時は、まだ11歳とか12歳。カリフォルニア州では13歳以下の子供を一人で家に残して親が出かけることは禁止されています。そこで、どうしても親たちが出かける(出かけたい)時はベビーシッターを雇うことが当たり前。Ericaはしっかりしていたから、自分のことは自分でできる可愛い子だった。宿題も全く問題ない。小学生なのに高校生の勉強をしていたので、私が手伝えるわけもなかったしね(笑) 弟のNathanはやんちゃで元気。こちらも頭脳明晰だったけど、世話が焼ける子だった。宿題を終わらせご飯を食べさせ、お風呂に入れ、寝かしつける… 二人の母親は私の恩師。とは言え、バツ2の上に、当時はロシア人ピアニストと付き合っていたから、デートばかり。自分の生徒を使って子供の面倒を見させ… 日本ではあり得ないような習慣も、アメリカでは別に普通のことでした。

そのお陰か、英語の勉強にはなりました。子供の世話をしながら学んだ表現もたくさんあります。大人と違って、はっきり言う子供たち。何か発音や表現が違うと、へこむくらい笑われたりからかわれたり。頭にきて日本語で罵倒すると、
Cool! Teach me some bad words in Japanese!!!
というNathanだったっけ。そんな彼も190cmを超える大男になってしまった。

最近つくづく思いますが、アメリカで体験したこと&出会った人達全てが私の財産です。
嫌な人もたくさんいたけど、その人達とのやり取りも全てが英語だったものね。
楽しい時も苦しい時も、全て一人で英語で乗り越えたものね。もちろん、周りの方々の助けも大きいですが、結局のところ自分でやる事やらないといけなかったし。

それなのに、今は20歳以上も離れた生徒たちに悩まされております。
どうしたもんでしょうね〜
馬鹿にされ、クソババァと呼ばれ、舌打ちされ、溜め息つかれ…
何を言っても心に届きそうもない。情けない限りです。

by ecc_nagai | 2016-05-07 23:26 | My Fridends:友だち

親友

アメリカで苦楽を共にした友人は数多くいますが、喧嘩しても何だかんだ言って本音で言いあえた友人は少ない。そんな中、私がアメリカでの学生生活を始めたその瞬間から今の今まで友人と呼べる人がいます。
彼女は、一応日本人ですが、お母さんが韓国人で今は亡きお父さんが韓国人と日本人のハーフ。
生まれも育ちも広島ですが、ハワイの高校を卒業し、本土の大学に入学。
とても賢い人で、大学院を卒業後、日本では関西の大学で助教授にまでなった彼女。
今もFacebookを通してやり取りはしていますが、今年の1月に大変な状況だったことを知りました。
韓国人のご主人と結婚し、二人の可愛い息子ちゃん達をもうけ、幸せな生活を送っているものだとばかり思っていました。でも、いつの間にか離婚をし、二人の息子ちゃんと共に韓国へ。もともと韓国語もネイティブ並みに話せる彼女は韓国に移住し、日本と韓国の大学で教鞭をとる生活。
そると、1月の後半に大変な投稿を目にし…

長男のTちゃんが、ステージ4の脳腫瘍で大手術をし、韓国の病院での闘病生活を送っているとの事でした。

痛々しいほど包帯を巻かれて、まだ意識が無さそうな状態の術後の写真。
その後も、大変な放射線治療を経て、入退院を繰り返すTちゃん。
普通なら、そんな姿さえ写真に収めておくのも辛いだろうに、彼女は写真と共に経過報告をしています。必死にその病状と治療報告をしながら、彼女なりに心の整理をつけているのでは…と思いながら、この2か月間を過ごしてきました。本当なら、傍に行って手伝ってあげたいほど。日韓間を行き来し、アメリカにもたびたび仕事で行っている様子。それでも、前向きに人生を楽しむ様子もうかがえる…
あらためて、彼女の強さに感服です。

20年以上友人関係にあっても、今となってはなかなか会えない… でも、強い彼女の弱い面を知っている私としては、本当に切なく哀しい思いで毎日彼女の投稿をじっくり読んで見守っているだけ。

退院を許可されても通院は欠かせない息子のTちゃん。車椅子に乗ってバスで病院に行こうとする友人とTちゃんは、韓国のバス事情の嫌な差別をも投稿していました。車椅子でバスに乗ろうとすると拒否されたり、嫌な顔されたり… 建物の中でも、エレベーターに車椅子で乗ろうとすると、乗れないようにみんな慌てて乗り込んで、「乗れないよ」と言われる…とか。何て酷い!!!と思っても、お国が変われば…という感じでしょうか。日本で闘病できないものか、と言いたかったけど、そこは韓国人の元夫との何かがあるのでしょう。もちろん、家族間で決めたことでしょうから、私がとやかく言う場ではないと思って何も言わない事にしました。

障害や大病を患い、大変な思いをしている子供たちがいる一方で、信じられない虐待の報道。
何でこんな事が起こるのか… 何の因果があって… とさえ思ってしまう。

不公平な世の中を恨んでも仕方が無いので、前向きに出来ることを真摯に取り組んでいくしかないですね。私は彼女から色々な事を教わり、考えさせられ、何より人種間の偏った考えを持つことの恐ろしさを教えてもらいました。恩人のような友人が辛い日々を送っていると思うと心が痛みますが、彼女が頑張っている姿を見て自分も頑張らねばと思う日々です。

by ecc_nagai | 2016-03-30 11:41 | My Fridends:友だち

アメリカの母

私が2年以上お世話になった、アメリカの母。
英語&英会話のみならず、微妙なニュアンスの違いや社交辞令、皮肉な表現や汚い言葉まで様々な事を教えてもらいました。最初のホストファミリーから救い出してくれたのもこの人。ハロウィーン、感謝祭、クリスマス、イースター… アメリカ文化について、食文化について様々な事を教えてもらいました。

a0136626_13471022.jpg


アメリカに初めてトヨタ車を輸入した人の娘でもあります。お母さんは有名なホテルのオーナー、父親は有名なトヨタのディーラー。絵に描いたような大金持ちの娘で、メキシコ人のお手伝いさんに育ててもらったらしく、スペイン語が堪能でした。私の両親がSan Diegoに来た時はいつもお母さんのホテルの一室をを信じられない価格で提供してくれたっけ…

やはり、美しい人です。彼女の家で生活したお陰で、今の英語力があると思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

Thank you, Linda. You taught me so much, and you've made me what I am today.
彼女の家で過ごした2年間は、私の人生の中での宝物です。
I'll cherish every moment I spent with you, every word you gave me.

by ecc_nagai | 2015-11-21 13:43 | My Fridends:友だち

Krispy

Cちゃん、Thank you sooooo very much!!!
超久々のKrispy Kremeのglazed...
今日は、I'm in heaven... 懐かしい、アメリカの味。
日本に進出したのが2006年だとか。嘘でしょ… 帰国して4年後か。つい最近じゃない。
しかも、東北地方には1店舗も無い。
What's up with that??? 本当、どういうこと?
もう、本気で盛岡に住んでいる自分が嫌になる瞬間。もう、本気でSan Diegoに帰りたい。飲まなきゃやってらんない。
それにしても、
I just LOOOOOOVE their glazed...
Justinの出身地が発祥と言うKrispy Kreme。先日もJustinともその話題で盛り上がったわね〜
Cちゃんのおみやげには、いつも泣かされます。
本気でありがとう‼︎

by ecc_nagai | 2015-10-03 21:39 | My Fridends:友だち

My Friends all over the World...

Tuscany (Florence), Italy...

a0136626_22261365.jpg


Brussels, Belgium...

a0136626_22444358.jpg


Helsinki, Finland...

a0136626_22275353.jpg


Heidelberg, Germany...

a0136626_22312417.jpg


Manhattan, New York...

a0136626_2234231.jpg


and, San Diego, California...

a0136626_22393142.jpg


Wow...10数年前、ここに住んでいたとはね... 今になって信じられない事実です。
さすがにSan Diegoで雪は滅多に降りません。私が在住した7年半の間に雪が降って大騒ぎになったのが、たった一度。それっきり。
それにしても、ヨーロッパ北部の地方はどこも雪が降って寒そう。それでも、いつか訪ねてみたい…

いまだにFBを通じて近況を報告してくれる友人たち。San Diegoで知り合って、イタリア、フィンランド、ドイツ、ベルギー、ニューヨークと、各地で頑張っている友人たちに励まされる日々です★

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

今年も、多くの年賀状をいただきました。本当にありがとうございます★
今、当教室で学習している生徒たちや保護者の皆様、他県に引っ越して行った生徒たちとその保護者の皆様、卒業して大学生になっても近況を報告してくれる可愛い生徒たち、協会の先生方、友人、親戚の皆さま… 数多くの年賀状から色々と考えさせられます。
教室用の年賀状はいつも一緒…ですが(すみません)、個人的に送っている年賀状は一応可愛らしいものに…と工夫はしているつもりです。今年はWolfy君versionとEnglish versionの2つを作りましたが、どうだったかなぁ… 目茶苦茶忙しい12月の終わりに年賀状を作るのは大変ですが、出来る限り頑張ってお世話になっている方々へ年賀状を出すようにはしています。元日に間に合わなかった分もあると思います。本当に申し訳ございません。だから、早く準備しておけば良かったのに…と後悔するも遅し。
年賀状は素敵な習慣だと思います。アメリカには無いけど、あっちはXmas Cardを送りあいます。これも素敵な習慣。
今年もよろしくお願い致します060.gif

by ecc_nagai | 2015-01-01 22:42 | My Fridends:友だち

悲しい

あまりFacebookはチェックしませんが、知人・友人の訃報だけは見逃さないようにしております。

今朝はお世話になった方の訃報を知り、悲しい日。でも、わざわざアメリカに行くことも出来ず…
こういう時、直行便で10時間でSan Diegoまで行けるのに行くことが出来ないのが悲しい。
お葬式? というのかMemorial Serviceなんだろうけど、行けないのがとても残念です。
遠い日本からお祈りしたいと思います。

今日は曇り空だし、なんだか悲しい日です。

by ecc_nagai | 2013-10-01 10:56 | My Fridends:友だち

Sharon

今夜はオーストラリア人のSharonとタイ料理を食べてきました043.gif Sharonとは一昨年にも会いましたが、以前県庁に勤めていた人。日本語がとっても上手です。 残念ながら風邪気味…
大好きなワインはおあずけです007.gif

ちょくちょく日本に来るので、その都度会っています。 知り合って約9年…
当時のJET programの外国人講師たちと、いまだに連絡を取れるのは嬉しいですね。

残りのゴールデンウィークも楽しく過ごしたいと思います072.gif

by ecc_nagai | 2012-05-01 22:54 | My Fridends:友だち