カテゴリ:Art:芸術( 23 )

Adele

良いねぇ、Adele060.gif
とても面白い。


お腹を抱えて笑いました。
早口だけどね。



by ecc_nagai | 2016-12-14 12:26 | Art:芸術

親子でArtistic

当教室の生徒の作品が東京での写真展に出展されます ↓
a0136626_22112326.jpg



一方、彼女のお母様の個展が仙台で開催されます ↓
a0136626_22112385.jpg



母娘で芸術的。私もちょっぴり芸術に触れた身ですので、多少なりともその魅力に惹きつけられます。
芸術には2パターンあって、私の場合はperforming artsの一部。録音や録画しない限り形として残らないもの。でも、写真や絵画、グラフィックアートなどはじっくり目で見て鑑賞することができます。ずーっと残していけるもの。その時に感じた感性が形となって残る芸術が羨ましく思ったことは何度もありました。絵心のある人が、本当に羨ましいです…

素敵ですね060.gif

by ecc_nagai | 2015-11-23 22:10 | Art:芸術

Beautiful

libraryかな…bookstoreかな… こんな所で本を選んだり読んだり、勉強したい…

a0136626_19305174.jpg


a0136626_19325315.jpg


美しいです。日本にこんな場所が無いのが残念です。
地震国ではこのような建造物は無理…か。
何でもネットで調べられる時代だけど、図書館や本屋が好きだなぁ。本を手にとってパラパラ読む楽しさは何物にも変えられない…けどな。
最近、また本を読んでいないので、意識して読まなきゃ027.gif
バッグの中に単行本を1冊入れておくと、外出先で空いた時間に読めるのでいいです。最近はレストランでの待ち時間も、スマホより単行本に手が行くようになっています。
何か、イイですよ、出先での隙間時間に単行本って。家で読むより文章に対する受け止め方が違うような気がします。

by ecc_nagai | 2013-11-12 19:33 | Art:芸術

大好きな…

ロシア(現ベラルーシ)生まれのフランスの芸術家、Marc Chagallの誕生日。
1887年本日生まれ、1985年3月28日没。

a0136626_16401113.jpg


5月の展覧会に行って本当に良かった…
あんな感動は滅多に味わえないし、涙が出るほど鳥肌が出たのを覚えている。
本当に良かった…

またいつかChagallの展覧会があったら行きたいなぁ。

今日は七夕。晴れて良かったのですが、快晴‼ とまでいかない感じ。
どんより曇り空。けど気温が上がっていてジメジメ気持ちが悪い。

それにしても、Chagallって97才まで生きたのね…
大往生ですね。でも、やはりその人生は波乱続き。
ナチスドイツの迫害を受けてアメリカに渡り、そこで妻を病気で失い、再婚し、フランスに渡り最終的にフランス人となった人。
パリのオペラ座の天井画は見事ですよね★

a0136626_16492597.jpg


一時期は批判もされたそうだけど、何で⁇ って感じ。
ルネサンス絵画もいいけど、現代美術も素敵です。

by ecc_nagai | 2013-07-07 16:49 | Art:芸術

Cocteau

本日は、フランスを代表する芸術家のJean Cocteau (ジャン・コクトー)の誕生日。
1889年本日生まれで、1963年10月11日没。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行った万能の人。
本人は「詩人」と呼ばれることを望んだのだとか。そうだったんだ… 読み返してみよう。

a0136626_1603564.jpg


とても印象的な写真。腕が何本も… 何にでも長けていた人って、本当に腕が何本もあるかに思える。

a0136626_1635963.jpg


ここのところ雨続きで憂鬱… 気分転換にCocteauの画集でも見直そうか…
Have a nice Friday★

by ecc_nagai | 2013-07-05 16:06 | Art:芸術

George Sand

今日はGeorge Sand(ジョルジュ・サンド)の誕生日だった。
1804年7月1日生まれで、1876年6月8日没。
a0136626_235989.jpg

本名はAmandine-Aurore-Lucile Dupin。長い名前。オーロール・デュパンとか、デュドヴァン男爵夫人(Baronne Dudevant)としても知られている人。
フランスの女流作家で、初期のフェミニストとしても知られている。

何よりも、ショパンの恋人として知られているけど、その人生は波乱万丈。
フランス人詩人のアルフレッド・ド・ミュッセ、イタリア人医師のパジェロ、作曲家でピアニストのフランツ・リストとも関係を持ったとか… 本当なのかな?
ショパンとの関係は長かったけど、サンドの子供をめぐるトラブルなどから別れたという。でも、ショパンはその後すぐに病状を悪化。帰らぬ人となった…

そんなジョルジュ・サンドとショパンのコミカルな映画がこれ。
1991年イギリス作の映画 "Impromptu" 「即興曲」
a0136626_23502996.jpg

もう20年以上も前の映画だけど、くだらなくて笑える。ショパン役をヒュー・グラント、ジョルジュ・サンド役をジュディ・デイヴィスが。その他にも実力派俳優のエマ・トンプソンやベルナデット・ピーターズ、ジュリアン・サンズなんかも出てます。何とも愉快で皮肉っぽくて、笑える。

もう一つはジョルジュ・サンドとミュッセとのねじれる愛憎劇…"Les enfants du siècle" 邦題はわからない。フランス映画で、アメリカで見たから英語の字幕だった。これは結構過激だから子供向きではないけど、当時のパリは意外にもこんな感じだったのかなぁ… と考えさせられる作品。
a0136626_091839.jpg

こちらのジョルジュ・サンド役はジュリエット・ビノシュ、ミュッセ役がブノワ・マジメル。私生活でも恋人同士だっただけに、かなりリアルな演技。

今週は19世紀の偉大な芸術家や作家の誕生日が多い。
今夜はショパンの曲を聞きながら明日のレッスンの準備です。

by ecc_nagai | 2013-07-01 23:15 | Art:芸術

Chagall

今日は、やっと一人の時間が取れたので、前から行きたかったChagallの版画展を見に行って来ました。

a0136626_21503051.jpg


本当に素晴らしかった。余計な感想はいらない。ただただ、感動のひと時。
やはり、美術館には一人で行くに尽きる! ゆっくり、じっくり、自分のペースで観賞出来る幸せを感じながら。
最初は白黒のetching and drypointでしたが、それがとても印象的で・・・
Chagallと言えば、勝手な思い込みですが、東欧系ユダヤ人として迫害を受けた芸術家として暗い過去を背負っているのに、花や楽器などが描かれていたり、華やかさも備えていると思うのですが、やはり暗い過去は芸術に現れるのですね。
最初の白黒のetching and drypointを見て、泣きそうになりました。何故だろう・・・
悲しさとは違う、苦しさかな。タイトルは"Mein Leben" 『わが生涯』

a0136626_22381418.jpg


シンプルな描写なのかもしれないけど、凄く深い。何とも言えない。この後にはカラフルな(あまり好きな表現ではないけど)lithographの"Daphnis et Chloé" 『ダフニスとクロエ』"L’Odyssée" 『オデュッセイア』 もありましたが(もちろん、それらも全て素晴らしかった!!!)、やはり最初の白黒のetching and drypointが忘れられない。


a0136626_22284537.jpg


美術館に一人で行くときはWALKMANを持って行って、その画家の時代の同国出身の音楽家の曲を聴きながら鑑賞するのが好きな私。変かしら? なので今回も19世紀のロシア人作曲家とフランス人作曲家、そしてユダヤ人作曲家の曲を聴きながら鑑賞してきました。
だからかな・・・ 泣けた。
ユダヤのものには弱い。映画も音楽も、美術も、涙無しには鑑賞出来ない。

遠い、遠い、夢の中の話・・・

幼少期、何故か私は夢の中で外国に住んでいて、しかも白人っぽいんだけど無理やり両親(だと思う。見たことの無い人たちだけど、両親だと思って疑わなかったし。)と引き離されて、どこか暗い闇に連れて行かれて、挙句の果てに銃殺された嫌な夢を何度も見た。本当に何度も何度も、同じ夢。しかもいつも白黒。色の無い世界。
後に映画『シンドラーのリスト』やナチスドイツによるユダヤ人迫害の映画を見て、吐き気がするほど苦しくなったのを覚えている。実際、吐いたけど(汚くてすみませんっ)。今でもあの類の映画は苦手だなぁ。

あれは一体何だったんだろう・・・
もし、本当に人間の魂が輪廻転生を経て様々な人生を生きるなら・・・
よく、『前世』とか『過去世』とかいう言葉を使う霊能者の話が本当なら・・・
もし、ユダヤ人として迫害を受けた人生を過ごしたことがあるのなら・・・

色々な事を考えながら、全作品を時間を掛けてゆっくり観てきました。
もの凄いdéjà-vu(デジャヴ)を感じた。決して嬉しくはない、何とも言えない感情。

a0136626_22313146.jpg


日本に帰国したばかりの時、市内のデパートでChagall展があった。その時、どうしても見たくて行ったけど、直筆のポストカードサイズのChagallの絵が5万円ほどで売られていた。欲しかったけど、まだ仕事も無い時。買えるわけがない・・・ 欲しくて欲しくて、でも買えないからひたすらそのChagallの絵の前でボーっとしていた。その時の女性curatorが「例え小さくても、本物を持ちなさい」と言ってくれた。わかってるわよ・・・ 当時は帰国したばかりでお金も無かったから、買えるわけがなかった。今なら、喉から手が出るほど欲しいけど。

よく、この女性curatorの言葉を思い出す・・・ 

美術館が好きなら、好きな画家の展覧会に行く機会があるなら、絶対に一人で行った方が良いです。自分なりの解釈が出来るし、いちいち「あれが良かった、これが良かった」と一緒に行った相手と話す必要もない。私は音楽鑑賞も、どちらかと言えば一人でしたい方。人間は皆違う感性を持っていて当然。自分のペースで自分の感性のまま鑑賞するに尽きる。絶対に・・・ 話し相手がいるのはいいかもしれないけど、自分の感じた感動は別に人と共有しなくてもいい時があるって思う。その時に感じた鮮やかな感動を他人とshareする事すら惜しい時がある・・・ ダメかな?

本当、何とも言えない、素晴らしい展覧会でした。もの凄く苦しい感情も残っているけど。

by ecc_nagai | 2013-05-01 21:47 | Art:芸術

Da Vinci...

12月7日より2011年2月7日まで、東京日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアム(日比谷公園第二花壇内特設会場)にて、
『特別展 ダ・ヴィンチ ~モナ・リザ 25の秘密~』
a0136626_14204614.jpgが開催されますよ☆
ダ・ヴィンチ大好き人間にとっては、大興奮です049.gif
私も、1月に見に行って来る予定です。
こういう催しは、盛岡に来ませんからね・・・東京まで行ってでも見たい045.gif
たとえ、ヨーロッパの名美術館でも、お目にかかれない作品もあるようで・・・

芸術鑑賞は脳を活性化してくれます。
『花は心のビタミン』と言った華道家もいますが、私にとっては『花と芸術は脳と心のビタミン』です060.gif

オフィシャルサイトはこちらから。
“特別展 ダ・ヴィンチ~モナ・リザ25の秘密~”

by ecc_nagai | 2010-12-08 08:12 | Art:芸術

芸術の秋

毎日クラシック音楽を聴いて、本で大好きな絵画を見てリラックスしているのですが…

やはりこの時期になると更に芸術を味わいたくなります。
私の好きな絵画の味わい方…凄くマニアックですが、画家の出身国やその当時の時代背景を考えて、同時期に活躍した作曲家の曲を聴く! これに尽きる…027.gif 
何の芸術でも、本物を見聞きすることに勝るものはありません。でも、盛岡にいるとなかなか「本物」に接する機会がありません。現在、東京ではゴッホ展が開催されているとか。羨ましいです…余裕があったら見たい展覧会が多い! 先日は大好きなシャガールも来ていました…見たかったなぁ002.gif

さて、今年はショパンとシューマンの生誕200年の記念年。しかも、まさに今日から第16回ショパン国際ピアノコンクールの第1ステージ(一次予選)が始まります060.gif その経過をネットで見る事が出来るなんて、便利な時代になったものですね~☆
a0136626_22235368.jpg
 
"The 16th International Fryderik Chopin Piano Competition"

コンテスタント達は第三次予選まで戦い抜き、本選で最後の順位が決まります。今回も日本人が多い、多い005.gif というか、アジア人が多い! どの国際コンクールのコンテスタントを見ても、アジア人の活躍ぶりは凄い。変な例えかもしれないけど…女子フィギュアスケートでアジア人が常にトップにいる今の状態に似ているような気がします。

ショパンの時代に活躍した画家と言えば、絶対にフランスの画家Ferdinand Victor Eugène Delacroix(ウジェーヌ・ドラクロワ)が頭に浮かびます。
a0136626_22302814.jpg
そして、何と言っても女流作家のGeorge Sand(ジョルジュ・サンド;本名Amandine-Aurore-Lucile Dupin)も欠かせない。
a0136626_22345041.jpg
長年のショパンの恋人だった女性…ショパンの愛した女性がどれほど魅力的だったのか、すごく気になって様々な文献を読んだ事がありました。
ショパンコンクールが開催されている期間だけでも、もう一度ショパンを聴きながらドラクロワの絵を見て、サンドの本を読んでみようか… そんな気にさえなって来ました037.gif

ちなみに、このショパン、ドラクロワ、サンドの絵は、全てドラクロワの描いた絵ですよ☆

by ecc_nagai | 2010-10-03 22:44 | Art:芸術

過ごしやすい数日間です

ここ、2,3日は、気温がぐーっと下がり、とても過ごしやすいですね。
30℃以上の気温が続く日々は確かにきつかったですが、暖かい~暑い気温の方が好きな私にとっては、この涼しさは微妙です。後は、どんどん寒くなって、暗くて寒い冬に向けてまっしぐらなのね・・・と026.gif

お伝えしていた通り、昨日は新月でした。穏やかな夜になるのかな・・・と思いきや、外では発狂したような高校生らしき数名の男子が騒ぎ出し・・・一時近所一帯が騒然としていました。お祭りの時期になると、ちょっと風変わりな人たちが出没します。夏の暑さから解放され、少し気持ちも緩みがちなのでしょうか・・・不気味な騒動は30分ほど続き、窓を開けてレッスンをしていたので迷惑ったらありゃしない021.gif 楽しい事をするのは良いけど、他人に迷惑をかけてるのはルール違反ですね。

日中も、こう涼しくなると、温かいコーヒーがより美味しくなります060.gif 今日も、レッスン前の一息に挽きたてのコーヒーで006.gif やはり、コーヒーは豆から挽いた方が断然美味しい! 当たり前ですが・・・

吉谷桂子さんのblogでは、現在、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の『フランダースの光』展についてがご紹介されています☆ 美しい淡い色合いの絵画が数点ご紹介されていて、「近かったら行きたいけど・・・」と思わせるものばかり。ここのミュージアムには何度か行った事がありますが、とても素敵なところでしたよ☆ 芸術の秋ですね・・・060.gif

by ecc_nagai | 2010-09-09 14:05 | Art:芸術