Londonより

先週土曜日にイギリスに向け日本を発ち、28日に帰国予定の高1のMちゃん。
昨日、LINEよりホストファミリーとの楽しそうな写真が届きました。
学校の使節団として選ばれたMちゃんです。
当教室には3歳児コース(彼女は4月生まれなので既に4歳でしたが)より
通っていただいており、今年で13年目の長期学習者です。
これほど長い年月をともにしていると、何とも言えない親近感を覚えるもので、
生徒であり生徒でないような、親戚の子供のような感覚になります。
県内トップの公立高校へ進学し、
その後も順調に成績を伸ばし、
先日は英検2級に余裕で合格しておりました。
本当に素晴らしい生徒で、当教室の誇りです。

それにしても素晴らしい旅行日程でして、
ハリーポッター撮影地やグロスター大聖堂、素晴らしく美しい村のコッツウォルズや
シェイクスピアの生地であるストラットフォード・アポン・エイヴォン、
大学都市として有名なオックスフォード、世界遺産の街バース、
バッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院周辺、大英博物館にも行き、
旅行最後の3日間はパリへ。
エッフェル塔、凱旋門、モンマルトルの丘へ行き、
最後の2日間はパリで終日自由行動だとか…
もちろん観光ばかりではなく、午前中は現地で英語研修をしたり
現地校との交流イベントがあったりと
それはそれは充実したプログラムです。

Mちゃんはお隣の町に住んでいらっしゃいますが、
中学校2年生の時もその町の使節団としてアメリカにホームステイしてきましたね。
もちろん、アメリカ人中学生も受け入れたり、
本当に素晴らしい経験をしております。

私は以前、彼女に「掴めるチャンスは掴みなさい」と伝えたことがあります。
学校代表の使節団に選ばれると、その後のレポートを書くのが面倒だの、
プレゼンをしなきゃならないのが嫌だの、
本当にくだらないことでチャンスを掴もうとしない「おバカ」がいました。
テロが怖いから海外に行きたくない、だのね。
みんながみんな、テロに巻き込まれるわけがないっつの。
そのくせ、選ばれた人に対してやっかみのようなことを言ったり、
私はこういう人が大っ嫌いです。
悔しいなら挑戦すれば良かったのよね。
Mちゃん、掴んでよかった! 彼女にはたくさん経験を積んで、
世界に羽ばたいてほしいと、心から思います。



by ecc_nagai | 2017-03-07 17:45 | つぶやき