So Irritating...

Irritating... わずらわしい、とか、イライラする、という感じで使う表現です。
もともと"irritate"(煩わさせる、イライラさせる)という動詞があります。
そこから派生した形容詞が "irritating" と "irritated" 。
同じ形容詞でも、使い方を間違えてしまうと話し相手に誤解されますので要注意です。
もともとが「誰かをイラつかせる」というニュアンスで使われる動詞なので、自分がそう感じるのならirritated、そう感じさせるものにはirritatingを使います。

例えば…
「このPCイラつく!」と言いたいなら、

I'm so irritated with this computer!
か、
This computer is so irritating!
で伝わります。
同じニュアンスで使えますが、要は主語が違うだけ。

上は、主語が人。人はそう感じさせられる動物なので、今どう感じさせられているのかを明確に伝えたいときに使う表現。
下は、主語がもの。人をそう感じさせるものに焦点を当てています。
なので、結論から言うと、結局どちらの表現でもいいというわけです。

このような『分詞形容詞』は結構会話でも使います。
例えば、「疲れた~」なら "I'm tired. " だし、「つまんな~い」なら "I'm bored."
これを間違った使い方をしていた芸能人がいて、テレビで見ながら「うわっ、恥ずかしい…」と思ったことは多々あります037.gif 
きっと、彼は「つまんな~い」と言いたかったのでしょうが、"I'm boring." と言っていました。日本語にすると、「ぼくはつまんない人間」と宣言しているのと同じ。…ううむ。 自分の意図したことと違うことが相手に伝わってしまします。世間にはちゃんと英語を使いこなせる人がいるので、適当なことを言うと「薄…」と思われるので気を付けたいです。

さて、英語レッスンはそこまでとして…
私はプリンターに非常にイラついております。仕事がら、プリンター使用率は一般家庭よりは高いと思いますが、それにしても、昨年11月に購入したばかりなのに既に使えなくなったプリンター。
Unbelievable... です。実は、何とか使おうと思えば使えますが、普通の当たり前の使い方はできません。ややこしいのですが、ちょっとローラーの部分に支障がきたして、紙はずれるしぐじゃぐじゃに巻き込んでしまうしで、最悪です。
仕方がない… お役目を果たしていないのに果たしたと言い聞かせ、新規購入ですよ。
仕事なので、仕方がありません。PCやプリンターが無いと機能しない仕事… 嫌気がさします。

イライラ、イライラ… 引きずらないように気を付けたい。

by ecc_nagai | 2016-06-23 12:23 | つぶやき