Academic Careerとは?

ここ2、3日間ワイドショーなどで話題もちきりの、『学歴詐称』。
コメンテーターとしてテレビでよく見る人の学歴詐称は、本当にがっかりします。
HarvardでMBAを取得って、エリート中のエリートなんだわねぇ…
な~んて思った事もあったっけ。
それがたった10日間のオープン研修を受けただけだったなんて、ちょっと異常。
本当に?と耳を疑ってしまう。
なぜ、人はばれる嘘をつくのでしょうか… 
政治家や芸能人、コメンテーターの学歴詐称はよく耳にします。
私の周辺でも、「アメリカに留学していました」とか言う人は大勢いますが、
「へぇ? どちらにどのくらいの期間いたの?」と聞くと、
「1ヶ月」とか、「3ヶ月」とか、せいぜい長くて「1年」とかで、しかも語学留学がほとんど。
留学と言うより、遊学でしょ?と、つっこみたくなる。
よくよく聞くと、ただopen universityで受講したようなものだったり…

私もそうですが、素晴らしい経歴の持ち主を信用してしまう傾向はあります。
でも、もしそれが嘘だったら? 信頼を裏切られた気持ちはなかなか拭い切れませんね。
学歴なんて、言おうと思えば何とでも言えてしまえそう。
でも、文字として書かれたプロフィールは簡単に調べられてしまいます。
ばれて困るような嘘のプロフィールで固めて、何か自分のキャリアにとって大切な時期に来たとき、それが故にすべてダメになってしまうなんて、悲しいというか虚しいというか… バカ?としか言いようがないなぁ。

学歴詐称までして見栄を張らなきゃいけない社会って、どうなのかね。
兎に角、ばれる嘘はつかない方が賢明だと思います。

by ecc_nagai | 2016-03-17 10:27 | つぶやき