Theory通りにはいかないが

「勉強嫌い」な子供に「勉強好き」にさせる魔法の薬を開発したら、ノーベル賞ですね…
子育てがセオリー通りにいくわけがない…のは重々理解しております。

そんなコメントばかりがネットで横行していて、じゃあ、塾講師や教室講師はどうアドバイスできるのか。

悩むばかりです。

ましてや、「子育てをした事の無い先生には何も言われたくない」とか、「先生に何が分るの?」と言われると、逆に「じゃあ、私たちにどうしてほしいの?」と言いたくなります。以前そう言ったら、「子供の成績を上げてくれりゃ、それでいい。お金を払ってるんだから。」と言われたことがあったっけ。辞めてかれましたけど。

中高校生は部活が忙しくなると、「遠征やら練習試合で勉強する時間がない」と言います。
私もそうでしたが、性格的に反抗的になりつつある子供は、親に「勉強しなさい」と言われると勉強したくなくなります。かと言って、親だからこそついつい心配して言ってしまう「勉強しなさい」。これを言わずに、どうやって子供たちのモチベーションを上げたら良いのか… 永遠のテーマです。

そんなかんだで、面白いサイトを見つけました。
『勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!』

この通りの事を実践させる必要は無いと思いますが、一つのアドバイスとして参考にする分には問題無いと思います。何も知らず、調べずで後で悔んでもしょうがないですからね。子供に押し付けるだけの教育ではなくて、一緒に関与しながらの教育の方が良いのではなかろうか…と思います。

by ecc_nagai | 2015-10-29 14:10 | つぶやき