休み明け2週目

夏休みが終わって、あっという間に一週間が過ぎ去りました。本当、早い一週間でした…
さて、二週目に突入ということで、単語についての問題を取り上げたいと思います。
きっと他のお教室でも同様の問題を抱えていると思うのですが、単語が書けない生徒は、練習不足はもちろんのこと、声に出して発音を意識しながら練習をしていないということが想像できます。
例えば、一番多いミスが、LとRの違い。
日本人にとってこれは厄介。LやRの発音を意識せずに日本語を使うので、いざ英語で必要! と言われても、なかなか馴染めない人もいます。
例えば『救急車』の〇amblanceが×ambranceになっていたり、『古典的な、クラシックの』の〇classicalが×crassicalになっていたり。
こんなミスは当たり前。こういったミスが起こる理由は単なる練習不足もあるでしょうが、発音を意識していないだけ、だと思います。
私はレッスン内でかなり発音を意識して教えているつもりですが、真剣に意識している生徒はごく僅か。なので…成績表にも発音の項目がありますが、私がAや◎をあげるのはごく僅かです。敢えて厳しく評価していますので、それを悪いようにとらず、上達の可能性が十分にあると思って、発音を意識しながら学習に取り組んで頂きたいと思います。

by ecc_nagai | 2015-08-24 11:53 | つぶやき