慣れません

この時期、バラ好きにとっての憎き虫と言えば、コガネムシ‼️
許せん…
みつけたら、即捕殺‼︎
と、すべきなのですが…
私は、ナメクジとアブラムシ以外の虫を殺すのに、いまだに抵抗を感じてしまう。

幼虫の状態の毛虫でも、庭の植物にとって外敵とみなせば、即捕殺ですが…

「うちに来たのが最後‼︎ Unluckyだったのよ〜‼︎」と言って、殺虫剤でコロリ。
そんな私を横目に、心無い?母は、ブチっとひと思いに潰してしまう。
何食わぬ顔で… ダメダメ、これらを生かしておくと、碌なことにならない。と。
出来ないのよね、これが…
「生きとし生けるもの」
とは言いますが、小さい虫にも命がある。
大切なバラを食べてダメにしてしまうコガネムシやバラゾウムシ。増えないように捕殺しないといけないのはわかっていても、なんとか逃がしてあげようと思ってしまう。

命の大切さを学ぶ今日この頃ですが、我が家の害虫にでさえも捕殺の抵抗を感じてしまいます。

by ecc_nagai | 2015-07-11 21:58 | つぶやき