稀勢の里!

発表会を無事に終え、今は千秋楽を見ております!
やったー! 稀勢の里! 優勝、優勝!!!
涙が出ちゃいました。
昔から相撲は大好きで見てきましたが、
私も稀勢の里の大ファンでございます。
あんな苦しそうな怪我を経て、
執念の優勝は気分が良いなぁ。
それにしてもNHKはひどいなぁ。
折角久しぶりの日本人横綱で優勝なのに、
表彰式を放送しないなんて…
見たかったです。



# by ecc_nagai | 2017-03-26 18:14 | つぶやき

結局

日付が変わってしまいました。
本日は、教室の発表会。
午前午後の部と、忙しくなりそうです。
結局、今の今まで準備がかかりました。
あれもこれも、と、次から次へと舞い込んでくる仕事。
学期末でもあるので、成績表も準備し、
新規に入会する方々の手続きや
卒業して行く方々とのお別れや、
色々あって、やはり大変でした。
それでも、生徒たちの頑張っている姿を見て貰える
素晴らしい機会だと思っています。
何とか無事に終わって欲しい…
胃が痛いです。



# by ecc_nagai | 2017-03-26 01:38 | つぶやき

私は…

やはり、完全な猫派です。
やっぱり、猫が好き。
あの仕草全てが愛しい。
Wolfy君が旅立って3週間。
先日は、慰霊祭で個別で拝んでいただきましたが、
やはり涙を抑えきれませんでした。
正直、心の整理はついていません。
忙しくすることで、何とか平静を保っていただけだと思います。
明後日は発表会。何とか無事に終わってほしい。
今回はコリンですが、
中学生にとっては発音指導をして貰えるいいチャンス。
上手くいけばいいです。
Justinは、今、家族みんなでDCにいますよ。
既にアメリカに向けて発っていました。
双子の息子達と楽しそうな写真を見せてくれましたよ。
良いなぁ、春休み。

Wolfyの全てが愛おしく感じる今日一日でした。



# by ecc_nagai | 2017-03-24 23:27 | つぶやき

残念!!!

今日のWBCの対アメリカ戦の準決勝。
日本は残念ながら負けてしまいましたね…
それでも、あのアメリカに対してぼろ負けではなかったので、
素晴らしいです。
今日はお昼休みに合わせて、後半の部分のみ見れました。
一発勝負の準決勝。1点差だったからこそ、9回で終わってしまうのがね…
本当に残念ですが、日本の選手たちは立派です。
悪びれた態度は絶対見せず、黙々と戦っていた感じ。
大谷が出ていれば、岩手県人とすると、また違う思いで見ていたのかな。
選手たちの悔し涙は辛いですねぇ。
何の競技においてそうですが、1点差で負けるって悔しい。
それでもね、やっぱりアメリカは強いのよ、何においても。
悔しいけど…
久々に、ハラハラドキドキしながら野球を見せてもらいました☆



# by ecc_nagai | 2017-03-22 13:35 | United States:アメリカ

別れ…

昨日は、小学校1年生から通ってくださったM君が
お母様とともにいらしてくださいました。
この春から国立大学一年生ですね!
卒業生を送り出すのは気分の良いものです。
本当におめでとうございました。
大学入学は人生の一部。これから4年間、しっかり勉学に励み、
将来の日本を担う立派な大人になってほしいです!
本当、かわいい子でしたよ、今もかわいいけど。

今日はもう一人の高校3年生のMちゃんが最後の一日でした。
やはり、最後はグッと抑えきれない感情が湧き出てきました。
さよならの季節は、本当につらいですね…
明るくふるまっても、やはり寂しいものです。
来週はAちゃんとK君。本当につらいなぁ。

3月は、毎年寂しい月です。




# by ecc_nagai | 2017-03-20 22:39 | つぶやき

卒業生が大学卒業

高校卒業と同時に当教室を卒業していったY。
このたび、晴れて大学を卒業し帰盛しました。
先日、連絡をもらい、近々ゆっくりお酒でも飲みながら語り合うことになりました。
うれしい・・・emoticon-0106-crying.gif
あの子が卒業した時、うれしさと寂しさで彼女のお母さんと抱き合って
泣いた記憶があります。
本当にかわいい生徒でした。
部活と学業と英語習得に明け暮れた高校生活。
優しいお顔の大きなゴールデンレトリーバーのパフちゃんが
天使になった時、大泣きして電話してくれたY。
お迎えの時に車に乗って一緒に来ていたので、
私も悲しかった… 思い出すなぁ。

教室を卒業して、大学を卒業したり大学院に進んだり、
就職が決まったり。
様々な形でお便りをいただくことがありますが、
何より嬉しいものです。
長年教えても、何の頼りの無い人も大勢。
そういうのって、一番寂しいというか、残念というか。
私は子供時代にお世話になったピアノと英語の先生、
高校時代や大学時代の恩師たちといまだに連絡を取っています。
ありがたいご縁というか繋がりというか…
本当に幸せなことだと思います。




# by ecc_nagai | 2017-03-18 22:56 | つぶやき

学歴

最近よく耳にする学歴や経歴の詐称。
そんな事して、何の得になるのかな?
人間、承認欲求という本能の欲求があるようで、
誰かによく見られたい、認められたいと思うもの。
でも、詐称したら一生嘘を突き通しでしょ?
しかも、何がきっかけでバレるかわからないわけだし。
私の周りにもいますね、明らかに詐称しているような人。
いつバレるか、いつバレるか、そんな事を思いながら
不安に駆られての生活は嫌だなぁ。



# by ecc_nagai | 2017-03-17 10:24 | つぶやき

Londonより 〜Mちゃん通信〜

a0136626_07094896.jpg


a0136626_07094834.jpg


a0136626_07094980.jpg


昨日は、Oxford Universityに行ったようです。
とても充実した研修を受けているようですね。


# by ecc_nagai | 2017-03-15 06:55 | Europe

卒業

卒業シーズンですね。
当教室からも関西大学と岩手大学へ進学する生徒たち。
小学校から一緒だったので、もの凄く寂しい気持ちでいっぱいです。
Aちゃんに関しては、妹さんも高校生クラスにご参加頂くということで
保護者の皆様との関わりも続きますが、
Mちゃんや大学生のK君とは、ここで一旦終わり。
寂しいです…
でも、気持ち良く送り出したい!
今夜もレッスンで伝えましたが、待っているだけではダメ。
自分から英語を使う環境に飛び込んでいかなきゃ。
残り少ないレッスン。
涙を堪えながら、伝えたいことを伝えています。



# by ecc_nagai | 2017-03-13 22:44 | つぶやき

Pavane...

Wolfy君がいなくなって一週間が経ちました。
幻聴なのか、何なのか… 時折、彼の気配を感じます。
ふとした時に音を聞いたり、匂いがしたり。

霊的なものは信じない方ですが、愛する猫が相次いで天使になるたびに
別の世界があっても良いのか…と思ったり、
猫を愛して止まず、今尚猫と生活しているであろう
ピアニストのフジ子・ヘミングさんの本を読んだり。

Dinaが悪性腫瘍でこの世を去ったのが2013年。
Stanzieが後を追うように腎臓病でこの世を去ったのが2014年。
その後、Wolfyとの生活はわずか3年…
Stanzieとは兄妹だったので、当初は探して鳴いていたWolfy君。
それはそれは辛いものでした。
夜になるとStanzieが恋しかったのか、ウロウロと鳴いて歩き回ったり。
いつも一緒だったものね… 寝るときも一緒だった兄妹。
そのたび、Stanzieを守れなかった自分を責めたものでした。
そんなWolfyの心臓の異変を知った2015年1月。忘れもしません。
Stanzieが亡くなって一年を機に、精密検査を受けた1月。
心臓の異変について獣医に話を聞いた時は涙が止まらなかったっけ。
何で3年連続でこんなことになるのか…
そこから心臓の薬とのお付き合い。
Dinaの抗がん剤治療を始め、約5年間ペットの病気との格闘でした。
前向きに、前向きに、日々生活してきたのを思い出します。

生まれた時から一緒だった3匹。
手のひらに乗るくらい小さかった3匹。
ヘソのおがついていた時から一緒でした。
どんどん可愛くなって、自慢の長毛猫に育ってくれて、
両親に借金をしても飛行機に乗せて日本に連れてきた3匹です。
いつかは尽きる命… わかっていたつもりでも、現実は厳しいものです。
改めて命の尊さを感じる日々です。

毎日のように聞いているRavelの"Pavane pour une infante defunte"






# by ecc_nagai | 2017-03-10 22:45 | Music:音楽

Londonより 〜 Mちゃん通信 〜


a0136626_15593529.jpg


a0136626_15593504.jpg


a0136626_15593635.jpg

London滞在中のMちゃんより、写真が届きましたemoticon-0159-music.gif
充実した研修のようです。



# by ecc_nagai | 2017-03-09 15:57 | Europe

Londonより

先週土曜日にイギリスに向け日本を発ち、28日に帰国予定の高1のMちゃん。
昨日、LINEよりホストファミリーとの楽しそうな写真が届きました。
学校の使節団として選ばれたMちゃんです。
当教室には3歳児コース(彼女は4月生まれなので既に4歳でしたが)より
通っていただいており、今年で13年目の長期学習者です。
これほど長い年月をともにしていると、何とも言えない親近感を覚えるもので、
生徒であり生徒でないような、親戚の子供のような感覚になります。
県内トップの公立高校へ進学し、
その後も順調に成績を伸ばし、
先日は英検2級に余裕で合格しておりました。
本当に素晴らしい生徒で、当教室の誇りです。

それにしても素晴らしい旅行日程でして、
ハリーポッター撮影地やグロスター大聖堂、素晴らしく美しい村のコッツウォルズや
シェイクスピアの生地であるストラットフォード・アポン・エイヴォン、
大学都市として有名なオックスフォード、世界遺産の街バース、
バッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院周辺、大英博物館にも行き、
旅行最後の3日間はパリへ。
エッフェル塔、凱旋門、モンマルトルの丘へ行き、
最後の2日間はパリで終日自由行動だとか…
もちろん観光ばかりではなく、午前中は現地で英語研修をしたり
現地校との交流イベントがあったりと
それはそれは充実したプログラムです。

Mちゃんはお隣の町に住んでいらっしゃいますが、
中学校2年生の時もその町の使節団としてアメリカにホームステイしてきましたね。
もちろん、アメリカ人中学生も受け入れたり、
本当に素晴らしい経験をしております。

私は以前、彼女に「掴めるチャンスは掴みなさい」と伝えたことがあります。
学校代表の使節団に選ばれると、その後のレポートを書くのが面倒だの、
プレゼンをしなきゃならないのが嫌だの、
本当にくだらないことでチャンスを掴もうとしない「おバカ」がいました。
テロが怖いから海外に行きたくない、だのね。
みんながみんな、テロに巻き込まれるわけがないっつの。
そのくせ、選ばれた人に対してやっかみのようなことを言ったり、
私はこういう人が大っ嫌いです。
悔しいなら挑戦すれば良かったのよね。
Mちゃん、掴んでよかった! 彼女にはたくさん経験を積んで、
世界に羽ばたいてほしいと、心から思います。



# by ecc_nagai | 2017-03-07 17:45 | つぶやき